うわぁ便利!ダイソーで見つけた釣りに使えるアイテム・Part 1

100円ショップの代名詞的存在、みんな大好き『ダイソー』。最近では日用品をはじめ、ありとあらゆる商品を低価格で取り扱っています。今回は、そんなダイソーで見つけた”釣りで使えそうなアイテム”をピックアップしました。


アイキャッチ画像撮影:TSURI HACK編集部

ダイソーで見つけた釣りに使えるアイテムをご紹介!

撮影:TSURI HACK編集部
100円ショップの代名詞的存在、みんな大好き『ダイソー』。最近では日用品をはじめ、ありとあらゆる商品を低価格で取り扱っています。今回は、そんなダイソーで見つけた”釣りで使えそうなアイテム”をピックアップしました。

※はじめにおことわり

今回ご紹介する商品は、店舗によって取り扱いのない場合もございます。あらかじめご了承いただきますよう、よろしくお願いします。


ワームの小分けや液漏れ防止に!『クリアパック』

撮影:TSURI HACK編集部
ワームを持ち歩く際は、袋のまま、バックの中に収納している方が多いのではないでしょうか?しかし何度も袋から出し入れしたりすると、ジップ部分がヘタってきたり、バックの中で痛んで破けたりもしますね。

そんな時に便利なのが、この『クリアパック』です。筆者は写真のように、汁気の多いワームなどを袋ごと入れ、液漏れ対策として使っています。

撮影:TSURI HACK編集部
▲もちろん、そのままワームを収納しても、いい感じです。

ジップロックでも代用できるけど……

撮影:TSURI HACK編集部
ちなみに食品保存用で販売されている、ジップロックのような袋でもいいのですが、ちょっと薄いのが難点。この袋は食品用ではなく、小物を整理するために作られているため、少し厚手に作られているのもポイントです。


針先のお手入れに!『ダイヤモンドシャープナー』

撮影:TSURI HACK編集部
針先がなまってしまった時に活躍する『ダイヤモンドシャープナー』。実はダイソーでも、用途こそ違うものの、似たような商品を購入することができます。

ただし、カマなどの大きな刃物を研ぐための商品なので、サイズは少々大きめ。バックに入れておくには大きすぎるので、自宅での使用が好ましいかもしれません。

撮影:TSURI HACK編集部
▲試しに、なまってしまったシングルフックを研磨。いつものフックシャープナーの要領で研ぎあげると、鋭さが回復しました。ダイヤモンドシャープナー……想像以上に使えます。

フィニッシュの精度を求めるなら専用品が◎

撮影:TSURI HACK編集部
釣り具メーカーが販売しているシャープナーは、粗目と細目がセットになって、サイズも小さいものが多いです。より繊細なフィニッシュを求めたり、携帯することを優先するなら、やっぱり専用のシャープナーがいいかもしれませんね。

100円(税抜)で買えるのに日本製とは!『セクションケース』

撮影:TSURI HACK編集部
常に”道具の整理”に頭を悩ませている釣り人にとっては、『いくつあっても足りない』この手のアイテム。ならば、安くて品質の良いものが手に入れば、理想的ではありませんか?

パッケージには、釣り具としての使用を示唆(しさ)するような写真入り。釣り人の購買意欲をそそります。

撮影:TSURI HACK編集部
▲100円(税抜)で、安心の日本製。海外からの観光客が、わざわざダイソーで買い物をしていくのも頷けます。

撮影:TSURI HACK編集部
▲収納するものに合わせて調整できる仕切り付き。あまりに細かい仕掛けの収納は向きませんが、ワームや大き目のシンカーを携帯するのには必要十分です。

携行性が良く、使い勝手に優れている

撮影:TSURI HACK編集部
いつも必要なルアーだけ持ち歩き、コンパクトに釣りをしたい筆者にとっては、このサイズ感はちょうどいいと思いました。決して華奢な印象はなく、100均アイテムでありながら、ハードに使うこともできそうです。


ついにここまで来たか!『ダイソールアー』

撮影:TSURI HACK編集部
”ダイソールアー”は、アングラーの中でもよく話題になるアイテム。一昔前は100均相応の、小さいサイズのルアーを販売していましたが、ダイソールアーも進化しているようです。

撮影:TSURI HACK編集部
▲クランクベイトにブラックバックチャート……アメリカンを感じる”通好み”な配色がなんともいえません。

撮影:TSURI HACK編集部
▲ミノーも良い感じの仕上りです。ウロコ模様もしっかりと刻印され、リアルフィニッシュされています。

低価格なのに”釣れそう”と思わせてしまう

撮影:TSURI HACK編集部
安い値段で手に入るルアーでありながら、優れたポテンシャルが期待できそうです。ルアーはパッケージの段階で、「釣れそうだ」と、いかに思わせるかが大事ではないでしょうか?

なおダイソーミノーについては、下記の記事でさらに詳しく紹介していますので、ぜひご覧になってください。


上手にダイソーを活用しよう!

撮影:TSURI HACK編集部
今回はダイソーで見つけた”釣りで使えるアイテム”を紹介しました。ダイソーをはじめとした、100円ショップで購入できるアイテムは、アイデア次第で活用法が無限に広がるのもいいところです。

みなさんも、自分だけの使い方を発掘してみてはいかがでしょうか?

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!