メガバスのおすすめルアー18選!バス・ソルトで活躍する実績ルアー!

2019/04/25 更新

メガバスルアー18選!バスやソルト、トラウトでメガバスというブランドを耳にされる方は多いのではないでしょうか。爆発的な人気を出し、多くのアングラーを魅了するメガバスのおすすめルアーをご紹介します。


 アイキャッチ画像出典:Windy Side

日本を代表するルアーメーカーメガバス

メガバスルアー持ってる?使いたくなるロッド、デストロイヤー!のメガバス、itoエンジニアリングの画像 メガバスは、伊東 由樹(いとうゆき)氏が代表を務めるフィッシング・アウトドア用品のメーカー。

1990年代のバス釣りブームを牽引し、今なお人気の高いポップX・ドッグX・グリフォンなど名だたるルアーを世に送り出してきました。

その人気は日本に留まらず、ヨーロッパ・アジア各地にも愛好者がおり、日本を代表するフィッシングブランドの一つとなっています。

メガバスルアーの特徴といえば!

メガバスルアーのカラー
撮影:TSURI HACK編集部
メガバスルアー最大の特徴といえば、何といってもそのリアルな造形と美しいカラーリング。

投げて放っておいても魚が食いついてきそうな、この見た目。

アングラーの集中力を高め「釣れそう」とやる気にさせてくれます。もちろん見た目だけでなく、数々のトーナメントにおいてウイニングルアーになるなど、その実力・実績は確かなものが存在します。

▼ メガバスに関するその他の記事はコチラ!


【バス向け】代表的なメガバスルアー

メガバスの中でも特に種類が多いのがバス向けのルアーです。ここではメガバスの代表的なバス向けルアーをご紹介していきます。

ポップX

ポッパーの常識を覆し、長きにわたってメガバスの代表作となっているポップX。

そのユニークな形状のカップは、ナチュラルなポップ音とスプラッシュを生み出します。

ロッドワークに機敏に反応するレスポンスの良さは、ハイプレッシャーなフィールドでもバスを水面まで導き出してくれるでしょう。

ITEM
メガバス ポップX
全長:64mm
自重:1/4oz

ジャイアントドッグX

誰でも簡単にドッグウォークアクションが引き出せる芸達者なペンシルベイト。

水面に切れ込んでいくような鋭いアクションが、バスの捕食スイッチをオンにします。重さが1/2ozあるので、飛距離も出しやすいです。

ITEM
メガバス ジャイアントドッグX
全長:98mm
自重:1/2oz

Xポッド

Xポッドが放つ代表的なアクション、角度を可変させることが出来る「コマンドビル」と、それに連動して通る水の量が調整される「ウォーターインテーク」の2つ。

1つで様々なアピールが可能なトップウォータープラグです。あと一歩……というところで、水面を割らなかったバスにも、コマンドビルを可変させてアピールを変え、すぐに再アプローチしていくことができるでしょう。

ITEM
メガバス Xポッド
全長:108.5mm
自重:3/4oz

SR-X グリフォン

発売から約20年が経っていた初代グリフォンの性能をアップさせ、2016年に発売されたNEW SR-X グリフォン。

障害物に当たってバランスを崩しても、素早く元のアクションに復帰し、バスのバイトを誘ってくれます。

ITEM
メガバス グリフォンSR-X
全長:43mm
自重:1/4oz



ディープ-X300

ディープ-X300は、最大5メートルまでの水深をカバーしつつ、シャローでも使いやすいディープクランク。

巻き始めると急角度で潜り、有効レンジを長くキープしてくれます。

さらにはジャーキングやトゥイッチでスライドアクションまで引き出すことも出来るルアーです。

ITEM
メガバス ディープ-X300
全長:75mm
自重:3/4oz

X-80 TRICK DARTER(エックスハチマル・トリックダーター)

ジャーキングでの鋭いアクションにただ巻きでも使える高性能なジャークベイト。

体高のあるボディーは、強いフラッシングでバスの視覚にアピールします。

日本のフィールドでバスのベイトとなっているワカサギやハヤにベストマッチなサイズ感も魅力です。

ITEM
メガバス X-80 TRICK DARTER
全長:80.5mm
自重:3/8oz

ビジョン110(ワンテン)

バスフィッシングの本場・アメリカのトーナメントシーンでブレイクした『ビジョン110』。

ジャークでのスライドアクション、ただ巻きでのロールアクションでバスを魅了してくれます。3本フックでフッキング率も○でしょう。

ITEM
メガバス ビジョン110
全長:110.5mm
自重:1/2oz

【ソルト向け】代表的なメガバスルアー

メガバスはシーバスやチヌ、フラットフィッシュ向けのルアーも充実。

こちらでご紹介する代表的なルアーをぜひ使って、ソルトルアーにチャレンジしてみてください。

シーバス向けルアー

▼X-80SW

シーバスの定番ミノーとして非常に人気が高いルアー。

卓越したローリングアクションと脱軌道アクションで、スレたシーバスも思わず食いついてきてしまいます。

スローシンキング設定とすることで、使い勝手を向上させてあることも魅力の一つです。

ITEM
メガバス X-80SW
全長:80.5mm
自重:11g

▼カゲロウ 124F

水面から水面直下20センチまでの超シャローレンジを狙い撃ちに出来るカゲロウ 124F。

新開発の重心移動システム「LBOⅡ」による抜群の飛距離と泳ぎ出しの良さで、広範囲をチェックすることが可能です。

また巻くスピードによってアクションが可変し、狡猾な大型シーバスをもバイトに持ち込めます。

ITEM
メガバス カゲロウ 124F
全長:124mm
自重:22g

▼カッター90

ベテランアングラーでも釣るのが難しい、サヨリやバチ抜けパターンを攻略するためのシンキングペンシル。

V字ヘッドによって素早く浮き上がり、デッドスローで巻いても水面直下をキープします。

どんなシチュエーションに向けた釣行でも、ハイプレッシャー対策で持っておきたいルアーでしょう。

ITEM
メガバス カッター90
全長:90mm
自重:8g

▼カナタ SW

カナタ SWは、シーバスがコノシロやボラなどの大型ベイトを捕食している時に使ってみてほしいビッグミノー。

大きさに見合わない軽い引き抵抗と、フラットサイドから生み出される強いフラッシングで広範囲を素早くチェックしていくことが可能です。

ITEM
メガバス カナタ SW
全長:160mm
自重:30g

▼アイスライド 185SW

極めてナチュラルなS字系スラロームアクションで、大型ベイトを捕食するシーバスにアプローチしていけるビッグベイト。

巻くだけでなく、流れに乗せてドリフトしたり、流れの1点で留まらせて使ったりと、アングラー次第で多彩な使い方が可能となっています。

ITEM
メガバス アイスライド 185SW
全長:185mm
自重:70g

チニング向けルアー

▼ポッピングダック

「派手すぎない小気味良いポップ音」を出し、効率よくチヌを水面へと誘いだしてくれるチニング専用ポッパー。

フックはスイベルによって自由度を高められており、ヒット後のバラシを軽減してくれます。

ITEM
メガバス ポッピングダック
全長:60mm
自重:6.5g

▼ピークス

ピークスは、根掛かりしやすいボトムでの使用を前提としたチニング専用のクランクベイト。

根掛かりしにくいバランスに加え、テールフックのみとすることで複雑な障害物周りの攻略も行いやすいです。

またスローシンキング設定で、より水深のある場所の攻略やボトムを長い距離トレースすることもできます。

ITEM
メガバス ピークス
全長:32mm
自重:5g

▼カットバイブ55

カットバイブ55は、メガバスがソルト専用として新たに開発したルアー。

キレのあるハイピッチバイブレーションでターゲットを魅了します。小さなシルエットはチヌだけでなく、シーバス攻略にも役立ってくれるでしょう。

ITEM
メガバス カットバイブ55
全長:55mm
自重:10g

フラットフィッシュ向けルアー

▼ハリバット90

ヒラメをメインターゲットに開発されたヘビーシンキングミノー。90ミリで27グラムの重さがあり、遠投性能は◎。独自形状のリップはウォブンロールアクションを生み出し、ヒラメに強くアピールしてくれます。

ITEM
メガバス ハリバット90
全長:90mm
自重:27g

▼マキッパ

投げて巻くだけでフラットフィッシュをはじめとする多くのフィッシュイーターを魅了するマキッパ。

フラットフィッシュ狙いの場合はフロントフックも装着し、下から突き上げてくる特有のバイトをフッキングしやすくすると、さらに釣果が望めるでしょう。

ITEM
メガバス マキッパ
自重:10-40g

▼サイキック

サイキックは、ただ巻きでは食わせきれな、mフラットフィッシュをエスケープ・ダートアクションでヒットに持ち込むルアー。

着底させたら、繰り返しアクションさせて誘うのが基本です。

リアクションバイトを引き出すために、ボックスにいつも入れておきたいルアーの一つです。

ITEM
メガバス サイキック
全長:95mm
自重:22g

エモーショナルな釣りを

メガバスのルアー
制作:TSURI HACK編集部
メガバスは「形状は機能であり感動に従う」をテーマに掲げ、日本の基礎を造った数寄屋造りや元禄文化などの伝統を大切にしています。 日本を大切に思う気持ちが、アングラー達を虜にする製品を生み出し続ける要因となっているのではないでしょうか? これからもメガバス製品から目が離せませんね。

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
TSURI HACK編集部
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします!

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!