【おうちで楽しむ】タックルボックスをドラクエの宝箱風にカスタムしてみた

2021/02/15 更新

家にあった古くてでっかいタックルボックスをドラクエの宝箱風にカスタムしてみたらめちゃくちゃカッコよくなった件。


ある寒い日に

あーあ、寒いなぁ……

寒いと外出たくないし、釣り行っても釣れへんし、早く春にならんかなぁ。

なーんて思いながらふと部屋の隅に目をやると……


以前知人にもらったでっかいタックルボックスが目に入った。

そして思っちゃった。

これ、ドラクエの宝箱みたいにカスタムしたらカッコよくない?

今この記事を読んでいる方はきっと「え?何言ってんの?」って感じだと思うんだけどまぁ落ち着いて。

わかりやすく説明すると、私達釣り人にとってルアーは宝物。ってことはタックルボックスは宝箱。宝箱と言えばドラゴンクエスト。

じゃあカスタムするしかないっしょ?っていう事なんです。

理解してもらえたところで、さっそくこの20年モノの傷だらけのタックルボックスにベホイミを唱えようじゃないかっ!

用意したもの

なんとなく使えそうなものをダイソーとヨドバシプラモコーナーで買ってきた。

①スプレーペンキ黒

②スプレーペンキ金

③スプレーペンキ赤

④石粉粘土

⑤のし棒ヘラセット

⑥グルースティック

⑦メイク用スポンジ

⑧マスキングテープ

⑨グルーガン

工程

①タックルボックスをきれいに拭き上げる。

②宝箱の模様を粘土で作る。

③模様パーツを金色、タックルボックス全体を宝箱っぽい赤で塗る。

④金色でタックルボックスを部分的に塗る。

⑤パーツを貼り付ける。

⑥仕上げ。

⑦何も知らない相方ボブに披露。

※ちなみにわたくし


DIYとかペイントとか全くやった事ないので色々突っ込みたい所があるかと思いますが、暖かい目で見守っていただけると幸いです。

準備万端!よーしっ!カックイイ宝箱作るぞーーー!

 
事項:ドラクエの宝箱を作っていく!
 


パーツ作成

まず宝箱の模様部分を作っていく。

そこで使用するアイテムの登場だ。

ダイソーの石粉粘土とへら、のし棒セット〜

石粉粘土とは、乾いた後に削って形を修正しやすい粘土らしい。

とりあえず、これでこねこねやってみることとする。

参考画像を元に対象年齢6才以上って書いてあるヘラを駆使し、なんとか出来上がったのはコチラ!


分かる……分かるよ! みんな「何コレ?」って思ってるよね?

私もこの時点では不安しかなかったよ。

でも大丈夫! 後にこの変な粘土達がいい仕事する時が来るから!

未来を信じて一旦乾燥させまーす。

いよいよ塗装作業

次は待ちに待った色付け作業に突入。

きれいに拭いたタックルボックスをメタリックレッドに、粘土で作ったパーツをゴールドに染めていくぅ!!

考えた結果素人でもある程度きれいに塗れそうなスプレーペンキでシュシュっとっする事に。

いざ!!シュシュシュのシューーーー!!

一度塗り完了。

なんかわからないけどすっごい悪いことしてる気分だったよ。ふふふ。

一度塗りだとタックルボックスの方はまだ色が薄い気がする。乾いたらもう一回シュシュっとしよう。

マスキング作業&ピンチ到来

メタリックレッドを2度塗りして乾燥させたものがコチラ。
↑1人でやるには結構大変な作業も多そうなのでモノ好きな助っ人も呼んだ
予想よりメタリック感がなく、ポスト感が強めに出ている気がするけどそこは置いといて

次は宝箱の金色の部分を塗るためにマスキングテープでラインをとっていく。

イメージとしてはこんな感じで金にしたい。


マスキングテープはきれいに剥がせるから失敗してもやり直せば大丈夫!

イメージに沿って順調に貼っていたその時……


マスキングテープと共に塗装が剥がれたぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!

なんでやーーーーー!!!!

乾燥が足りなかったか!?それとも汚れが取りきれてなかったのか!?

考えた結果おそらくボックスの表面のザラザラしている素材とペンキとの相性が合わなかったのではないかという結論に。

塗装②

続いて金色の部分を塗装していく

なんとかマスキング作業が終了したんだけど、おわかりいただけるだろうか?


予定より大幅に金色に塗る部分が増えている事を。

さっき剥がれたところは金色にしちゃおうという結論からこうなったのだ。

勇敢にピンチを乗り越えたところで本日3度目の塗装作業。

もうお茶の子さいさいだぜ。


おぉーーー!めっちゃ金!

金の中の金。

ベストオブ金。

エイジング作業

タックルボックスを乾燥させている間に模様パーツに深みを出していく事に。

メイク用スポンジに黒のペンキを付けてポンポンしていくよ。


そうする事で古めかしさが出てよりカッコよくなるはず。

あ、ちなみに部屋で作業する時はしっかり換気をして下さいね。

匂いもキツいし非常に危険ですよ!

恐怖のマスキングテープ剥がし

二時間ほどでようやくゴールドの塗装が乾いたみたいだ!

ついに土台となる塗装作業の終了だ。

と同時にマスキングテープを剝がす時が来た。

少し前の記憶からマスキングテープにはもうトラウマしかない。

めちゃくちゃビビりながら剥がす……ゆっくり剥がす……

おおっ!意外にキレイに剝がれるやん!

っふーーーー!緊張したぁぁぁぁぁぁっ!

そして全貌はこんな感じ。


あらヤダ、なかなかキレイに仕上がってないかいっ!?

でもまだまだ私が目指すドラクエ宝箱には程遠い。

ここからがあたいらの腕の見せ所。

一気に畳みかけていく!!

やっと仕上げ

次は最初に作った模様パーツをグルーガン+ホットボンドでタックルボックス張り付けていく。

ちなみにこのグルーガンもダイソー商品。今は何でもダイソー行けば揃うんだね。あっぱれあっぱれ。

ダイソー様に感謝をしつつ、左右対称になるように気を付けながらバランスよく張っていくよ。


ええやんええやん。

予想以上やん。

最後に全体をエイジング加工し深みを出していく。

こうすることでちょっと剥がれてしまった塗装もごまかせるから一石二鳥。

ひたすら黒ペンキを付けたスポンジをポンポン。


一心不乱にポンポン。

ポンポンからのポンポン。

ポンポンポンポンポンポンポンポンポンポン…………

完成じゃぁぁぁっ!!!


見よっ!この出来栄え!

すごくいい感じに出来たのではないだろうか?

作った自分たちも驚くほどの完成度。

出来上がった時には思わず感動で涙が……

出てないんだけどそれほど興奮した。

これはボブに見せたら喜ぶぞーーー!

お披露目

いよいよこのハイクオリティドラクエ風宝箱を相方ボブにお披露目だ!

せっかくなら釣り場で披露したい。

てことで釣りの日の朝。

宝箱にデカめの布を上からかけて家から車に積み込む。

この時点で「え?何持ってきてるの?」って言われたけど華麗にスルー。


いざ釣り場へレッツゴー。

移動中やたらソワソワしてる姿に不信感を抱かれつつ到着。

車を降りて準備に取り掛かろうとしたボブを確認!

今やっ!!

勢いよくベールを剥がす!

ボブ「えっ!?ナニコレ!?」

まーちゃん「うちのタックルボックスをカスタムしてドラクエ風の宝箱にしたんだ!どうやっ!!」


ボブ「めちゃくちゃクオリティ高いやんかっ!」

まーちゃん「そうやろ。すごいやろ!」

ボブ「すごいっ!!でもめっちゃアホやん!!」

喜んでもらえてよかった。

おまけの撮影会

せっかく頑張って作ったからかっこよく写真撮ってみた。

でも…..。

ペンキが足りなくて後まで手が回らなかったのは、私と君たちだけの秘密だ。

反省点として

今回初めてDIYを経験して学んだことは次の通り。

・グルーガンより接着剤の方が強力に接着できる。(プラスチックの場合)

・意外とペンキは大量に必要。

・マスキングテープには要注意。先に汚れをしっかり落としペンキを完全に乾かす事。

※塗装する素材にも注意。ツルッとした場所を選ぶべし。

・今回は家で保管用に作ったけど、持ち歩くようであれば最後に防水加工は必要。

・もっときれいに塗装したい時はあらかじめパーツごとに分解する事。

こんな感じで初めてのDIYは一応成功!

すごく楽しかったのでぜひ皆様も挑戦あれ。

DIY関連記事


\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
BASSTED-TV

YouTubeで釣り動画を配信しています。 エブリバディーエンジョイフィッシング!