【遠州フィールドレポートVol.2】荒れた海で50アップのマゴチ!遠州サーフも徐々に秋めいてきました

2019/09/20 更新

今回は遠州サーフで2019年9月前半の釣果情報です。季節は秋に移り変わりを見せますが、果たして遠州サーフの状況はどうでしょうか。DUOプロスタッフの橋本康宏がお届けします。


アイキャッチ画像提供:橋本 康宏

[2019/9前半]遠州サーフの釣況

9月前半の遠州サーフは海況が悪い日が多く、釣りが出来ない日がほとんどでした。

いい日には小型青物、マゴチがメインでヒラメも釣れていました。

9月は台風シーズンなので、釣りが出来る日は集中して釣行した方が良いかもしれません。

レポーター

橋本康宏

得意な釣りはヒラメとシーバス! 遠浅サーフなら任せてください。

皆様に記事を通し、“旬とワクワク”をお届け出来ればと思っております!

どうぞよろしくお願いいたします!

サポートメーカー

DUO、Gクラフト、リアス

海の中は賑やかです!


メッキや太刀魚、アジ等がベイトに付いて接岸しています。

周りのアングラーにヒットしている状況なら好機かも!?

高水温期のサーフはマゴチも多く接岸しています。ヘッドシェイクをする強い引きは釣り味も良くオススメのターゲットです。

ジグヘッドなどで、底を丁寧に攻める釣りが基本です。

ポイント選択は?

ベイトがいるエリアが一番! ベイトがいれば何かしら釣れる可能性があります。

たくさん接岸している場所は波打ち際に打ち上がっていることもあるので、釣り場に着いたら岸際を見回してみましょう。


釣行当日の状況


当日は低気圧の影響で、波予報では昼頃から2.5メートルに。

2メートルを超えると釣りをするのは難しい状況になるので、波が高くなる前に釣果を出したい状況でした。

なるべく釣りがやりやすいよう河口付近など、波があまり高くないエリアを探していきます。

メッキがヒット!


まずはミノーなどで探っていると、同行者にヒラメらしき魚がヒットしましたが惜しくもバラシ。

波間にベイトが見えるのでまだ期待が出来ます。沖の深場をメタルジグのフリッパーZ42で攻めるとフォール中にアタリが!

なかなかフッキングには至りませんが、続けているとようやくフッキング!

釣り上げてみるとメッキ。かわいいサイズですが、なかなかの引きで楽しませてくれました。

回遊魚狙いにはメタルジグが欠かせません!

タイムリミット近し

時間が経つに連れて海はどんどん荒れてきています。

メッキの連発を期待したのですが、続かないため波の影響が少ない河口へ移動します。

ついにマゴチがヒット!


川の流れと波がぶつかり、若干穏やかになっているスポットを攻めていきます。

荒れている状況では、こういった場所が魚も定位しやすいため狙い目です。

波と風があるので、ヘビーウェイトのシンキングペンシルのウェッジ120をセレクトします。

着底後巻きだした所で強いバイト!「ゴンゴンゴン!」といい引きを見せてくれた魚は50センチ越えのマゴチでした。

難しい状況だったので、非常に嬉しい一匹でした。


ルアーをしっかりと咥えています。ベイトもいたので食い気が立っていたようです。

荒れた海況では強い波が来る事もあるので注意してください!

使用タックル


Gクラフト セブンスセンスTRモンスターサーフ1052tr

シマノ ステラ4000XG

バリバス アバニマックスパワー8 1.2号

バリバス シーバスショックリーダーナイロン20ポンド

ヒットルアー

ITEM
DUO ビーチウォーカー ウェッジ 120S
全長:120ミリ
重量:38グラム


ITEM
DUO ビーチウォーカー フリッパーZ42
全長:87ミリ
自重:42グラム

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

橋本康宏
橋本康宏

静岡県出身。元々はバスフィッシングがメインだったが、大阪居住時に出会った友人の影響でソルトルアーの世界にどっぷりとはまる。現在は遠州エリアをホームに、ヒラメ、シーバスを追いかけている。 武勇伝は、片道250キロ先の釣り場へ、ママチャリで行ったこと。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!