釣果を倍増させる工夫はココにあり!「GMスペアラバーネット」で時合いを逃さない

2019/06/26 更新

あっという間に終わってしまう魚の時合い。やはり数を釣るのであれば、その一瞬に一頭でも多くキャストをしたいものです。今回は、そんな時に一投でも多くキャストをするために筆者が選んだアイテム「GMスペアラバーネット」についてご紹介します。


この光景に見覚えありませんか?

ランディングネットにルアーが絡んでいる図
イメージカットですが、筆者はこのような事態に陥った経験が何回もあります。
『ランディングネットに複雑に絡むルアー』

魚をキャッチしたはいいものの、ルアーがネットに絡んでしまい、なかなか次の一投に移れなくなってしまうことってありませんか?

例えば、これが時合いのタイミングで起きてしまったことを想像してみてください。絶好のチャンスを逃してしまうのは、言うまでもありませんね。

時合いを逃さないために選びました

ランディングネットのラバーネット
気に入りすぎて、2個購入しちゃいました。
『GMスペアラバーネット』

一見、管理釣り場などで見かける網目が大きいラバーネットです。しかしながら、ソルト用の大型ネットフレームのサイズに合うサイズは数えるほどしかありません。

そして、このネットを導入してから、筆者の釣果は、文字通り倍増する事になったのです。


大きめの網目で絡まない

ラバーネット
引っかかってもこの程度。すぐに外して次のキャストへ移れる
引っかかってもこの程度。網目が大きい分、フックを外すのも簡単です。

また、線が細いナイロン製のネットと比較すると、魚の体に傷をつける可能性も少ない点も魅力の一つ。

ハリのある素材でたわまない

ラバーネットをクシャっとしている様子
このハリ感がもう一つの絡みづらい理由
ランディングネットが絡んでしまう原因の一つは、ネットのたわみ。

ナイロン製のネットではクシャと曲がりやすいため、ルアーのフックに網が絡みやすくなっています。

『GMスペアラバーネット』であれば、ネット自体にハリがあるため、複数の網目のフックが引っかかりにくいという点もおすすめポイントの一つです。

キャッチもしやすい

GMラバーネットの深さ
『アピア カーボンウェーディングネットVer.3.』に装着した写真。この程度の深さがあれば、ネットインした時に、魚が飛び出すリスクが少なくなります。
ネットにハリがあると、ネットインさせた時に、魚が飛び出してしまうリスクが高くなりますが、『GMスペアラバーネット』は深さが80cmもある深底タイプなので、安心して使用することができます。

その分、重くなってしまいますが、さほど負担に感じることはありません。

次のキャストへのスピード感を上げよう

キャストしている様子
一本釣り上げた後の、次の一投へのスピード感をあげれば、一回の時合いで複数本を釣り上げることができるようになります。

ちょっとした道具を変えるだけで、この速度感を手に入りますので、ぜひお試しください。

今回紹介したアイテムはこちら

ITEM
ゴールデンミーン スペアラバーネット

ランディングフレームも合わせて揃えよう



 

ランディングネットのラバーネット
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

TSURI HACK編集部
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします!

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!