わかっちゃいるけどやめられない!釣り人の悲しい性7連発

2019/04/04 更新

魚が釣りたい一心で……。今回は、釣りをしない人には考えられないかもしれない釣り人特有の行動や、止めたくても止められないという後悔、失敗談をご紹介します。


アイキャッチ画像出典:pixabay

わかっちゃいるけどやめられない!

出典:pixabay
釣り人には、暇つぶし程度に嗜んでいるという人から、何よりも釣りが好きという人まで様々なタイプが存在します。今回は、特に釣りが好きな人にありがちな悲しい性をご紹介しましょう!

我を忘れる・時間を忘れる

出典:pixabay
次の日が仕事なのに時間を忘れて釣りをしたり、休憩なしで釣りをしたり。そんな経験のある釣り人は少なくないのでは。気づいたら潮が満ち始めていて、引き返せないところに立っていたという経験がある釣り人もいるかもしれません。

時間や我を忘れて没頭してしまうほど、釣りは奥深く面白いアクティビティ。何度後悔しても、また繰り返してしまうのです。


1年前の事を忘れてしまう

出典:pixabay
待ちに待った大型連休。道路が渋滞する事が分かっていても、遠征のチャンスを棒に振るわけにはいきません。釣り場に到着すれば、物凄い人数の釣り人で埋め尽くされていることも分かっています。

良さそうなポイントになかなか入れず、思うように釣れない上に帰りの道は大渋滞。疲労も相当のものです。例えそんな経験をしても、再び遠征に向かうのが釣り人です。


爆風予報なのに釣りにいってしまう

出典:pixabay
限られた休日。雨や風のために釣りが難しいと分っていても、「もしかしたら」という気持ちが捨てきれずに、竿を片手に釣り場へ向ってしまいます。ところが、やはり釣りにはならず、帰宅を余儀なくされてしまうのです。

いつでも最高のタイミングで釣りが出来れば良いのですが、そういう訳にもいきません。天候が悪くても釣りへ出掛ける人は多いでしょう。





消耗品を買いすぎてしまう・同じルアーを買ってしまう

出典:PIXTA
フック・シンカー・ワームなどの消耗品はいずれ必要になると思い、使いきれない程買いすぎてしまったことはありませんか? 特に通常より安く売られていると魅力的に見えてしまい、大量に買い込んでしまう場合も。

しかし、意外と使わなかったり、買ったことを忘れてしまったアイテムが押入れの奥で眠っていたり……という釣り人もいるかもしれません。


爆釣体験を忘れられない

出典:pixabay
過去に爆釣を経験していると、当時のルアーやポイントが何よりも正しく思えて、つい繰り返してみたくなるものかもしれません。夏のポイントであるにも関わらず、冬に同じ場所を狙ってキャストしてしまったり、時合い以外の時間帯に居座ってしまったり。

天候や潮、魚の気分などによって釣れたり釣れなかったりすると分かっていても、釣れた時のやり方は魅力的に思えます。


1%の可能性にかけて(多分釣れないのに)釣りに行く

出典:pixabay
シーズンにはまだ早くても、一番乗りを期待して釣り場に赴いている人もいるでしょう。釣果情報は芳しくないけれど、実際に行ってみたら釣れるかもしれない。

まだ野池は氷が張っているけれど、もしかしたら釣れるかもしれない。そんな思いに駆られたことはありませんか?

例え1%でも釣れる可能性が残されている限り、釣りに行ってしまうのが釣り人の性なのです。


金銭感覚を忘れてしまう

出典:pixabay
釣具には、どうしてああも魅力的な商品が多いのでしょうか。さながら、目の前を通過したルアーに反射食いしてしまうフィッシュイーターのように、キラキラと光るリールを目の前にした釣り人というのは、貯金残高もカードの上限も忘れてしまう傾向にあるようです。

釣りが好き!

出典:PIXTA
もしかしたら、魚が釣れるかもしれないから……。そんな思いから、普段はしないような行動を起こしたり、我慢をしたりするというのは、釣り人ならではの感覚かもしれません。

実際、釣れるはずのない魚が釣れたり、予想外の奇跡が起きることもあります。分かっていても、やめられない。釣り好き故の、そんな性なのです。

※釣りにのめり込むあまり、自身の身を危険にさらしてしまっている人も見かけます。くれぐれも安全を第一に考え、行動して下さいね。

関連記事


このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!