チニングはジグヘッドで差をつけよう!その選び方とおすすめ製品5選

2019/03/27 更新

ボトムをタイトに攻めるチニングゲーム。ワームを主体としたチニングにおいてジグヘッド選びは、クロダイ(チヌ)のバイトやフッキング率を変える重要な要素です。今回はそんなチニング向けジグヘッド選び方からおすすめ製品までご紹介していきます。


アイキャッチ画像出典:ジャッカル

チニングの基本「ボトムチニング」

ボトムチニングの釣果 ソルトルアーカテゴリの中で、人気を集め始めているチニング。

チヌの食性に合わせて、様々なルアーを駆使して釣ることができるが、その中でも、最もベーシックかつ、通年使えるメソッドが【ボトムチニング】です。

本記事では、そんなボトムチニングで使える専用のジグヘッドの選び方や、おすすめ製品をご紹介していきたいと思います。


チニング用ジグヘッドの選び方

ボトムチニングの釣果 チニングのジグヘッド選びでは、以下にご紹介するような観点でジグヘッドを選ぶのがコツです。

フィールドやチヌの反応に合わせてローテーションしていくことで釣果につながります。

根掛り回避性能の違い

ジグヘッド チニング用ジグヘッドは通常の丸型ジグヘッドだけでなく、独特の形状をしたジグヘッドやフックが交換できるタイプがおすすめ。

上記写真の製品は、根掛かりの回避能力を高くするために、ボトムとの接地面を平たくし、フックを上むきに可動式(水中でフックが動きやすい)にしたタイプ。他にフットボール形状にした製品などもあります。

ボトムにジグヘッドを着底させて、じっくり誘ってみたり、ボトムのズル引きやリフトアンドフォールを使った誘いにおすすめできる形状です。

アクションの違い

ダート系ジグヘッド
出典:カツイチ
先ほどとは異なり、シンカー部分がやじり型の形状をしたジグヘッドです。ボトム付近をダートアクションをさせることにより、早い動きに反応するチヌをリアクションバイトさせることができます。

エビや小魚を捕食している場合はダート系ジグヘッドがおすすめです。

アピール力の違い

ラバー付きジグヘッド
出典:カツイチ
チニング用ジグヘッドにはラバーがセットされているものや、ヘッドが塗装されているものなどもあります。

その日の食性や水色によってカラーを使い分けることも、釣果を左右するポイントの一つです。


おすすめのチニング用ジグヘッド

ジグヘッド
出典:カツイチ
ここでは、おすすめのチニング用ジグヘッドをご紹介します。

それぞれ根掛かり回避性能が高かったり、アピールが強かったりと特性が異なりますので、ご自身が気になったものをいくつか揃えて使ってみてください。

シマノ ブレニアス ネガカリノタテ

ネガカリノタテは、シールド形状のヘッドで根掛かりを軽減する形状をした製品です。ボトムに岩が点在しているようなフィールドにおいても、根掛かりを恐れずに使用することが出来ます。

重さは5~16グラムまでのラインナップがありますが、いずれもボディの厚みでウエイトを調整しているので、見た目のシルエットはほとんど変わらずに使えることもこの製品の魅力となっています。

ITEM
シマノ ブレニアス ネガカリノタテ

ジャッカル ちびチヌヘッド

ちびチヌヘッドは、平らな底面の上に可動式のフックが装着できるジグヘッド。根掛かり回避能力が高く、ボトム付近を重点的に攻める際に重宝したい製品です。

重さは、2〜14グラムまでと幅広いです。とくに軽量ジグヘッドを使った浅場攻略の際は、2グラムという軽さのメリットを存分に生かした釣りができるはずです。

ジャッカルのちびチヌ蟹というワームとの相性が良く、双方揃えて購入してみるのもおすすめ。

ITEM
ジャッカル ちびチヌヘッド

カツイチ デコイ フラッシュボム SV-40B

塗装されたヘッドと巻かれたファイバーによって強いアピールを生みだしてくれるデコイのフラッシュボム。

フックはスプリットリングでヘッドと接続されているので、セットしたワームの自由度が高く、針先が鈍ってきた時にすぐ交換することが可能となっています。

チヌがカニやゴカイを捕食している時に使ってみてほしい製品です。

ITEM
カツイチ デコイ フラッシュボム SV-40B

オーシャンルーラー ボトムフィッシュアルティメイト

ボトムフィッシュアルティメイトは、穴ジャコをイメージして作られた製品。

フックにセットされたラバーやファー、そして目玉で強烈にチヌにアピールしてくれます。

またチヌだけでなく、ボトムに生息しているヒラメやマゴチといったフラットフィッシュの実績も高いです。

ITEM
オーシャンルーラー ボトムフィッシュアルティメイト

アルカジックジャパン BM.キール

BM.キールは、フックに直接ウエイトを装着してあるのが特徴の製品です。

根掛かり回避性能が高いことはもちろんのこと、ステイ時にワームがやや立ち上がる姿勢となるため揺らいでチヌにアピールし、かつ吸い込まれやすいといったメリットを持っています。

フッキングがチヌの上顎にしっかり掛けやすく、キャッチ率が高いことも魅力の製品です。

ITEM
アルカジックジャパン BM.キール

デコイ デルタマジック

デコイ デルタマジックは、ボトムダートの釣りに適した矢じり型ヘッドをしているのが特徴です。

小型のワインド用ワームと組みあわせることで、ボトムを飛び跳ねるアクションが可能となります。

チヌがエビを捕食していたり、釣り人が多くズル引きでは反応しなくなっているような状況で使ってみるのがおすすめです。


ジグヘッドを使い分けてチニングで差をつけろ!

ボトムチニングの釣果 同じワームであってもジグヘッドの種類が違えばチヌの反応や釣りやすさは変わり、結果として釣果を左右する要因となります。

根掛かり回避性能、アクション、アピールの違うジグヘッドを使い分ければ釣果はおのずと得られることでしょう。

本記事でご紹介したチニングジグヘッドの選び方やおすすめ製品をぜひ参考にしてみてください。

ボトムチニングの釣果
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!