釣果に差が出る偏光グラス「ジールオプティクス」を2年間使用したインプレ

2019/04/05 更新

雑光と紫外線を除去してくれる“偏光サングラス”は釣りには欠かせないサイドギアですよね。今回はスポーツサングラス有名メーカー“ジールプティクス”の偏光グラスを愛用してみた本音の感想をお届けします。


アイキャッチ画像提供:釣り好き!まっちゃん

この偏光グラスがマジでヤバイ


TSURI HACKをご覧のみなさん、釣り好きまっちゃんです。今日は私が愛する偏光グラス「ジールオプティクス」を紹介させてください。

私自身も、以前は「偏光グラス?あんなのカッコ付けだから必要ないよ」と豪語していました。

しかし、今ではこれ無しでは釣りが行えない程なのです。

「どれだけ愛しているか?」というと……


着け心地が良すぎて、夕飯中も装備しているのを忘れてしまうほど。

※さすがに冗談です。

着け心地はもちろん良いのですが……この偏光グラスは“釣果”にも影響する効果があると思っています。

本当に見える世界が違います


実際に偏光グラス越しではどんな視界になるか、写真で見ていきましょう。

光の反射が消えるんです

日常では気付きにくいですが、昼間の太陽光線には紫外線と雑光が溶け込んでおり、目の疲れに直接的な影響を及ぼします。

これらの目への有害な光をカットしてくれるのが偏光グラスの役目なのです。

ちなみに私は視界があまり暗くならない「トゥルービュースポーツ」という種類のTALEXレンズを使用しています。

レンズはシーンに合わせて多種からチョイスすることが出来ますよ。


車のダッシュボードに置いた物が反射して運転がしにくい場面ってありませんか?

写真では財布が窓ガラスに反射していますが、偏光グラス越しで見てみると……。


窓ガラスに反射した財布は魔法のように消えてなくなりましたよね。

更に視界が明確となり、反射して見えなかった背景がハッキリと見えるようになりました!


「太陽の光が水面に反射しギラついて海の中が見えない」と、釣り場ではよくある状況。

こんなシーンを偏光グラス越しで見てみると……。


写真では伝わりにくいかも知れません。しかし、海面の反射が消えて海中の岩がクッキリと確認出来ますよね?

釣りにおいては、情報=武器。目視でこれだけの情報が入手できるため、どこをどう攻めたらいいのかを考えやすいというわけです。

特に恩恵を感じたのは、日中のエギング。見えイカやイカの隠れ家を探しやすく、釣果の伸びを実感しました。


トラブルもありました


2年間愛用しているジールオプティクス。実は2度のトラブルが発生しています。

ビス紛失事件


購入時に店員さんからも言われた注意事項ですが、フレームの可動部はビスが下向きで固定されており、日々使用する中で少しずつ緩んでしまいます。

緩み続けるとビスが下向きなので落下し、私の場合は気が付くと無くなっていました。

ホームセンターでは中々売っていないマイクロサイズのビスなので、購入したメガネ屋さんに持っていき、何とか復活しました。

レンズ破損(完全に自己責任)


初歩的なミスですが、自宅のイスに腰を掛けた瞬間「バキッ」と嫌な音が……恐る恐る確認してみると、左側のレンズが見事にひび割れ。

幸いフレームは無事だったのでレンズ交換修理で対応しましたが、交換費用1万円強と非常に痛い出費となりました。

使用しない時は、必ずハードケースに入れて保管するようにしましょう。

メンテナンスも愛を込めて


実際使ってみてビスが下向きについているくらいの不満しかなく、着用感や性能などは大満足の偏光グラスです。

これから購入を検討されている方のためにも、筆者が普段行っているメンテナンス方法をお伝えします。

メガネ拭きは必須


使用していると潮かぶりや油でレンズが汚れてしまいます。

よくティッシュやタオルでレンズを磨く方を見かけますが、これはレンズに見えない傷をつける代表的な悪い例です。

レンズを拭く際は必ず柔らかいメガネ用クロスの使用を強くオススメします。

洗剤で洗浄OK


オフショア釣行後などの汚れが酷い時は、“中性洗剤”を薄めてレンズごと洗浄が出来ます。

真水で洗い流したあとはレンズ内部に浸水しないよう、しっかりと水気を取り風通しの良い室内で乾燥させましょう。

パーツの確認


デメリットとして紹介しましたが、使用を続ける中で少しずつビスが緩んできます。

定期的に精密ドライバーで、緩みが無いか点検するようにしましょう。

また、フレーム可動部のビスを締めすぎると開閉が硬くなってしまいますので、程度な加減で調整してください。

高温多湿は避けよう


車の運転にも出番が多い偏光グラスなので、車の中に保管している方が多くいらっしゃいます。

しかしレンズは熱に弱く、夏場高温の車内に放置してしまうと、レンズのひび割れやフレーム変形の原因になりますので注意して下さい。

釣果を上げる強力ギア


偏光グラスにお金を掛けるくらいなら「ロッドやリールを!」と考えてしまいそうですが、水中の情報やラインの微妙な変化を察知できる偏光グラスは、釣果を上げる強力なギアと断言出来ます。

また、いつもの景色がハイビジョン映像のように映り、目の疲れを軽減してくれるメリットもあります。

是非この機会に偏光グラスを検討してみてはいかがでしょうか? 私はこれが無いと釣りに集中できません(笑)
※寝るときは外しましょう

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
釣り好き!まっちゃん
釣り好き!まっちゃん

執筆や動画コンテンツを通じて『釣りの楽しさ』『自然の素晴らしさ』を発信して参ります(^^)

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!