【磯の女神】インスタで話題の“美人すぎるフカセ女子”にいろいろ聞いてみた

以前よりも釣り場に女性が増え、『釣りガール』という言葉も定着しつつある今日この頃。そんな中、編集部がインスタグラムでフカセ釣りをする美女を発見!当然、見逃すわけはなくインタビューを敢行。硬派な釣りを愛する彼女の素顔に迫ります。


アイキャッチ画像提供:Instagram by @rachel_fishing
提供:Instagram by @rachel_fishing
浦上 怜奈
家族の影響で幼少期より釣りに親しむ。現在は房総半島や伊豆半島の磯・堤防をホームグラウンドに、平日は会社員、休日は磯釣り師と二つの顔を持ち合わせる。口太メジナの自己記録は、外房の沖磯で釣り上げた51センチ。千葉県出身、東京都在住。

釣りとわたし

ーーはじめての釣りガールインタビューということで、緊張しています(笑)どうぞよろしくお願いします。

浦上:ハイ(笑)こちらこそ、よろしくお願いします。

ーーまずは、浦上さんと釣りの出会いについておしえてください。

浦上:おじいちゃんは投げ釣り、お母さんは渓流、お父さんはジギングと釣り家系に生まれました。なので、釣りを始めるのは自然な流れでしたね。休日には近所の海に出かけて、サビキやチョイ投げをしたり。初めての釣竿は、3歳の時に買ってもらいました(笑)

ーーまるで釣りの英才教育ですね。

浦上:今思えばそうかもしれません(笑)最初は釣りを楽しむというよりも、釣れた魚を見ることが好きで。アジやカサゴが釣れようが、フグが釣れようがワクワクしながら見ていましたね。魚だけじゃなく鳥や爬虫類、昆虫なんかも大好きでした。学業や部活が忙しくなってからは、しばらく釣りから遠ざかっていた時期もありましたけど。

ーーそんな中、また再び釣りにハマってしまったわけですか。

浦上:社会人になって、ふと自分の時間ができたときに、趣味がないことに気が付いたんです。いろいろやってみたんですけど、けっきょく釣りに戻ってきましたね。


ーーいろいろな釣りがあるなかで、なぜフカセをやってみようと思ったんですか?

浦上:サビキ釣りをしていた時に、小さいメジナが2匹釣れたんです。そんなに大きくもないのに、その引きの強さに驚かされました。それから「メジナを釣るにはどうしたらいいんだろう?」と、調べてたどり着いたのがフカセ釣りだったんです。

【次ページ:止まらないフカセへの愛情】

美女、“フカセ愛”を語る


ーーじつは僕(編集部)もフカセ釣りをします。女性からすると大変なことが多くないですか?

浦上:まず、道具が多くて重い。コマセ(撒きエサ)だけでも、10キロを超えることもあります。でも、1番しんどいのは道具を洗うことです。ハイシーズンが冬なので、冷たい水で道具を洗っていたら、指が赤くなってパンパンに腫れたことも(笑)

ーーこんな話を聞いたら、一向にフカセ人口が増えなそうな気が(笑)それでも浦上さんが、フカセに魅せられるのはなぜですか?

浦上:それこそ始めたころは、なかなか大きなメジナが釣れなくて。でも、隣で釣りをしている方は、良型のメジナをバンバン釣るんですね。なんで私には釣れないんだろうって(笑)「いつか自分の釣り方で大きなメジナを釣りたい!」って思ったら、もう夢中になっていました。同じ磯にいても釣果が分かれてしまう、そんなところに魅力と奥深さを感じますね。

フェミニンなバックから登場したのは、浦上さん愛用の道具たち。そのチョイスと豊富さに面食らってしまいました。
ーーウキのチョイスが渋いですね(笑)

浦上:ウキはソルブレのアズールがお気に入りです。浮力をゼロにするか、オキアミの重さでジワジワとウキが入るようにセッティングします。このウキが見やすいように、偏光サングラスのカラーも選んで使うほどに溺愛してます。

繊細な手のひらに乗せられた愛用のウキ。ソレブル社アズール(木製)とアウラ社エースRX(樹脂製)
2つのウキを手にし「この子は人間、この子は人造人間」と、いたって真剣に語る。木製ウキの個体差に、自然の温もりを感じるそうだ。
ーーやっぱり針にもこだわりがありますか? 僕はチヌの場合、ほとんど変えることはないので(汗) 

浦上:ええー!(驚)私は針選びって、とっても重要だとおもってて。最近は『エサ取り対策』に、軽くて光沢をおさえたモデルを選ぶことが多いです。エサ取りが少なくなったら、ケイムラの針でアピール力を上げたりもします。

「シーズンによっては、ケイムラ塗装の針でサシエのアピール力を高める」と、針へのこだわりを語る。
美女に“フカセの針選びについて説かれる”という、シュールな画。人生で一度経験するかしないか、というレベルのレアな出来事。
ーーより多くの魚を釣るためには、細かい道具の使い分けが必要なんですね。

浦上:そうですね。その磯のコンディションを読みとって、針やウキをこまかく変えたり。潮の流れや風、状況変化に合わせて釣っていくことが、フカセの“おもしろみ”なんじゃないかと思います。

ーーなにかマインド(気持ちの面)で大切にしていることはありますか?

浦上:「釣りが上手くなりたい」という向上心はもちろんあります。でも、それは二の次です。共通の趣味を通して知り合ったみんなと、1日をいかに楽しく過ごせるかを大切にしています。

【次ページ:浦上さんを釣りデートに誘うには!?】

「いい磯みつけたよ」って誘われたい

ーー浦上さんが、本格的に釣りをされているということがよく伝わってきました。周りの女の子の友達で、同じように釣りが好きな人っていますか?

浦上:まわりの女の子の友達は、みんな釣りしないんですよ。なので、お店(釣具店)や現地で知り合った、“釣り友達”と釣りに行っています。場合によっては、1人で磯に行くこともありますよ(笑)

ーーまだまだ、女性が釣りに行きにくいのが現状なんですね。どこにハードルの高さを感じますか?

浦上:そもそも、魚が怖いという女の子が多いです。寿司や切り身の状態になっていない、生きている魚って日常では見ないじゃないですか。あと、柵のない海が危ないっていう子も。たしかに、私でも「怖いな」って思う場所もあります。


ーー一人でいると、釣り場で声を掛けられることも多いんじゃないですか?

浦上:うれしいことによく声を掛けられるんですが、大半が年配の方や漁師さんですね。なぜだか、同年代の方にはあまり話しかけられません(笑)

ーー最近はカップルで釣りを楽しむ人も増えています。ずばり“釣りデート”はアリですか?

浦上:フカセはなしですね(笑)フカセ釣りは忙しいですし、なにより、頭にコマセを乗せたまま釣りをしている私を見たらたぶん引いちゃいます。でも、堤防でのファミリーフィッシングだったら楽しそうですよね!

ーー浦上さんをデートに誘いたいです。どのようにアプローチしたらいいですか?

浦上:「いいカフェ見つけたよ」って言われるより、「いい磯みつけたよ」って誘われたらワクワクしますよね! 釣りに対する熱量が上がりすぎて、自分でも「おかしくなっちゃってるな」って思います(笑)


ーー最後に、この記事を読んで「これからフカセ釣りを始めたい」と感じている方にアドバイスをください。

浦上:私もそうでしたが、始めてすぐに大きな魚が釣れるほど、簡単な釣りではないと思います。その分、奥が深く、釣れた時の喜びも大きいはずです。すこしでもフカセ釣りに興味を持ったなら、そのきっかけを逃さないでほしいですね!

ーー本日はありがとうございました。

あとがき


今回のインタビューを通じて感じたのは、彼女自身フカセ釣りが大好きなことはもちろん、その楽しさを発信したいという熱い気持ち。「週末は館山の港にいるはずなので、声をかけてくださいね」と語る、オープンなスタンスが、彼女の人となりを物語っているような気がしました。

「今週末は台風か~」と残念がる彼女に、妙な親近感を覚えつつ、磯シーズンの到来を感じる編集部でした。
撮影・文:TSURI HACK編集部

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
TSURI HACK編集部
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします!

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!