機動力最高!?ストッキングウェーダーでウェーディングを快適に!

2022/06/23 更新

ストッキングウェーダーは機動力を重視したいアングラーに最適なタイプ。しかし、ブーツ一体型でないがゆえにデメリットも存在します。ストッキングウェーダーを解説し、おすすめラインナップを紹介します。

制作者

TSURI HACK編集部

釣り歴20年のTSURI HACK運営&記事編集担当。年間1000を超える記事を配信するため、海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広い釣り用品に触れています。公式SNSでも最新情報から編集部のインプレッションまで絶賛配信中!

TSURI HACK編集部のプロフィール

...続きを読む


アイキャッチ画像撮影:TSURI HACK 編集部

ストッキングウェーダーについて

ストッキングウェーダー
出典:楽天
ストッキングウェーダーとは、足部がストッキングタイプのウェーダー。一般的にウェーダーはブーツ一体型のものを指すことが多いのですが、足部が靴下のようになっている特徴的なタイプです。

特徴

ストッキングウェーダー
出典:ダイワ
ストッキングウェーダーの足部は、動きやすいやわらかい素材で設計されています。もちろん防水機能は標準装備ですが、足元の耐久性はあまり高くありません。別途で靴が必要になることを覚えておきましょう。

メリット・デメリット

ストッキングウェーダー
出典:シマノ
ストッキングウェーダーを使用する上でのメリット・デメリットはどうでしょうか。ご自身の場面に照らし合わせながら、ウェーダー選びの参考にしてみてください。

機動性

ストッキングウェーダー 動きやすい
出典:ダイワ
機動性が最大のメリット。ブーツと繋がる部分がないぶん、軽い靴を合わせることで体への負担も軽減。ランガンスタイルを基本とするアングラーであれば、大きな恩恵を感じられることでしょう。

着脱

ストッキングウェーダー 着脱
出典:ダイワ
着脱はデメリットのひとつ。ストッキング部分が履きづらく・脱ぎづらいということがあります。車に乗って移動をしようと思った時、面倒に感じてしまうかもしれません。

価格

ストッキングウェーダー 値段
出典:PIXTA
価格もひとつのデメリット。ブーツフットウェーダーに比べ、割高な印象を持たれがちな価格帯です。ウェーダー本体だけでなく、靴の購入費用も合わせて予算計算をしましょう。

チェストハイ

ストッキングウェーダ― チェストハイ
出典:楽天
チェストハイタイプは、胸辺りまで丈があるストッキングウェーダー。多くのモデルがこちらに該当し、汎用性の高さが大きなメリットです。

ウエストハイ

ストッキングウェーダー ウエストハイ
出典:楽天
ウエストハイタイプは、腰辺りまでの丈があるストッキングウェーダー。機動性がメリットですが、膝より上での水深に立ち込む場合には適していません。

編集部レビュー

ストッキングウェーダー インプレ
撮影:TSURI HACK 編集部
編集部でストッキングウェーダーを使用しているスタッフより、レビューを聞くことができました。購入を検討される際の参考にしてみてはいかがでしょうか。

ブーツフットタイプからストッキングタイプへと買い替えました。動きやすさは耳にしていた以上の感動。特に変化を感じるのは『つまづく回数が減った』ことです。足回りが軽快になるだけで、歩きづらかった岩場やサーフでのランガンが楽になりました。体に密着しているぶん、水中でも抵抗なく歩くことができています。

しかし、着脱は楽ではありません。ソックス部分で必ず引っかかるために、脱いで車に乗ろうと思えば少し面倒です。対策方法で運転席に防水シートを装着し、濡れを防いでいます。

ITEM
マズメPUシートカバー MZAS-317-01 ブラック



合わせる靴の選び方

ストッキングウェーダー 靴
撮影:TSURI HACK 編集部
ストッキングウェーダーに合わせる靴の選び方を解説します。別名で『ウェーディングシューズ』とも呼ばれ、足元を守る大切な部分。用途に合わせて選びましょう

▼ウェーディングシューズ20選を紹介!

靴下は必要?

靴ズレを防ぐ・爪で素材が傷つくことを防ぐため、靴下は着用したほうが安心です。
※足先は非常に蒸れやすいつくりにできています。気になる方は替えの靴下などを持ち運ぶとよいでしょう。

サイズ

ウェーダーを買う際、同時にフィッティングすることをおすすめします。通常履く靴のサイズより、1センチ程度大きいものを選ぶとよいでしょう。サイズ選びは最も大切な要素なので、心配な場合は現物確認ができる釣具店を利用してみてはどうでしょうか。

ソールの選び方

立ち込みを前提とするのであれば、水に濡れた地面・斜面でも滑りにくいがフェルトソールがおすすめです。サーフがメインという方であれば、ラジアルソールが砂噛みも少なく快適。靴の中に砂が入ることで不快な思いをすることがあるため、ハイカットタイプの靴がおすすめです。

水抜き穴が強み!フェルトソールの決定版

ITEM
シルバーフォックス ウェーディングシューズ カーキ SW-271
サイズ:S(23.5〜24.5cm)M(24.5〜25.5cm)L(25.5〜26.5cm)LL(26.5〜27.5cm)LLL(27.5〜28.5cm)
ソール:フェルト底


サーフウォーカへ!歩きやすさを求めたラジアルソール

ITEM
リアス リーフブーツRED スパイク FFW-5100

クロックス・サンダルは?

クロックスやサンダルを使用されている方もいらっしゃいますが、安全面を考慮すると使用は推奨できません。サーフオンリーでの使用であれば、かかとのついたスニーカータイプなど脱げにくいことを前提に選びましょう。

▼釣りで使えるスポーツサンダルのまとめ


ストッキングウェーダーおすすめ10選

ストッキングウェーダー まとめ
出典:シマノ
ストッキングウェーダーのおすすめを紹介します。素材により使用の時期が異なりますので、ご自身の釣行シーズンに合わせて選んではいかがでしょうか。

透湿素材

おすすめの使用時期は春~秋口。生地が薄く・蒸れにくいことが大きな特徴です。インナーの調整で厳寒期にも立ち込む方もいますが、大き目のサイズを購入することが前提です。

新5層構造透湿防水素材採用で、高い耐久性能が魅力!
ITEM
ダイワ タイトフィット スーパーブレスストッキングウェーダー SBW-4003S
サイズ:S、M、L、LL、3L


細部にこだわりの詰まった快適ウェーダー!
ITEM
ダイワ タイトフィットソルトストッキングウェーダー チェストハイ型 ソックス先丸タイプ
サイズ:S、M、L、LL、3L


前面ファスナーが急を要する場合に助かる!?
ITEM
リバレイ RVアクアマックスZIPチェストハイストッキングウェイダー
サイズ:S、M、L、LL、3L


コストパフォーマンスに優れたモデル!
ITEM
PROX プロックス ブリザテック ポリカウェダー チェスト ストッキング
サイズ:M、L、LL、3L


デザイン機能の欲張りモデル!?
ITEM
mazume(マズメ) フルオープンストッキングウェイダー
サイズ:M、L、LL、3L


シンプルで高機能!人気メーカーの定番ウェーダー
ITEM
パズデザイン BS チェストハイウェーダー3 PBW-507
サイズ:S、M、L、XL、3L、4L


最新ドライスーツにも使用される素材!激流攻略に最適
ITEM
リアス ストリームSウェーダー FWD8300
サイズ:S 、M、L、XL、XXL


渓流使用などにおすすめのチェストハイモデル!
ITEM
ダイワ スーパーブレスストッキングウェーダー ウエストハイ型 先丸タイプ
タイプ:ウエストハイ型
サイズ:S、M、L、LL、3L

ネオプレン素材

冬の厳寒期ウェーディングでは大活躍をするネオプレン素材。ストッキングウェーダーで、ネオプレンを探されてる方も多いのではないでしょうか。ラインナップは多くはありませんが、おすすめのネオプレンストッキングウェーダーを紹介します。

高い保湿・防水性能で冬場のウェーディングに対応
ITEM
プロックス 3Dインナークロロプレンウェダーストッキング(PX5516)
サイズ:M、L、LL、3L


ストレッチ性抜群!冬の釣りが快適になるコスパモデル!

ITEM
mazume ネオプレーンウェイダー MZBF-555

ストッキングウェーダーで世界が変わる!?

ストッキングウェーダー 歩く
出典:シマノ
ウェーダーは“消耗品”という考えもありますが、実際は長く付き合っていくものではないでしょうか。愛すことができる道具に出会えることは、釣り人にとって釣りが楽しくなる一つの要素。道具選びに悩んだ際は参考にしてみてはいかがでしょうか。
▼ウェーダーの選び方とおすすめモデル

紹介されたアイテム

マズメPUシートカバー MZAS-317…
シルバーフォックス ウェーディングシュー…
リアス リーフブーツRED スパイク F…
ダイワ タイトフィット スーパーブレスス…
ダイワ タイトフィットソルトストッキング…
リバレイ RVアクアマックスZIPチェス…
PROX プロックス ブリザテック ポリ…
mazume(マズメ) フルオープンスト…
パズデザイン BS チェストハイウェーダ…
リアス ストリームSウェーダー FWD8…
ダイワ スーパーブレスストッキングウェー…
プロックス 3Dインナークロロプレンウェ…
mazume ネオプレーンウェイダー M…
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

この記事のキーワード