【編集部おすすめ】 渓流や海で活躍するウェーディングシューズはこれだ!

ウェーディングシューズとは、渓流釣りはもちろん、海、河川のウェーディングゲーム、磯釣りなどの幅広いシチュエーションで、釣り人の足元を支えてくれるアイテムです。今回は、ウェーディングシューズの選び方から、様々なメーカ−の中から、編集部がおすすめしたいウェーディングシューズを選定しましたので、ぜひ参考にしてみてください。


出典:Photo by Clay Knight on Unsplash

水の中を制す!ウェーディングシューズの魅力とは

出典:Photo by Taylor Grote on Unsplash
岸際からでは届かないポイントを狙うために、水の中に立ち込んで行うウェーディングでの釣りはもちろん、渓流や磯などで、水の中を進まないとたどり着けないポイントに移動するときに必要となるものが、ウェーディングシューズです。
水の中は、苔や海藻で滑りやすくなった石や岩が点在し、非常に滑りやすくなっています。普通のゴム底スニーカーでは、少し力を加えただけで転倒に繋がる恐れがあるため、非常に危険です。
ウェーディングシューズの場合、このようなシチュエーションでも、しっかりとグリップするための特殊なソールが採用されているため、安全に水の中を移動できます。
また、水捌けがよく乾きやすくなっている製品や、ゴツゴツした岩の上を歩いても、疲れにくい製品など、利便性にも配慮された製品が数多く開発・販売されています。

フィールドに合わせたウェーディングシューズの選び方

出典:Photo by Julie Macey on Unsplash
楽天市場
ウェーディングシューズは、足元の状態を大きく左右するアイテムです。釣りをするフィールドや自分に合ったものを選択したいところ。ここではそんなウェーディングシューズの選び方を紹介していきます。

フィールドに合わせたソール

ウェーディングシューズには、主に「フェルト」「ピン・フェルト(フェルトスパイク)」が用いられています。
フェルト素材は、濡れると細かな繊維が吸い付いて、滑りにくくなると言われています。また、フェルト素材にピンがついたピン・フェルトソールなどもあります。このソールは、ゴツゴツした岩場などの上で、高いグリップを発揮すると言われています。その代わり、フェルト部分の接地面が少なくなってしまうので、濡れた場所でのグリップ力が少し下がってしまうこともあるようです。

アッパー、ソールの形状

安全性にも繋がりますが、地面が不安定なフィールドで使用するときは、突然足元の石が動いてしまい、足をくじいてしまい、捻挫に繋がってしまう事もあります。アッパー部分がしっかりとしていて、足首をしっかりとホールドしてくれるシューズを選ぶと安心できるでしょう。
また、底の形状にもこだわりたいところ。フェルトソールの場合、カット溝があるソールの方が、屈曲性が高く、歩きやすくなるでしょう。また、クッション性なども検討材料の一つになります。最終的には、自分の歩き方や癖を考慮しながら選ぶとよいでしょう。

アイテムと組み合わせて決めるサイズ

まずは、普段のシューズ以上に自分の足の大きさにフィットしたものを選ぶようにしましょう。
ウェーディングシューズは、「ウェーダー」や「ウェーディングソックス」といったアイテムと組み合わせて使用することが多いアイテムです。水の侵入を防ぐための厚手のソックスというイメージがわかりやすいと思います。これらと組み合わせると実際の足のサイズよりも1~2センチ前後大きめのサイズを選ぶ必要性がありますので、これらの製品を着用した状態でフィットするサイズを選ぶようにしてください。

その他に、特殊ゴム素材、ソールパターン加工を行なった製品なども販売されています。フェルトソールと比較すると若干滑りやすくなる可能性もありますが、フェルトソールと比較すると屈曲性が高く、足裏の感覚もつかみやすいため、山道を歩く時間が長いシュチュエーションや苔があまり多くないフィールドで活躍するでしょう。

メーカー別】編集部がおすすめするウェーディングシューズ特集

ここからは、編集部が自信を持っておすすめするウェーディングシューズを各メーカーごとにご紹介していきたいと思います。それぞれのメーカーごとに特色がありますので、ぜひ参考にしてみてください。

初めてのウェーディングにおすすめ!阪神素地

ウェットスーツ、ウェーダー、マリンブーツのほか、園芸、普段履きで使用できる長靴やスニーカーを製造・販売している国内メーカー。1万円以下の価格帯でウェーディングシューズを販売しているため、初めての購入時におすすめ!また、ウェーディングシューズを頻繁に履きつぶしてしまう方は、コスパを考えて、阪神素地を選んでみるもの良いでしょう。

阪神素地 トップシェル フェルトスパイクシューズ ハイカットモデル TS-923


阪神素地 ウェーディングシューズ FX-277


フライフィッシングウェアのパイオニア「Foxfire」

1982年創業。国内のフライフィッシングウェアのパイオニアとして始まった「Foxfire」。渓流釣り用のウェーディングシューズの販売も1983年から行なっているメーカーで、現在では、軽さを追求した「airista(エアリスタ)」を始めとした、非常に多彩なウェーディングシューズが販売されています。

Foxfire クイックジップ6 WDシューズ


Foxfire airista(エアリスタ) UL Wading Shoes


Made in USA !ハイクオリティウェーダーメーカー「SIMMS」

SIMMSは、米国モンタナ州ボーズマンに拠点を置く高品質なフィッシングウェアメーカーです。透湿性ウェーダーのパイオニアとも呼ばれていて、機能性、耐久性に定評があるハイクオリティな製品を数多く製造・販売しています。

SIMMS Rivertek 2 Boa Boots Felt


SIMMS 2017 Headwaters Pro Wading


海と渓流、双方専用アイテムが揃う「DAIWA」

国内2大メーカーの1社である「DAIWA」。海と渓流、双方のジャンルで高い知見を持つDAIWAからは、双方のシチュエーションに合わせた専用のウェーディングシューズが販売しています。

DAIWA ソルトウェーディングシューズ SW-2500


DAIWA ウェーディングシューズ WS-2500


創業約70年。釣り業界の老舗フィッシングウェアメーカー「双進」

双進は、トラウト向けブランド「RIVALLEY」、バスなどの淡水向けブランド「Rivalley led-lavel」、海でのルアーフィッシングを主体としたブランド「RBB」の3ブランドを展開しているフィッシングウェアを中心に製造・販売を行なっているメーカーです。創業70年を超える老舗メーカーで、高機能なウェアを販売しています。また、最近では、TAKAMIYA(タカミヤ)とコラボしたアイテムの販売も行なっています。

TAKAMIYA RM×RBB フェルトスパイクシューズ


双進(SOSHIN) RV ライトウェイディングシューズII


水陸両用!圧倒的な機能性を実現した「SHIMANO」

国内2大メーカーのもう1社である「SHIMANO」。SHIMANOのウェーディングシューズには、「ジオロックソール」というソールを張り替える機能が搭載されているため、ウェーディングシューズとしてだけではなく、磯での釣りや堤防、船など、様々なシチュエーションでも使うこともできます。

SHIMANO ジオロック・カットピンフェルト・ウェーディングシューズ FS-002N


シマノ XEFO カットフェルト・ウェーディングシューズVU FS-222R


ウェーディングシューズを履いて、安全に釣りを楽しもう!

出典:Photo by Taylor Grote on Unsplash
繰り替えしになりますが、水の中に入ることで、普段よりも一層魚影が濃いポイントに入ることができたり、より自然を体感できるシチュエーションで釣りを楽しむことができる一方で、予期せぬ事故に繋がってしまう可能性があります。

自分に合ったウェーディングシューズを履くことで、予期せぬ事故を予防することができますので、ぜひこの機会に購入してみてはいかがでしょうか。

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
TSURI HACK編集部
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします!

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!