釣り具メーカー以外で厳選!イケてる【ヘッドギア】釣りで帽子はなぜ必要?

もはや釣り人のアイコンともいえるヘッドギア(帽子)。オーソドックスなキャップタイプや、ハットタイプなど、様々なデザインがリリースされています。今回はそんな、釣り人が思わず被りたくなるようなアイテムをブランド別に厳選。また、なぜ帽子が必要なのかを解説したいと思います。


アイキャッチ画像出典:Crouka楽天市場

釣り人好みのヘッドギア(帽子を)厳選しました。

アウトドア 帽子
出典:PIXTA
オシャレに欠かせないファッションアイテム、帽子。今回は釣りにおける帽子の役割と、オススメのヘッドギアを紹介します。釣具メーカーではなく、あえてアウトドアブランドのアイテムにフォーカスし、そのデザイン性・機能性に迫りたいと思います!

釣りにおける“帽子の役割”ってどんなの?

釣りにおける帽子は、ファッション性だけでなく、快適・安全に釣りを楽しむための重要な役割も担います。では一体どのような場面で役立つのでしょうか?

下記では釣りにおける、おもな“帽子の役割”をピックアップしました。

熱中症対策

太陽
出典:photoAC
アウトドアとは切り離すことのできないリスク、熱中症。フィールドで直射日光にさらされることも少なくないでしょう。帽子は、頭部を日光から遮ることで熱中症を防ぎます

通気性が良く、大きなつばのあるもの、さらには明るい色の帽子を選ぶことでより効果が期待されます。

頭部へフックが刺さるなど、ケガのリスクを減らす

釣り針
出典:PIXTA
ボート釣りなど、近い距離で同行者と釣りをしている時に起こりやすい事故。よく後方を確認せずに振りかぶると、思わぬ事態になることがあります。そんなときも、帽子が一枚あるだけで、ケガのリスクが軽減します。

偏光サングラスのレンズ裏面への映り込みを軽減する

偏光サングラスはレンズの裏側に光が入り込むと、白く光り途端に見えにくく感じることがあります。そんなストレスも、帽子が日差しを遮ることで軽減させることができます。

釣り人が帽子を被るべき理由が、あらためてお分かりいただけたでしょうか? それでは、編集部がオススメする、釣り具メーカー以外のイケてる帽子を厳選してご紹介したいと思います。


Columbia / コロンビア

コロンビア 1938年、アメリカ・オレゴン州で誕生したアウトドアウェアブランド「コロンビア」。リーズナブルながら高機能なウェアが高く評価されています。アウターとインナーをジッパーで着脱できるシステムなど、革新的なアイテムを数々展開。世界中で愛され続けているブランドです。
ITEM
コロンビア グリーンホーン メドウキャップ
・素材:ポリエステル65%、コットン35%
・機能:サンプロテクション機能オムニシェイド、紫外線98%カット

男女共に使えて、素材も文句なし。サイズ調節の紐も頑丈。


ITEM
コロンビア エルムスロープ パッカブル ブーニー
・素材: 表 タフタ(ポリエステル100%)裏 吸汗・速乾ジャージー(ポリエステル100%)
・重量 : 63g(Mサイズ)
・サイズ :S/M:56-58cm、L/XL:58-60cm
・機能:紫外線保護指数/UPF 50

コロンビアのブーニー帽は何枚も愛用してます!素敵なCOLORでやわらかくてこの秋に使いたいです!


ITEM
コロンビア レッドパス キャップ
・素材 : 表地:コットンツイル(コットン100%)、汗止め:バーズアイバンブーチャコール(ポリエステル100%)
・頭のサイズ : 55-60cm
・重量 : 104.5g
・機能:紫外線保護指数/UPF 50


CHAMS / チャムス

チャムス 「アカアシカツオドリ」という鳥がトレードマークの「チャムス」。1983年に、アメリカ・ユタ州で産声をあげたアウトドアファッションブランドです。主に、リュック・ポーチ・財布などを主力商品とし、ポップでラフなスタイルで、日本でも男女問わず高い人気を誇っています。
ITEM
チャムス フェスキャップ
・素材:Cotton100%、Linning Fleece:Polyester100%
・サイズ:フリー(58〜60cm)
・サイズ調整アジャスター付き

ちょっとした贈り物として買いました。軽くて通気性がいいらしく気に入ってもらえたのでよかったです。


ITEM
チャムス パッカブル フィールドジェットキャップ
・素材:Polyester100%
・サイズ :Free size(58~60cm)
・生産国:ベトナム


ITEM
チャムス リバーシブル プリントハット
・素材: Face side/Cotton100% Back side/Cotton55% Linen45%
・サイズ :Free size(58〜60cm)
・カラー:Brown/Yellow LilyNavy



mont・bell / モンベル

モンベル 日本の登山用品メーカー「モンベル」。1975年に、現会長である辰野勇氏が大阪にて創業しました。“Light & Fast(軽量と迅速)” “Function is Beauty(機能美)”をコンセプトに商品を開発。快適な機能性を備えながら、コストパフォーマンスに優れている点も人気の秘訣です。
ITEM
モンベル クラッシャーハット
・素材:ゴアテックスファブリクス・3レイヤー[表:50デニール・ナイロン・リップストップ]
・カラー:コスモス(COMO)/ ライトライム(LTLM)/ ペールインディゴ(PLIG)/ シャドウ(SHAD)
・サイズ :S(54〜56cm)、M(56〜58cm)、L(58〜60cm)

急な雨で助かりました。よかった。結構目立って恥ずかしいですが慣れました。登山する人に聞いた事があるのですができるだけ赤とか目立つ色がいいそうです。髪が腰下まであるので中に入れかぶれるかと心配しましたが大丈夫でした。春夏秋冬フルに利用できそうです。帽子は顔隠し、紫外線対策、本当好きです。


ITEM
モンベル コットンワークキャップ
・素材 :コットン
・サイズ :S/M(54〜58cm)、M/L(57〜61cm)
・カラー :ガンメタル(GM)/ ジェード(JD)/ オリーブ(OV)

品質に満足です。軽くて、フィット感があり(圧迫感がない)、長時間使用してもストレスがありません。夏が楽しみです。


ITEM
モンベル ゴアテックス バードビルキャップ
・素材 :ゴアテックスファブリクス・3レイヤー[表:50デニール・ナイロン・リップストップ]
・サイズ :S/M(54〜58cm)、M/L(57〜61cm)
・カラー :ブラック(BK)/ シャドウ(SHAD)/ サンセットオレンジ(SSOG)/ ウルトラマリン(UMR)

雨の日でも、快適に走れます。蒸れにくく良かったです。防水機能もしっかりしています。


Patagonia / パタゴニア

パタゴニア デザイン性に優れ、豊富なラインナップが魅力の総合アウトドアメーカー「パタゴニア」。1973年に誕生した、アメリカを代表するブランドです。 “アウトドアファッションをタウンユースに浸透させたきっかけ” とも言われています。また、アウトドアブランドとして、環境保護にも力を注ぎ、ファッションのみならず、ボーダーレスに社会貢献しています。
ITEM
パタゴニア トラッカーハット ロゴメッシュキャップ
・素材 :7.5オンス・オーガニックコットン・キャンバス100%、2.5オンス・ポリエステル・メッシュ100%
・サイズ :S M L


ITEM
パタゴニア ロークラウン トラッドキャップ
・素材 :7.5オンス・オーガニックコットン・キャンバス100%
・サイズ :ワンサイズ
・重量:85g(3oz)


ITEM
パタゴニア ウェーブフェアラー バケツ ハット
・素材 :3.9オンス・ナイロン100%(リサイクル・ナイロン38%)
・重量:68 g (2.4 oz)
・機能 :DWR(耐久性撥水)、UPF(紫外線防止指数)50+

機能的にもデザイン的にも素晴らしい。画像ではツバが短くみえるかもしれないが、そんなことはなかった。日差しを避けるのに十分な長さがあり、落ち着きあるデザインとなっている。通気性も良い。



THE NORTH FACE / ザ・ノースフェイス

ザ ノースフェイス
出典:RaF*style
日本でもシーンを問わず愛され続けている「ザ・ノースフェイス」。1968年に誕生した、世界最大のアウトドアブランドです。高い機能性とシンプルなデザインで人気を博し、中でも「シェラパーカ」は“ダウンジャケットの原点” とされ、ノースフェイスのアイコン的存在となっています。

また、名だたる他ブランドとのコラボアイテムも豊富。ストリートでもオシャレの定番アイテムとして揺るぎない地位を築いています。
ITEM
ノースフェイス ファイブパネルキャップ
・素材 :ポリエステル、毛、アクリル、ナイロン
・サイズ :F(フリーサイズ)



ITEM
ノースフェイス スナップバック キャップ
・素材 :コットン100%
・カラー :TNFブラック(JK3)コンカーブルー(KE4)

ITEM
ノースフェイス ホライズン ハット
・素材 :NORTHTECH Cloth ECO(ナイロン100%)、メッシュ部(ポリエステル100%)
・サイズ :S:頭周り54-56cm、M:頭周り56-58cm、L:頭周り58-60cm、XL:頭周り60-62cm
・カラー :(BI)ブリリアントブルー (BK)ブリティッシュカーキ (CM)コズミックブルー

この帽子は、昨年富士登山で友人に借りてとても良かったので今年夫と私とサイズ違いで購入しました。機能性はもちろん見た目も帽子だけで見るよりかぶるととても洗練されたラインになり、あらゆる面で優秀だと思います!様々な素材を組み合わせてあって蒸れないし。帽子は苦手な私ですが今年は山以外でも暑い日の普通のお出かけでもかぶりました。小さくたたんでバッグに入るのも有り難い。ノースフェイスのマークが目立ちすぎではありますがさすがノースフェイスの帽子と思います。


頭のてっぺんまで、快適・安全・オシャレに釣りを楽しもう!

釣り 帽子 以上、釣り人好みの帽子をご紹介でした。釣具メーカーではなく、あえてアウトドアブランドに焦点を当てることで、新しい発見、出会いがあったのではないでしょうか?

お気に入りのヘッドギアを身につけてフィールドへ!快適でいて安全、さらにはファッショナブルに釣りを楽しめること間違いなしです!

関連記事

▽釣りとウェアに関連する、人気の記事はこちら。

ノースフェイス ホライズンハット
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!