バスフィールド

バスフィールドはコスパ最高!?アブの激安バスロッドに注目!

2017年にアブガルシアから発売された入門用バスロッド・バスフィールド。今回はバスフィールドの特徴と、ラインナップ毎の使用例等をご紹介していきます!

目次

アイキャッチ出典:釣具のポイント

バスフィールドとは

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a316

バスフィールドとはルアーフィッシングでお馴染みの釣具メーカー、アブガルシアが手掛ける本格バスフィッシング用ロッド。1万円でおつりがくる金額で購入できる入門者におすすめできる1本です。スペック面でも印籠継設計・FUJIガイド搭載など、末永く使えるスペックが備わっています。

デザイン

バスフィールド ロッド

出典:eSPORTS

格安入門ロッドのチープさを感じさせない黒で統一されたグリップデザイン。シンプルながらスタイリッシュな印象を受けます。また、グリップエンドにはアルミプレートにブランドロゴがあしらわれておりより一層高級感のあるグリップに仕上がっています。

バスフィールドのライナップ

バスフィールドのライナップは全6機種。ここでは機種毎の特徴・最適なルアーをご紹介します。

BSFC-652ML(ベイトモデル)

軽量ルアー・軽量リグを中心に扱うのに適した柔らかめなベイトロッド。ベイトフィネスリールとの相性も抜群な操作性に優れる1本です。

アブガルシア バスフィールド BSFC-652ML

全長:6.5ft
自重:118g
継数:2本
仕舞寸法:100.5cm
ルアー重量:3.5-9g
ライン適合:7-14lb

BSFC-662M(ベイトモデル)

5~21グラムまでのルアーに対応。オールマイティに使えるベイトロッド。ロッドを何本も持っていけないオカッパリで活躍します。

アブガルシア バスフィールド BSFC-662M

全長:6.6ft
自重:117g
継数:2本
仕舞寸法:102cm
ルアー重量:5-21g
ライン適合:8-20lb

BSFC-672MH(ベイトモデル)

ハードルアーや重量のあるリグで活躍するバーサタイルベイトロッド。カバー撃ち、大型ハードプラグをガンガン使いこなしたい方におすすめです。

アブガルシア バスフィールド BSFC-672MH

全長:6.7ft
自重:144g
継数:2本
仕舞寸法:103cm
ルアー重量:7-42g
ライン適合:10-30lb

BSFS-622UL(スピニングモデル)

繊細なワーミングに適したウルトラライトのスピニングロッド。軽量リグ用の専用ロッドとしておすすめです。

アブガルシア バスフィールド BSFS-622UL

全長:6.2ft
自重:90g
継数:2本
仕舞寸法:97cm
ルアー重量:0.9-7g
ライン適合:2-8lb

BSFS-632L(スピニングモデル)

軽量リグ、小型プラグに対応するオールマイティに使えるスピニングロッド。スピニングタックル選びで困ったら迷わず手に取りたい1本です。

アブガルシア バスフィールド BSFS-632L

全長:6.3ft
自重:97g
継数:2本
仕舞寸法:98cm
ルアー重量:0.9-9g
ライン適合:2-8lb

BSFS-672L(スピニングモデル)

長めのレングスを活かしワームや小型プラグの遠投可能なスピニングロッド。ソフトティップなので遠投時のフッキングミスを防ぎます。

アブガルシア バスフィールド BSFS-672L

全長:6.7ft
自重:105g
継数:2本
仕舞寸法:103.5cm
ルアー重量:0.9-9g
ライン適合:2-8lb

バスフィールドで初めてのバス釣りを!

バス釣りスピニングロッドの画像

バスフィールドはバスフィッシングをはじめるにあたりおすすめな入門ロッドです。ルアーフィッシングに強いこだわりをもったアブガルシアだからこそ熟練者でも満足いくスペックと手に取りやすい価格帯を実現しています。初めてのバス釣りをサポートしてくれるバスフィールドで初めてのバスを釣り上げましょう!