めっちゃ便利じゃん!ダイソーで見つけた釣りに使えるアイテム・Part 2

2018/05/07 更新

100円ショップの代名詞的存在、みんな大好き『ダイソー』。最近では日用品をはじめ、ありとあらゆる商品を低価格で取り扱っています。今回は、そんなダイソーで見つけた”釣りで使えそうなアイテム”をピックアップしました。


アイキャッチ画像撮影:TSURI HACK編集部

ダイソーで見つけた釣りに使えるアイテムをご紹介!Part 2

撮影:TSURI HACK編集部
100円ショップの代名詞的存在、みんな大好き『ダイソー』。最近では日用品をはじめ、ありとあらゆる商品を低価格で取り扱っています。今回は、そんなダイソーで見つけた”釣りで使えそうなアイテム”をピックアップしました。

※はじめにおことわり

今回ご紹介する商品は、店舗によって取り扱いのない場合もございます。あらかじめご了承いただきますよう、よろしくお願いします。


シンカーやスナップの携帯に『おくすりケース』

撮影:TSURI HACK編集部
釣りで使う小物類を整理するのに最適な『おくすりケース』。名前の通り、本来は飲み薬を携帯するための樹脂製ケースです。安心の日本製で品質も◎。

ダイソーで手に入る低価格アイテムなので、目的の釣りに合わせて複数持ちできるのもいいところです。

撮影:TSURI HACK編集部
▲開いてみると、内部は8つの蓋つきスペースに仕切られており、スナップやシンカーをサイズ別に分けて入れることができます。

撮影:TSURI HACK編集部
▲背面には面積の広い収納スペースが。大き目のワームフック程度なら、持ち歩くことが可能です。

バックの中で場所をとらない”コンパクトサイズ”

撮影:TSURI HACK編集部
ヘビーウェイトのタングステンシンカーなどは、それなりにサイズが大きいため小分けするのは難しいかも。(小さいスペースにも、7g程度なら2~3個入ります)

いつもは袋のままバックにしまっている、スナップやシンカー類をコンパクトに整理したい人にとっては、おすすめできるアイテムです。


ラインカッターを付ければ超便利!『リールホルダー』

撮影:TSURI HACK編集部
いわゆる“ピンオンリール”という名前で、釣具店でも販売されているアイテム。こんな商品まであるのかと、ダイソーにはホントに感心してしまいますね。

釣り具店で購入しようとすると、メーカー品で1000円弱くらいでしょうか。

撮影:TSURI HACK編集部
▲引っ張ってみたところ、しっかりとしたワイヤーが。最大で70cmまで伸びるため、実釣には十分な取り回しといえそうです。

なくても困らない。でも、あったら便利なアイテム

撮影:TSURI HACK編集部
写真のように、ベルトループやフィッシングベストに取り付けるのがベター。『あれ?ラインカッターどこやったっけ?』とならず、探す手間が省けます。

とくにラインカッターは小さいツールなので、失くしてしまうというトラブルを回避するという意味でも、一役買ってくれそうですね。

釣ったら測りたい=釣り人の性『ロータリーメジャー』

撮影:TSURI HACK編集部
駆け引きの末に、上がってきた大きな魚体。『これは記録更新かも!』そんな期待を抱かずにはいられないのが、釣り人の性ですね。安心してください。その手のアイテムもダイソーには揃っていますよ。

撮影:TSURI HACK編集部
▲いわゆる100均で取り扱っているメジャーは、計測部分がスチール製のものが多く、サビついて使えなくなってしまったりもします。このロータリーメジャーは、手芸用で柔らかいビニールでできています。

魚体に触れるものだから、極力ダメージが少ないものを

撮影:TSURI HACK編集部
真ん中のボタンを押せば、まるで掃除機のコードのように素早く収納。また、ストッパーのおかげで、勝手に巻き取られることもありません。(全長1.5m)

魚体に当てて計測することも多いメジャーですが、ビニール製ならダメージも少なくて済みそう。『おおげさなメジャーは必要ないな』、そんなアングラーの方にはピッタリのアイテムです。


ダイソーのハイエンドライン“¥300商品”の刺客『ラジオペンチ・6インチ』

撮影:TSURI HACK編集部
『こちら300円商品ですが、よろしいでしょうか?』そんなフレーズとともに、会計まで進んでから気付かされることも少なくない、ダイソーのハイエンドライン。(せっかく並んだのに……)

そんな商品群の中でも、ひときわ釣り人の目を引くのが、この“ラジオペンチ・6インチタイプ”。

撮影:TSURI HACK編集部
▲アイキャッチに描かれる『さびに強い』の文字。ここまで言い切る潔さ、ダイソーの本気度が垣間見れます。ソルトでの耐久性は未知ですが、淡水使用なら問題なさそうな印象。

『切る・つかむ・曲げる』など、ラジオペンチに求める基本性能もバッチリ揃っています。

撮影:TSURI HACK編集部
▲あのクニペ〇クスを連想させる、持ち手の突起部分。実はこれがあると、グリップ力も上がりとても実用的。

低価格なラジオペンチにありがちな、『先端部のかみ合わせの悪さ』は感じさせません。これなら、しっかりと針先をグリップできそうです。

トラブル時の控えとしても良さそう

撮影:TSURI HACK編集部
ついつい面倒くさがって、素手で外してしまうことも多いフックですが、安全のためにペンチを使いましょう。

しかし必需品でありながら、意外と失くしやすい代物。この価格なら、いざという時のために、車の中やボックス内に予備としてしまっておくのもいいかもしれません。

ダイソーの“新たなる希望”『エギスパート』

撮影:TSURI HACK編集部
ついにこんなものまで……そんな風に感じずにはいられない、ダイソーが世に送り出すエギ。それが“EGI SPURT”(エギスパート)です。

パッケージや台紙を含め、素人としては『ここまでやってホントに100円なの?』と疑ってしまうほど。

撮影:TSURI HACK編集部
寄りで観察すると、ところどころの粗さは確かに否めません。ですが、カンナの鋭さを含め、実釣には支障がなさそうなクオリティ。趣味の釣りなら、買ってみるのもおもしろいかも?

▽エギスパートについては下記の記事内で、さらに詳しく解説しています。気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

上手にダイソーを活用しよう!

撮影:TSURI HACK編集部
今回はダイソーで見つけた“釣りで使えるアイテム”を紹介しました。100円ショップで購入できるアイテムは、アイデア次第で活用法が無限に広がるのもいいところ。みなさんも、自分だけの使い方を発掘してみてはいかがでしょうか?

関連記事

▽『うわぁ便利!ダイソーで見つけた釣りに使えるアイテム・Part 1』はこちら。

▽『うわぁ便利!ダイソーで見つけた釣りに使えるアイテム・Part 3』はこちら。

ダイソー
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

TSURI HACK編集部
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします!

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!