最大60センチの巨大ハゼ!ハゼクチを釣って特大ハゼ天ぷらにして食す

2020/02/26 更新

今回のターゲットは有明海に生息する日本最大のハゼである、ハゼクチ。最大で60センチ以上、規格外のサイズまで成長する大型のハゼを使用し、巨大ハゼ天ぷらに挑戦してみました。


アイキャッチ画像提供:釣りせんば スン

おなじみの魚


こんにちは! 釣りせんばのスンです。

皆さんは“ハゼ”といえば、どんな魚が思いつきますか? こう聞けば、多くの方がマハゼを思い浮かべると思います。

大きくても20センチほど。あまり大きくなる魚ではありませんよね。

有明海にはとんでもないハゼがいる


佐賀県の有明海。ここには最大60センチにもなる日本最大のハゼが生息しています。

その名もハゼクチ。ハシクイなどと呼ばれることもある、有明海と八代会にのみ生息する大型のハゼです。

冷静に考えてみてください。60センチのハゼですよ……? 目の前に居たら怖すぎますよね(笑)

そんなハゼクチも釣れるらしい!


ハゼクチは1月〜2月頃までに産卵の為に浅場にやってくるそうです。

他の季節にも全く居ない訳では無いですがもっとも釣りやすく、サイズが出る時期だと言われています。

さっそく有明海に向かい、狙ってみたいと思います!

仕掛けは普通のハゼ釣り仕掛けやキス仕掛けでOK!


通常のハゼ釣り仕掛けを使用し、エサはイソメやエビを使用します。

1度捌いたときにはカニが入っていたこともあるので、甲殻類も好きなのでしょう。

狙い目はミオ筋


有明海は干満差が激しく、場所によっては全く水が残りません。

なので、狙いとなるのはミオ筋(航路)のようなも掘れていて水がたまりやすい場所。干潮時に目視しておくことがおすすめです。

満潮時にピンポイントで狙いましょう。


後は信じて待つのみです。

ハゼクチキター!


出ました!日本最大種のハゼ「ハゼクチ」

これでも小さい方ですがこの大きさ!


マハゼとは違ってほっそりと長い感じが特徴的。


背びれでも見分けが付きます。

顔は普通のハゼですね。


それにしてもデカい(笑)


こちらは最近友人が釣って来た44センチのハゼクチ。

圧巻です(笑)

日本最大種のハゼを捌いていく!


釣れたハゼクチは天ぷらにします。


尻尾の方が通常のハゼと違って細いので捌きにくさがありました。

ハゼクチの天ぷら完成!


こんな感じでデカハゼの天ぷら完成!

少し縮みはしますがそれでもデカいですね。


今回も寝起きのスンが実食していきます。

サクッとしてふわふわ食感。


マハゼより味が濃く、深見がある印象でした。

有明海の魚って、実はなんでも美味しいです(笑)

塩分や干潟の効果なのか、味がしっかりしていて魚の臭みが無いのが有明海の力だと思います。

流石に頭は食べれませんでしたが身は美味でした。

関連記事


\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

釣りせんば スン

スンです。幼少の頃から父親の影響で釣りに目覚めました。様々なコンテンツで釣りの面白さを伝えて行ければと思っています。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!