読んだ人がトクする!家族も大喜びな岸から狙える「高級魚」5選

2019/01/30 更新

魚釣りはあくまで、「釣り」そのものを楽しむための遊びですが、どうせだったらお得感の強いターゲットを狙ってみるのはいかがでしょうか?これなら家族が喜ぶのも間違いなし!もう、「また釣りいくの?」と白い目で見られなくなるかも(喜)


アイキャッチ画像出典:ジャッカル

どうせなら“高い魚”釣りたくないですか?

ヒラメ
釣りのターゲットには様々なものが居ますが、どうせ釣るなら高くて美味しい魚を狙ってみるのもおすすめです。

高級魚を持って帰れば、家族の機嫌が取れるかも? 本記事では防波堤や砂浜など岸から狙いやすい高級魚をご紹介します。

※ご紹介している市場価格は時期や地域によりさまざまです。あくまで、参考としてお楽しみください。


アオリイカ

アオリイカ
出典:モーリス
エギングの人気ターゲットであるアオリイカも、市場ではかなり高価な食材として有名ですね。釣れる場所は防波堤や磯などで、狙い方はエギングのほかにアジをエサにしたヤエン釣りでも狙うことが出来ます。

アオリイカの市場価格

市場価格は1キロあたり2,000~3,000円程度で、小型であっても価格が高いことが多いです。


シロギス

シロギス
出典:モーリス
シロギスは透き通るような美しい体色が特徴の魚。特に天ぷらで食べるのが美味しく、高級料亭では欠かせないネタです。

釣り方は砂浜から投げ釣りや堤防からのちょい投げで狙うことが出来ます。

シロギスの市場価格

まとまって市場に入ることは少ないため、市場価格は1キロ4,000円程度とかなり高価な魚です。


キジハタ

キジハタ キジハタは根魚のなかでも特に値段が高い魚。底が岩礁帯となっている場所やテトラの隙間などに好んで生息しています。

岸からの主な狙い方は、ワームやメタルジグを使ったルアー釣り、アジなどの小魚をエサにした泳がせ釣りがおすすめです。

キジハタの市場価格

市場価格は1キロ当たり3,000円ほどで、活魚であったり40センチを超える大型であれば1キロ5000円以上となることもあるようです。




サヨリ

サヨリ
出典:楽天市場
下あごが飛び出しているのが特徴のサヨリは、刺身や塩焼きで美味しく食べられる魚です。釣れる場所は防波堤が多く、大きな群れが接岸している時には1日100匹以上釣る人も居ます。

狙う時にはウキ釣りや遠投カゴ仕掛けを使い、口が小さな魚なので小さな専用の針を使うのがポイント。

サヨリの市場価格

市場価格は1キロあたり2,500~3,000円程度と、こちらも高級魚と言えるでしょう。


ヒラメ

ヒラメ ヒラメは砂に潜んで獲物を待ち伏せる習性がある魚。ヒレ近くの「えんがわ」は特に高級な部位として重宝されています。

岸からは底が砂地の防波堤や砂浜から狙うことができ、防波堤からは泳がせ釣り、砂浜からはルアーを使った釣り方が人気です。

ヒラメの市場価格

ヒラメは季節によって大きく市場価格が変わりますが、旬となる冬には1キロあたり7,000円程度の値段が付くこともあるようです。


いつもの釣り場に高級魚が潜んでいるかも?

キジハタ
出典:モーリス
本記事でご紹介した高級魚は意外と身近な釣り場に潜んでいることが多いです。いつもとちょっと違った釣り方を試してみるだけで、思いがけない高級魚がヒットして来るかもしれません。

それぞれの魚の狙い方を参考に準備をしっかり整えて、次の釣行時には高級魚狙いを行ってみてはいかがでしょうか。

関連記事


このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!