1,900円でも上質【釣り具のポイント】の偏光サングラスが値段以上にイケてるぞ!

編集部Tが「お得意の衝動買い」でポチった偏光サングラス。届いてビックリ。この値段でここまでの仕上がりだなんて。読み終わった後、みなさんもきっとこのアイテムが欲しくなるはず。


偏光は必需品。だけれども……


読者のみなさんは、釣りの際に偏光サングラスを着用していますか?

魚や水中の様子を観察するだけでなく、フックや紫外線から目を守るという意味でも大活躍するアイテムですよね。

そんな必需品とも言われる割には、意外とこだわって選んでいる人は少ないのが現状。じっさいに筆者もそんな、サングラスずぼらアングラーの一人なわけです。

だってお金ないんだもん。

リール、ロッド、ラインにルアー……

なにかとお金がかかるのがわれわれ釣り人。平凡な年収のサラリーマンアングラーにとっては、正直サングラスにまでお金が回りません。

なので予算は5,000円以内で、十分な性能を持っていればなおベスト。これなら一回分の飲み会を我慢すれば買えちゃうお値段ですし。

ん?これよさそうだぞ。

そんなある日。なんかいいアイテムはないものかと、Amazonで偏光サングラスをサーチ。すると、そこには目を引くアイテムが。

注※写真はAmazonプライム会員の価格です。(2018/10/16現在)

「うーん……1,900円か。正直どうなん?(疑い)」と、半信半疑のままカートへ“ポチッ”。

しかし、このサングラスが想像以上の仕上がりであることを、その時は知らなかったのです。

【次ページ:これでこの値段?マジ?】

タカミヤ H.B Concept 偏光サングラス


そして届いたのがこちら。

H.B Concept』の偏光サングラス。


オーソドックスなウェリントンシェイプで


サイドのテンプルも、すっきりと重く見えない。


テンプル内側にも刻印されている『H.B Concept』とは、㈱タカミヤが展開するオリジナルブランドの名称。サングラス以外にもリールやロッド、ルアーなど幅広くプロデュース。

PBブランドらしい、実用的でありながらリーズナブルなアイテムを多数リリースしています。

“㈱タカミヤ”と聞いてとピンとこない方もいると思いますが、じつは全国に60店舗以上を構える『釣り具のポイント』を運営している会社


封を開け、実物をグルっと眺めたとき、『……これはなかなかいいんじゃないの?』と唸ってしまいました。

魅力①値段を感じさせない見た目


スポーツショップなどで販売されている低価格のサングラスは、どうしてもチープさを醸し出してしまうもの。

でもどうでしょう? とても1,900円とは思えない、高級感のある佇まいではありませんか?


耳掛け部分とフロントをつなぐ丁番。だいたいこの価格帯の製品は、一体化したプラ製であることがほとんど。(ここが割れて壊れることが多い)

独立した金具を本体に埋め込んでから、ネジ固定しているため、おそらく耐久性はそこそこ高いのではないのかと推測できます。

魅力②軽量フレームで疲れ知らず&強度も安心


公式HPによると、『フレームには軽量で衝撃に強いポリカーボネイトを採用』とのこと。

ポリカーボネイトと言えば、自動車のヘッドライトやルアーのリップなどにも使われている素材で、とにかく“粘りがあり衝撃に強く軽い”というのが特徴です。

日本人のフェイスラインにも合いそうな、高めの鼻パッドも装備しています。


耳掛け部分を曲げるの図。強度が高いにもかかわらず、柔軟性も高い。長時間かけていても締め付け感が少なく快適です。


レンズはスキーゴーグルなどで多く採用されているTAC(トリアセテート)偏光。軽量性に優れているため、全体の着用感にも寄与してくれます。

実際にフィールドで使いましたが、もちろん本来の偏光レンズとしての機能も充分そなわっていました。(偏光度90%以上)

【次ページ:さっそく編集部が試着してみた】


魅力③デザインがナウい


機能性に特化すると、デザイン性が失われがちな偏光サングラス。これぐらい肩の力が抜けたデザインが、サンデーアングラーにはちょうど良いのです。

光沢を抑えたマットブラックというのも何気にポイントが高いところ。自分の好みにフィットしてます。


「こんなのかけたら、オーシ〇ンズに撮られちゃったりして」と、はしゃぐナイスミドルの編集部。このサングラスをオフショアのジギングで愛用中とのこと。


ニットキャップなど被り物との相性も◎。『釣具』っていうよりも、『アウトドア小物』にも似た心地よさ。

永遠のスタンダードともいえる、奇をてらっていない潔さが刺さります。キャンプにフェスにと、釣り以外にも活用の妄想が広がる……。

全部で3色展開。お好みでどうぞ。


『H.B concept』のサングラスは、全部で3色展開。ことなる3つのレンズカラーから選ぶことができます。(今回購入したのは「グレー/シルバーミラーレンズ」)

キズや汚れのリスクと常に隣り合わせのアウトドア。“ラフに扱えてカッコイイものを”。そんな基準で偏光サングラスを選んでみるのもおもしろいかも?
撮影・文:編集部 T
ITEM
タカミヤ H.B concept 偏光グラス グレー/シルバーミラーレンズ
・偏光度:90.0%以上
・可視光線透過率:5%
・紫外線透過率:1.0%以下(365nm)


ITEM
タカミヤ H.B concept 偏光グラス グレー/ブルーミラーレンズ
・偏光度:90.0%以上
・可視光線透過率:20%
・紫外線透過率:1.0%以下(365nm)


ITEM
タカミヤ H.B concept 偏光グラス グレー/オレンジミラーレンズ
・偏光度:90.0%以上
・可視光線透過率:10%
・紫外線透過率:1.0%以下(365nm)

関連記事




このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
TSURI HACK編集部
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします!

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!