【2020年】新作スピニングリールをリールマニアが大予想!

2019/12/03 更新

熱狂のラグビーワールドカップも終わり、来年はいよいよ東京オリンピック。その前に釣り人として見逃せないのが新製品!今回はリールマニアが2020年春にリリースされるであろうスピニングリールを大胆予想します!


アイキャッチ画像撮影:TSURI HACK編集部

2020がやって来る!

出典:PIXTA
熱狂のラグビーワールドカップも終わり、来年はいよいよ東京オリンピック。

その前に、釣り人として見逃せないのが新製品!

今回は、リールマニアが2020年春にリリースされるであろうスピニングリールを独断と偏見で大胆予想します!

コスパ最強のあのモデルは? モデルチェンジから随分経ったあのモデルも!? さあご覧ください!

シマノ編

ストラディックCI4+

出典:シマノ ※画像は現行機種
価格破壊のスペックで業界をざわつかせた19ストラディック。

その軽量モデルとなるストラディックCI4+は、現行モデルに引き続きボディとローターにCI4+を採用すると予想。

ヴァンキッシュにも採用された新型MGLローターが搭載され、さらに軽量化が進むのではないでしょうか。

さらにはXプロテクト、マイクロモジュールギア2、ロングストロークスプールなども予想され、19ヴァンキッシュの弟分にふさわしい仕上がりになるはずです。

ツインパワー

出典:シマノ ※画像は現行機種
2015年から5年ぶりにツインパワーのモデルチェンジが予想されます! 本来の4年周期から1年遅れたリリースとなりそうです。

Xプロテクトはもちろん、さらに強化されたハガネギアやハガネボディを搭載するでしょう。

重量は据え置きぐらいになりそうですが、 XDモデルの大ヒットを受け、MGLローターを搭載するとの噂も。

しかし、そうなるとXDと統合されてしまうので、リールマニアはMGLローターの搭載には懐疑的であります。

ダイワ編

レブロス

出典:ダイワ ※画像は現行機種
2015年から「ハイコスパリール」の名をほしいままにしてきたロングセラーリールがついにモデルチェンジか!?

価格は据え置きでLTコンセプトを搭載し、フルモデルチェンジになると予想。

マグシールドはさすがに採用されないと思いますが、LCスプールや新形状のラインストッパーが搭載されるはずです。

ルビアス

出典:ダイワ ※画像は現行機種
現在、バリスティック、セオリー、ルビアスの3機種が名を連ねるミドルクラスリール。

そんな中、20ルビアスはイグジスト・セルテート同様のモノコックボディを採用し、イグジストに迫る軽さを手に入れるのではないでしょうか。

モノコックボディを採用するとなると値上げが予想されるため、ミドルクラスから準ハイエンドのような位置付けになるかもしれません。

「金属ボディ+ザイオンローター」のパッケージングでリリースされたら、リールマニア的には胸熱です。

ワクワクが止まんねえぜ……


いよいよオリンピックイヤーである2020年。釣り具メーカーの気合も並々ならぬはず。

一体どんなリールが出るのか、どんな新技術で僕らを驚かせてくれるのか!?

今から情報解禁まで眠れない日々が続きそうです……。

筆者について

佐藤稜真

某リールチューンメーカー在籍時、Facebook・Instagram運営を手がけながら全国のイベントで年間100台以上のリールをメンテナンスしていた経験を持つ。

中学生の頃からカタログのスペックを暗記するほどのリール好き。関東のフィールドでのエリアトラウト・シーバスフィッシングをメインにしている。

関連記事


このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
佐藤 稜真
佐藤 稜真

TSURI HACK随一のリールマニア。特にスピニングリールをこよなく愛する気鋭の若手ライター。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!