リールマニアが熱弁!ダイワの隠れスーパー技術「ツイストバスター」ってなんだ?

2019/06/20 更新

スピニングリールの大敵といえる糸ヨレ。そんな糸ヨレを解決する素晴らしい技術がダイワにあるものの、あまり認知されていない様子!?今回もリールマニアが鼻息を荒くして解説します。


アイキャッチ画像撮影:TSURI HACK編集部

スピニングリール最大の敵、糸ヨレ

ツイストバスターの画像
撮影:TSURI HACK編集部
こんにちは、リールマニアの佐藤稜真です。

みなさんは「糸ヨレ」という現象をご存知でしょうか。糸ヨレとは“ラインがねじれること”を指し、ラインブレイクやバックラッシュの原因となる非常に厄介な存在です。

スピニングリールは糸を回収する時に、ガイドを通って戻ってくる縦方向のラインが、スプールへ横方向に巻かれるため、必ず糸がねじれてしまいます。

キャスト→回収の動作を何度も繰り返すうちに、糸にねじれが蓄積され、ライントラブルの原因になるのです。

それを解消するためのラインローラー

ツイストバスター
撮影:TSURI HACK編集部
構造上の問題とはいえ、ライントラブルが頻発したら堪ったもんじゃありません。そこで活躍するのが、ラインローラー。

ラインローラーは糸ヨレを解消する役割を担うのですが、ダイワには“究極”ともいえるラインローラー「ツイストバスター」があるのです。

ねじれた糸を逆にねじる!

ツイストバスターの画像
撮影:TSURI HACK編集部
ねじれた糸はなかなか元には戻りません。そこでダイワが打ち出したのが、“ラインローラーにテーパーをつける”という発想です。

ラインローラーにテーパーをつけることにより、糸が逆方向にねじれます。

つまり、ねじれた糸をねじり返すことで、ねじれがプラスマイナス・ゼロに近づいて糸ヨレが軽減されるのです!

理屈は分かるけど……

ツイストバスターの画像
撮影:TSURI HACK編集部
しかし、ここで「糸の種類によってねじれ方は変わるのでは?」と気づいたリールマニアの方もいるのではないでしょうか?

糸の種類や太さによって適切なテーパー角は異なるため、ダイワの技術者はなんと、キャストとリトリーブをひたすら繰り返してテーパー角を割り出したのです。


技術者魂の結晶

ツイストバスターの画像
撮影:TSURI HACK編集部
実験は初歩の初歩、糸ヨレを数えるところからスタートし、さまざまなテーパー角のラインローラーで実釣と検証を重ねたようです。

コンピューターによる計算ですぐに角度を割り出せそうですが、糸の太さや竿の角度によってヨレ方が異なるため、“実釣スタイル”にこだわってデータが集められました。

まさに、技術者魂の結晶と言っても過言はない代物なのです。

その歴史は長い

ツイストバスターの画像
撮影:TSURI HACK編集部
じつはこの技術、90年代後半にはもう登場していたんです。知らなかった方も多いのではないでしょうか?

現在はツイストバスター2とフロロライン専用設計のツイストバスターRがあり、エントリーからハイエンドモデルまでのダイワ製全スピニングリールに搭載されています。

気づいてないかもしれませんが、いまお使いのリールにも搭載されているはずですよ。

もっと知ってほしい!!

ツイストバスターの画像
撮影:TSURI HACK編集部
ダイワのサイトでは「(ツイストバスターは)空気のようなもの、しかしその大切さに気づいて欲しい」と語られています。

同社のマグシールドやAGSといった技術は大々的に宣伝されていますが、ツイストバスターの名前を聞くことは少なく、まさに空気のような存在になっています。

日々新たな技術やリールが登場していますが、20年近くも釣り人を支え続けている技術があることを、リールマニアはもっと知って欲しいと思うのです。

筆者紹介

佐藤稜真

某リールチューンメーカー在籍時、全国のイベントで年間100台以上のリールをメンテナンスしていた経験を持つ。

中学生の頃からカタログのスペックを暗記するほどのリール好き。関東のフィールドでのエリアトラウト・シーバスフィッシングをメインにしている。

関連記事


\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
佐藤 稜真
佐藤 稜真

某リールチューンメーカー在籍時、年間100台以上のリールをメンテナンスしていた経験を持つリールマニア。TSURIHACK TVへの出演、個人チャンネル「リールマニア/ Reel Mania」で活動中。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!