【感度が良い】ってどういう事!?硬いロッドと柔らかいロッドがある理由

ロッドのスペックには必ず硬さ(パワー)を示す表記があり、一つのモデルでも数多くの固さがラインナップしています。ではどうして様々な硬さがあるのでしょうか?


アイキャッチ画像出典:pixabay

硬さ(パワーとは)

ベントカーブ
出典:ダイワ
ロッドの硬さは、ロッドパワーとも呼ばれ、同じモデルでも、異なる硬さがラインナップされています。

ロッドパワー表記

ロッドパワーは以下のような表記が一般的で、読んで字の如く、ライト=軽量級ルアー用、ミディアム=中量級ルアー用、ヘビー=重量級ルアー用となり、ヘビーに行けば行くほど硬く、パワーが強くなります。

UL(ウルトラライト)

L(ライト)

ML(ミディアムライト)

M (ミディアム)

MH(ミディアムヘビー)

H(ヘビー)

XH(エクストラヘビー)

中量級ルアーとは

同じ魚種でも、様々なルアー・重さがあありますが、その釣りで最も多く使われるような、中間的な重さのルアーを指しています。

柔らかいロッドのメリット

軽量ルアーが投げれる

ライトプラグ
撮影:TSURI HACK 編集部
ロッドが柔らかいという事は、小さい力でよく曲がるという事です。つまり、ルアーが軽くてもよく曲がり、ロッドの反発力を使って投げられるため、飛距離を出しやすくなります。

バイトを弾きにくい

バイトの瞬間
出典:pixabay
魚のバイトを弾きにくいという利点もあります。魚がバイトしその重さがティップ(竿先・穂先)に伝わっても、ティップがしなやかにしなり、魚に違和感を与えない食わせを行うことができます。

バレにくい・ファイトが楽しい

出典:pixabay
柔らかいロッドはよく曲がる為、魚の急な突っ込みにもロッドが追従し、バレにくいというメリットを生みます。また、竿のしなりを楽しんだり、そのファイトが楽しい・スリリングだと感じる釣り人は少なくないのではないでしょうか。

軽い(傾向にある)

出典:pixabay
製品にもよりますが、柔らかいロッドは硬いロッドに比べ直径も細くなりますので、その分自重が軽くなっています。※グラスロッドなど、素材によっては重くなる場合もあります。

柔らかいロッドのデメリット

重量級ルアーが投げられない

撮影:TSURI HACK 編集部
柔らかいロッドは、軽量ルアーを扱う際には適していますが、一方でビックベイトなどの重量のあるルアーを扱うことができません。柔らかいロッドのしなりがキャストのしやすさや飛距離にマイナスに働いてしまうのです。

フッキングが決まらない

出典:pixabay
ロッドが柔らかいとフッキングの際の力が上手く伝わらず、フッキングが甘くなってしまう可能性が高まります。とりわけ、遠投した際でバイトがあった場合などは、フッキングの難易度が高まってしまいます。

その為、柔らかいロッドを使用するエリアトラウトなどの釣りは、鋭利な細軸のフックを用いて、小さい力でもフッキング出来るようにしています。

力ずくのファイトが出来ない

出典:pixabay
魚がヒットしても、魚の走りに追従してしまうのが柔らかいロッドの特徴。魚をランディングするまでじっくりとファイトを楽しめるというメリットがある反面、大物が掛かった際に、ロッドのパワーで魚をとどめておくことが出来ない為、魚にいいように走られ、根ズレによってラインブレイクを引き起こしてしまうケースもあります。

ボトムがとりにくい

出典:pixabay
固めのロッドであれば、コツコツといったボトムの感触を感じ取ることができます。しかし、柔らかいロッドではボトムに地形変化や障害物などがあっても、ロッドがしなって衝撃を和らげてしまうため、底の様子を感触では感じ取りにくくなります。

硬いロッドのメリット

重量ルアーが投げられる

出典:pixabay
ロッドが硬いという事は、ある程度の力が掛からなければなかなか曲がらないという事です。柔らかいロッドではキャスト時やリトリーブの際など、ロッドが必要以上にしなってしまい、ルアーを意のままに扱うことは困難です。硬いロッド(ルアー重量にマッチした硬さ)であれば、ルアーをストレスなく投げ、操作することができます。

強いフッキングが出来る

撮影:TAKEBUCHI
ロッドが曲がりにくいということは、フッキングの際にフックへ力が伝わりやすいということでもあります。顎の硬い魚でも、また遠投により遠くでバイトがあった場合でも、柔らかいロッドに比べフッキングはしやすいでしょう。

強引なファイトが出来る

出典:pixabay
また、魚が走ったり根に潜ったりしようとしても、釣り人が主導権を握った強引なファイトが可能となります。大物狙いや、ラインブレイクに注意したいカバー付近の釣りでは必須の要素です。

感度が高い(傾向にある)

出典:pixabay
硬いロッドはライン通して伝わってくる振動を殺しにくく、ボトムの感覚や、魚のアタリを振動として感じ取りやすくなります。※必ずしも、硬いロッド=感度が高いとは限りません。その理由は後述の「感度が良いロッドとは」をご覧ください。

硬いロッドのデメリット

軽量ルアーが投げにくい

出典:pixabay
硬いロッドは、重量のあるルアーを投げやすい反面、軽いルアーでは、ルアーの重さで竿をしならせる事が出来ない為、竿の反発力が使えず飛距離が伸びません。

バイトを弾きやすい

出典:pixabay
硬いロッドは、バイトしてくる魚の勢いに反発しやすく、弾いてしまうことが多くなります。「アタリはあるけれど、なかなか乗らない……。」といった原因がロッドの硬さにあることも。

バレやすい

出典:pixabay
硬いロッドはフッキングしやすいというメリットはあります。しかし、ロッドが魚の走る方向に追従しにくいため、フックの掛かりどころによっては、ファイト中にフックが外れてバラしてしまうこともあります。

重い(傾向にある)

出典:pixabay
製品にもよりますが、硬いロッドはパワーを出す為に柔らかいロッドに比べ重めに仕上がりがちです。

感度が高いロッドとは

出典:pixabay
ここでは「感度が高いロッド(振動が手元に伝わりやすいロッド)」と言うものを、様々な物を例にして解説します。※多少極端な例にはなりますが、考え方のひとつとしてご参考下さい。

柔らかいよりは硬いロッド

出典:pixabay
自分がパスタの端を持って、友人が反対側のパスタの端を触っているか否かを当てる遊びをするとしましょう。茹でる前の硬いパスタと、茹でた後の柔らかいパスタ。どちらが分かりやすいでしょうか?

もちろんロッドの素材はパスタではなくカーボンが一般的ですが、カーボンにも「どれだけ硬いか」を示すトン数と呼ばれる指標があります。そのトン数の違いによって「低弾性・中弾性・高弾性・超高弾性」等と呼び分けられており、弾性が高くなればなるほど、感度が高いとされています。

長いよりは短いロッド

出典:pixabay(画像はイメージです)
3メートルの物干しざおと、15センチの万年筆。端に糸をくくりつけ、魚のアタリを感じ取りやすいのはどちらでしょうか?

例えば地震が発生したら、その揺れが早く伝わるのは震源地に近い場所ですよね。また揺れが大きいのも震源地に近い場所です。震源地から離れれば離れるほど、揺れが到達するまでの時間は長くなり、揺れ自体も小さくなります。

つまり、短いロッドは長いロッドに比べ、振動が手元に伝わるスピードが速く、振動も大きいと言えます。

重いよりは軽いロッド

出典:pixabay
重い物を持つという事は、その分手に力がかかっている事になります。例えば、重さ10キロのロッドを持ちながら、魚の繊細なアタリを感じ取れるでしょうか? 実際にそんなロッドはありませんが、ロッドは軽ければ軽いほど、手入れる力が小さくて済む為、魚のアタリをより察知しやすくなると言えるでしょう。

長時間ロッドを持ち続ける釣りは、ロッドやタックルの僅かな重さの差が、後の感度の感じ方にも影響してくるのです。

硬いロッドが感度が“良い”とは限らない

ソリッドティップのバスロッド
出典:PIXTA
前述で、感度が高い傾向にあるのは、柔らかいよりは硬いロッドと述べましたが、硬い=感度が良いと言い切る事は出来ません。バス釣りを例にとると、一般的に硬いロッドというのは長く・重くなる傾向にあります。ロッドが長ければ、その分感度は悪くなるとも言えますし、重ければ、その分感度が悪くなる。とも言えるのです。

感度の良さというのは、ロッドに使われている素材の硬さ、重さ、長さ、など複合的な要素の表れです。その為、硬いから良い、軽いから良い、短いから良いとは、一概に言えないのです。

アタリをとるのは“手”だけじゃない

出典:PIXTA
釣りには「目感度」という用語があります。これは、手元ではなくアタリがティップに表れる(ティップが曲がったり、曲がっている状態が元に戻る)様子でフッキングを行う事を指します。

カワハギ釣りなどは、仕掛けの重さでティップが曲がっている状態がデフォルトです。バイトがあると、一瞬「フッ」っとティップが元に戻りますので、その戻りに合わせてフッキングを行うのです。

つまり、柔らかいロッドは手元に振動は伝わりづらいかもしれませんが、繊細なアタリをティップで知る(目視する)事が出来るのです。ティップを白や蛍光色に着色しているロッドがあるのは、ティップの視野性(目感度)を上げる為です。

アタリをとるのは“ロッド”だけじゃない

撮影:TSURI HACK 編集部
皆さんは、トラウトの管理釣り場で目線の高さにロッドを構え、まるでスナイパーのような姿で釣りをしている人を見た事はないでしょうか? あれは、ティップを見ているのではなく、一直線に張られたラインの一瞬の変化(アタリ)を見ています。

また、魚に見切られるからという理由で色付きのラインを嫌う人もいますが、ラインに出るアタリが見やすいという理由で、色付きラインを好んで使用する人も存在します。

仮に皆さんが世界一感度の悪い竿(アタリを振動として伝えないロッド)で釣りをしていたとしても、魚のアタリをとれないという事はありません。

アタリと言うのは、必ずラインを伝わってくるものであり、ラインをよく見ていれば、ティップに現れないアタリや振動が手元まで伝わらないアタリも察知する事が可能です。

 

ロッドの硬さはお好みで

出典:pixabay
ロッドには、柔らかいものや硬いもの、その中間に位置するものなど、さまざまな硬さのものが用意されています。それぞれにメリットやデメリットがあり、対象魚や釣り場、使用するルアーによって向き不向きが分かれます。その個々の違いと言うのは、実際にロッドを使ってみないと分からない事のほうが多いです。

初めての方は、そのジャンルの基準となる(中間的なルアーを扱える)ミディアムライトやミディアムを選び、中間的な硬さがどんなものかを体感する事が大切です。

釣り込む中で、「もっとパワーが欲しいな」「もっと軽いルアーが投げたいな」といったシーンに出会いますので、その時の必要に応じて、別の硬さ(パワー)のロッドを買い足していくのがお勧めです。

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!