サイトマスターの人気モデルを解説! 10種類のレンズカラーはどうやって使い分けるべきか

2020/08/19 更新

釣り用偏光サングラスの超定番として君臨するティムコの「サイトマスター」。今回は人気モデルの特徴を解説!また10種類ものレンズカラーの特徴と使い分け方もあわせて紹介していきます。水面の反射を抑え水中状況を確認しやすくし、釣果をも左右するサイトマスターを100%使いこなすノウハウをお届けします。

制作者

S.fisher

釣り歴20年以上、バスとソルトルアーをメインに楽しむ元釣具屋。道具の選択から釣り方に至るまで、深く考えながら釣りをするのが好きです。餌釣りに関する知識と経験もあり、幅広い分野の総合知識をもとに情報を発信しています。

S.fisherのプロフィール

...続きを読む


アイキャッチ画像出典:楽天市場

サイトマスターについて

 
出典:TIEMCO
サイトマスターは、ティムコが販売している高性能釣り用偏光グラス。特徴はキッズモデルを除き、素材特性上、最もクリアな視界を確保できるガラスレンズを採用しています。

その性能の高さは、釣りの分野を問わず多くのプロが愛用し、太鼓判を押しています。

今回はサイトマスターの全モデル、全レンズカラーを詳しく解説していきます。

サイトマスター”ロトンド”

出典:TIEMCO
ロトンドは、8カーブレンズ採用の遮光性と風防性の高いモデル。レンズ内側に光や風が入り込みにくく、雑多なストレスが無く、見ることに集中出来ます。

遮光性と風防性を高めるとレンズが曇りやすくなりますが、その点はエアダクトを設けることで除去されやすくなる工夫が行われています。

サイトマスター”エノルメ”

出典:TIEMCO
エノルメは、超大型6カーブレンズの採用が特徴的。これによって広い視界が確保されるので、釣りの集中力が高まることはもちろん、全体視野確保によるキャスト精度の低下も防げるでしょう。

レンズが大きくなると掛け心地が悪くなりがちですが、その点は、サイトマスターオリジナルβチタン製バネ蝶番、独立可変ノーズパッド、チタン心棒入りフレームを調整することで損なわないようにしてあります。

サイトマスター”オプティモ”

自然な見えやすさと掛け心地にこだわったオプティモ。フィット感の高いスポーツタイプのフレームと、カーブの緩やかな4カーブレンズの採用により、掛けていることを忘れてしまうほど、掛け心地の良いモデルです。

例えばウキ釣りのように、長時間一点を見つめるような釣りにおいて、見えやすさと掛け心地の良さが役立ってくれます。

ITEM
ティムコ サイトマスター オプティモ

手にした時にガラスレンズの重さが少し気になりましたが、かけてみるとフィット感抜群でまったく重さを感じることなく満足です。長く愛用したいと思います。


サイトマスター”ミセラ”

ミセラは、定番のウェリントンタイプフレームを採用した、古すぎず新しすぎないデザインで長く使いやすいモデルです。レンズは4カーブで優しい掛け心地を重視。フレーム上部とサイドには、映り込み防止のためのバイザーデザインを採用しています。

調整可能なノーズパッドおよびラバーモダンを採用しているので、自分にフィットする最適な掛け心地を追求可能です。

ITEM
ティムコ サイトマスター ミセラ

とてもかけやすくハッキリ見えます


サイトマスター”キネティック”

キネティックは8カーブレンズでありながら、高いフィット感を実現したモデル。釣り人の視線が常に斜め下を見ることを考え、フロントの前傾角にもこだわっています。

キネティックはトーナメンターの青木大介プロも愛用していて、イメージカラーであるライトブルーをあしらったグレースモークPROというフレームカラーもあります。

ITEM
ティムコ サイトマスター キネティック

釣り用に購入しました。もっと早く買えば良かったです。このフレームは長時間かけていても痛くなりません。


サイトマスター”マニフィコ”

ウェリントンタイプフレームとボストンタイプフレームのハイブリッド・ボスリントンフレームを採用したマニフィコ。チタン芯棒が入ったラバーモダン部が長めで、釣りだけでなくスポーツサングラスとして使うことも可能です。

レンズは4カーブで目への負担を軽減しています。

ITEM
ティムコ サイトマスター マニフィコ

サイトマスター”インテグラル”

快適な掛け心地と遮光性を高いレベルで両立したインテグラルは、伊藤巧プロも愛用している偏光グラスです。ラインナップには伊藤巧プロイメージモデル・ブラウンデミPROのフレームカラーも。

フロントとテンプルの間にβチタン製の蝶番、テンプル自体にチタン製の芯棒を入れてあることで自由に調整ができ、顔へのフィット感を高められる仕様です。

ITEM
ティムコ サイトマスター インテグラル

沖磯にて実釣使用しましたが、視界良好で一日中着けていても疲れなくてよかったです。磯際の状況や魚の姿も見やすくて、すごくいいですo(^▽^)o


サイトマスター”キャノピー”

キャノピーは、遮光性能を極限まで高めたバイザードデザインが特徴的。遮光性を高めながらラージサイズの6カーブレンズを採用したことで、広い視野を確保することに成功しています。

徹底的に見ることへこだわりたい方におすすめのモデルです。

ITEM
ティムコ サイトマスター キャノピー

夫がテンカラをするのに水面で魚がつくのを見るため購入しました。渓流シーズンが到来し、めちゃくちゃ楽しそうに出かけていき釣った魚を持って帰ってきてめちゃくちゃ美味しそうに食べており幸せそうでなによりです。


サイトマスター”バレル”

バレルも遮光性能の高い偏光グラス。キャノピーと形がよく似ていますが、バレルのほうがレンズの縦幅が2ミリ小さいです。たった2ミリの違いですが、バレルとキャノピーではかなり掛け心地の違いが感じられるでしょう。

見ることはもちろんのこと、掛けた時の違和感をより少なくしたい方におすすめです。

ITEM
ティムコ サイトマスター バレル

今までの偏光とは違い、視界がクリアで釣りに集中出来る。良い商品だと思う。


サイトマスター”ディグニティTi”

ディグニティTiは、現サイトマスターのラインナップで唯一のチタンフレームモデル。セルフレームの掛け心地やハイカーブな偏光グラスが苦手な方におすすめです。

高橋祐次プロや井川弘二郎プロが愛用している、フレームの光反射を抑えるヘアライン処理が施されたマッドシルバーPROのフレームカラーのラインナップもあります。

ITEM
ティムコ サイトマスター ディグニティTi

サイトマスター”シーザーフリップ スクエアS”

普段使っているメガネに取り付けて使えるシーザーフリップ スクエアS。3段階の跳ね上げポジションができ、薄型でメガネとの一体感を高めやすいのが特徴です。

度付きの偏光グラスだと視力変化に対応しづらい、また価格面でなかなか手が出ないといった方はぜひ使ってみてください。

ITEM
ティムコ サイトマスター シーザーフリップ スクエアS
度付きの偏光も考えていたけど、視力変わると使えないから迷ってた時これ見つけた!殆どの眼鏡に合うので完璧!!!

サイトマスター”ウェッジ”

ウェッジは、ウェリントンフレーム×8カーブを組み合わせた、シャープなデザインのモデル。ミディアム・ラージの8カーブレンズは、広い視野をもたらしてくれます。

当たりの柔らかいノーズパッドは、自分にジャストフィットする位置を微調整出来ます。

ITEM
ティムコ サイトマスター ウェッジ

掛けてて疲れないし、デザイン良し。非常に満足してます!


サイトマスター”サイトマスターキッズ”

サイトマスターキッズは、お子様向けの偏光グラス。こちらのモデルは、割れにくいポリカーボネイト製レンズを採用しています。

キッズ向け釣り用偏光グラスはほとんど種類が無いので、ぜひお子様と釣りをする際にはこちらの製品を掛けて、目の保護を心がけてください。

ITEM
ティムコ サイトマスター サイトマスターキッズ

バス釣りに興味を持ち始めた小1の息子に購入。最初は目の保護の為に安物のサングラスを使わせていましたが、大人だけ偏光で水面下が見えるのは可哀想に想い、奮発して買ってやりました。魚が見える!!と子供は大喜びです。


サイトマスター各レンズの特徴と使い分け方

サイトマスターには、全部で10種類のレンズカラーがあります。レンズカラーは天候や目的によって使い分けることで釣果につながります。ここでは各レンズカラーの特徴と使い分けを見ていきましょう。

ディープブラウン

出典:TIEMCO
可視光線透過率20%

偏光度99%以上
可視光線透過率が最も低いディープブラウンは、日差しが強い晴れの日におすすめしたいレンズカラー。サイトマスターのディープブラウンは眩しさを抑えつつも、明るく感じられます。

クリアウォーターにおける魚影の見やすさも高いカラーです。

スーパー・ライトブラウン

出典:TIEMCO
可視光線透過率34%

偏光度95%以上
スーパー・ライトブラウンはサイトマスターイチオシの愛用者がとても多いレンズカラーです。曇りの日の使用が適していますが、晴れの日においても問題なく使用出来ます。

今までサイトマスターを持ったことが無い方に、最初のレンズカラー候補の一つとしてチェックしてもらいたいカラーです。

ラスターオレンジ

出典:TIEMCO
可視光線透過率36%

偏光度95%以上
ラスターオレンジは、曇りや雨の日におすすめのレンズカラー。明るさとコントラスト性能のバランスが良く、スーパー・ライトブラウンとイーズグリーンの中間的な見やすさがあります。

イーズグリーン

出典:TIEMCO
可視光線透過率44%

偏光度90%以上
可視光線透過率が最も高いイーズグリーンは、曇りや雨、またマズメ時におすすめ。人間が最も明るく感じる波長にピークを設定してあり、目が疲れにくいカラー。

また見えやすさは多少犠牲となりますが、晴れの日において一段深いレンジに居る魚を見つけやすいレンズカラーでもあります。

ライトローズ

出典:TIEMCO
可視光線透過率34%

偏光度95%以上
ラインナップに後発で追加されたライトローズは、自然な見えやすさを確保しながら、コントラストが強めに出て見やすいレンズカラーです。

魚を直接見つけるのはもちろん、ウキやラインの動きが見やすいことも特徴です。

スーパー・セレン

出典:TIEMCO
可視光線透過率24%

偏光度99%以上
スーパー・セレンは、コントラストがはっきりと出やすい、サイトフィッシングに最適なレンズカラー。晴れの日に砂質のシャローを回遊するバスや、水中にある障害物を見やすいのが特徴です。

スーパー・ライトグレー

出典:TIEMCO
可視光線透過率34%

偏光度99%以上
自然な見やすさで人気のスーパー・ライトグレーは、スーパー・ライトブラウンと同じく最初に選ぶレンズカラー候補としておすすめカラーです。

スーパー・ライトブラウンよりもどちらかといえば晴れの日向けですが、曇りの日の使用も問題ありません。

ライトブラウン・シルバーミラー

出典:TIEMCO
可視光線透過率25%

偏光度95%以上
ライトブラウン・シルバーミラーは、快晴でコントラストをはっきりさせたいときにおすすめ。例えば太陽光+水面の反射が強い時に、眩しさを抑えつつ水中の障害物や魚のコントラストをはっきり見ていきたい時に使ってみてください。

ライトグレー・シルバーミラー

出典:TIEMCO
可視光線透過率25%

偏光度99%以上
ライトグレー・シルバーミラーは、眩しさを抑えつつ自然な見えやすさを重視出来るレンズカラー。快晴で眩しさを抑えたいけれども、ディープブラウンでは色濃さが気になるという方は、ライトグレー・シルバーミラーのほうが向いているかもしれません。

イーズグリーン・シルバーミラー

出典:TIEMCO
可視光線透過率35%

偏光度90%以上
通常のイーズグリーンよりも眩しさが抑えられるイーズグリーン・シルバーミラー。眩しさを抑えつつ、イーズグリーンの特徴である明るい視界が得られます。

曇りでたまに日差しがある、水面が波立っていて反射する等の状況では、シルバーミラー加工が施されたこちらのレンズをおすすめします。

プロも愛用しているサイトマスターを要チェック!

 

出典:TIEMCO
サイトマスターの性能の高さは、釣りを生業としているプロ達が愛用していることからも理解出来るでしょう。様々なフレームタイプ、レンズカラーがあるので、ご自身に合った偏光グラスが見つけられるはずです。ぜひサイトマスターをチェックしてみてください。

▼偏光グラスと普通のサングラスの違いを解説


紹介されたアイテム

ティムコ サイトマスター オプティモ
ティムコ サイトマスター ミセラ
ティムコ サイトマスター キネティック
ティムコ サイトマスター マニフィコ
ティムコ サイトマスター インテグラル
ティムコ サイトマスター キャノピー
ティムコ サイトマスター バレル
ティムコ サイトマスター ディグニティT…
ティムコ サイトマスター シーザーフリッ…
ティムコ サイトマスター ウェッジ
ティムコ サイトマスター サイトマスター…
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD