中古リールを選ぶときの注意点!絶対に見逃せない8つのポイント

2018/06/21 更新

新品のリールよりも安く買えたり、絶版になった憧れのリールが買えたり、なにかと便利な中古リール。しかし中古リールのトラブルが増えていることをご存知でしょうか?損をしないための中古リール選びを詳しく解説します!


アイキャッチ画像撮影:TSURI HACK編集部

中古リールについて

中古リールの画像
撮影:TSURI HACK編集部
新品を買うよりも安く買えたり、廃版製品を買えたりと、魅力にあふれる中古リール。しかし中古である以上、トラブルがつきものです。中古リールの実態に迫りましょう。

判断できるのは外見と動作だけ

中古リールを買う際、外見と動作の確認しかできません。つまりリール内部の状態を確認する術がないということです。

中身が見えないリスク

きれいで正常に動作するリールであっても、壊れていることがあります。代表的な例を挙げると、“パーツの固着”。

劣化した油や塩の結晶でパーツ同士が固着し、場合によっては分解ができず“メンテナンス・修理”が一切できないこともあります。

オーバーホール・修理に出す覚悟

程度差はありますが、“中古リール=劣化したリール”です。新品に比べて経年劣化が進み、ひょっとすると故障寸前の状態かもしれません。

「壊れたら直そう」という気持ちを持っておくべきでしょう。

パーツの供給停止問題

シマノ・ダイワは、パーツの保有期間が廃版後6年で、それ以降はパーツが欠品していきます。

2014年式のシマノ『ステラ』を例に挙げると、2018年に廃版になったので、2024年まではパーツの保有が約束されています。

それ以降は在庫を供給するのみで、再生産はされません。パーツの在庫がなくなると修理不能品となり、メーカーでの修理・オーバーホールが受けられなくなります。

改造リール

高価なカスタムパーツが付いたリールを、お得な値段で買えますが、デメリットも把握しておきましょう。

社外パーツが入ったリールは、メーカーでの修理・オーバーホールが受けられません。メーカーに預ける際は、社外パーツをすべて取り外す必要があります。

カスタムパーツによっては性能が下がったり、クセが強くなっている個体もあり、知識がない限りは避けた方が無難でしょう。

プレミア化

中古リールの中には、さまざまな理由で、定価よりも高い価格で取引される機種もあります。

エリアトラウトで高い評価を得た、ダイワの『シルバークリークZ』や『05イグジスト ハイパーカスタム』は代表例。

製造から10年以上たってから、10万円を超える価格で取引されたものもありました。

中古リールの注意点<スピニングリール>

中古釣具の画像
撮影:TSURI HACK編集部
スピニングリールは複雑な構造のため、しっかりと現物を確認して吟味したいところ。中古スピニングリールの注意点を集めてみました。

全体の雰囲気から前オーナーを想像

中古リールの画像
撮影:TSURI HACK編集部
まずは全体を眺め、各部の傷や使用感を確認しながら、前オーナーの使用環境を想像しましょう。

リールフットなどの避けられない傷は仕方がありませんが、置き傷には注目。ローターやボディのエッジに傷が多いリールは、地面に置いて使われていたことが分かります。

中古リールの画像
撮影:TSURI HACK編集部
対照的に“おしり”の部分に傷が少ない個体は、かなり丁寧に扱われていたと想像できるでしょう。

スプールエッジの傷・歪み

中古リールの画像
撮影:TSURI HACK編集部
スプールの傷や歪みは、使用上の不都合に直結します。まず注意すべきはスプールエッジの傷で、ラインブレイクにつながるので、絶対に避けましょう。

スプールは外圧によって簡単に変形します。表面が波打っていないか、歪みがないかチェックしましょう。

ラインローラーの回転

中古リールの画像
撮影:TSURI HACK編集部
ラインローラーは常に海水にさらされるパーツで、塩噛みによる回転不良を起こします。しかしラインローラーの不良は、ラインを通してリールを巻かなければ分かりません。

可能であれば、お店に了解を得たうえで、持参した糸でラインローラーを動かしてみましょう。ベアリングの不良に起因するため、パーツ交換で直るケースが多いです。

メインシャフトの歪み

中古リールの画像
撮影:TSURI HACK編集部
メインシャフトの歪みは、致命的な欠陥です。ハンドルを回したときに上から見ると、スプールにブレが生じているはず。

周りのパーツにも悪影響を与え、いわゆる“修理しても直らない”状態に陥ります。スピニングリールでは必須のチェックポイントでしょう。

ドラグの動作

中古リールの画像
撮影:TSURI HACK編集部
ドラグの動作もしっかりと確認しましょう。ノブを回すことで、ドラグが締まる・緩まるかをチェック。ドラグワッシャがすり減るとドラグの効きが甘くなります。

これとあわせてドラグ音が鳴るかも確認しておきましょう。スプール内の音出しピンがなくなり、音が出なかったり、ムラがあったりする個体があります。

ベールの動作・ベール下がり

中古リールの画像
撮影:TSURI HACK編集部
ベールの開閉動作は必ず確認しておきましょう。長年使われたリールは、内部のスプリングが劣化し、ベールの戻りが悪くなります。

古くなったダイワリールによくみられる、『ベール下がり』。ベールアーム部の摩耗に起因するといわれ、ベールがローター側へ傾く現象。

スプールへのラインの巻き取りが偏り、ライントラブルの原因です。同じ機種が複数個あれば、傾きがないか見比べてみましょう。

ワンウェイクラッチ

中古リールの画像
撮影:TSURI HACK編集部
こちらも古くなったダイワリールに多い、“ハンドル逆転現象”。原因はボディ内部にあるワンウェイクラッチの故障です。

厄介なのが中途半端に壊れている個体で、ハンドルが特定の場所に来た時だけ、逆転する個体があります。

さまざまなハンドル位置で逆転がないか調べ、少しだけローターに逆方向の力を掛けてみましょう。

ローターナット

中古リールの画像
撮影:TSURI HACK編集部
スピニングリールは、メインシャフト部の防水をすることができません。メインシャフトを伝って海水が侵入し、ローターナットに達します。

メンテナンスがされていないリールは、ローターナットや内部のボールベアリングに錆が発生。錆によって固着し、メンテナンスに支障が出る場合も。

ローターナットに傷があるものは、ユーザーによって分解されている可能性があります。

中古リールの注意点<ベイトリール>

中古リールの画像
撮影:TSURI HACK編集部
ベイトリールは単純でシンプルな構造です。しかしパワーゲームで酷使されたリールも多いので、しっかりと目利きをすることが大切。ベイトリールの注意点を確認してみましょう。

全体の雰囲気から前オーナーを想像

中古リールの画像
撮影:TSURI HACK編集部
スピニングリール同様に全体をチェックしますが、注意すべき傷は“ボディ上部の傷”。ボディ上部が地面に接すると、スプールから砂が内部に入ります。

スプールの回転

中古リールの画像
撮影:TSURI HACK編集部
スプールの回転と、歪みがないかを見ます。回転中に変なブレがないかをチェックしましょう。スプールやスプールシャフトが変形していると、干渉音が発生するはずです。

クラッチの動作

中古リールの画像
撮影:TSURI HACK編集部
とくに海で使われたリールは、クラッチの動作確認は欠かせません。すこし前のベイジギングリールは、塩噛みと電解によって、クラッチが固着することが多くありました。

ドラグの動作

中古リールの画像
撮影:TSURI HACK編集部
長期間にわたってドラグを締めたままにすると、ドラグ部分が固着します。ワッシャの摩耗によって効きがあまくなるため、ドラグの出だしと締まり具合をチェックしておきましょう。

ブレーキの動作

中古リールの画像
撮影:TSURI HACK編集部
遠心ブレーキ・マグネットブレーキ・メカニカルブレーキを動作させましょう。故障することは少ないですが、念のために確認しておくことをおすすめします。

ワンウェイクラッチ

中古リールの画像
撮影:TSURI HACK編集部
スピニングリール同様に、ワンウェイクラッチの故障でハンドルが逆回転します。ベイトリールはワンウェイクラッチの故障が多いため、さまざまなハンドル位置で逆転がないか調べましょう。

ハンドルの歪み

中古リールの画像
撮影:TSURI HACK編集部
無理な力を掛けたり、落としたりするとハンドルが曲がることがあります。巻いているときに違和感やブレがないかを確認しておきましょう。

改造歴

中古リールの画像
撮影:TSURI HACK編集部
スピニングリールに比べて、改造された個体が多いベイトリール。とくにスプールやブレーキユニットのカスタムには注意が必要です。

極端なチューニングによって、汎用性が低いものや扱いにくいリールも。やはりリスクは高いといえるでしょう。

中古リールは楽しい

中古リールの画像
撮影:TSURI HACK編集部
中古リールの魅力はオンリーワンとの出会いではないでしょうか。最高の出会いのためには、じっくりと観察することが大切。リールの声に耳を傾けてみましょう。

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

TSURI HACK編集部
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします!

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!