オーバーゼア103Mを実釣インプレ!21ジグキャスターと比べてみて気付いたコト


撮影・文:TSURI HACK編集部
sponsored by:グローブライド株式会社

ダイワのオーバーゼアが気になる

オーバーゼア ダイワ エントリーモデルサーフ&堤防+αからのルアーゲームのを快適に楽しめるマルチルアーゲームロッド

“なんでもロッド”が謳い文句のダイワ・オーバーゼアのエントリーモデル。みんな大好きなフレーズですよねぇ(笑)

価格も1万円台とお手頃価格で、万能にいろいろ使えちゃうなら気にならないわけがない!

ということで借りてきました〜。

オーバーゼア 103M インプレ
同じくダイワが展開する、ショアジギロッドのエントリーモデル「21ジグキャスター」を使い込みインプレした編集部ノグチが、オーバーゼア・21ジグキャスターの比較を交えつつお届けします!

編集部

ノグチ
オーバーゼアorジグキャスターで悩めるあなた!
参考になれば嬉しいです。


▼21ジグキャスターを実釣インプレ

オーバーゼアシリーズのラインナップ

シリーズ使用するフィールド価格帯
オーバーゼアサーフ・堤防・ゴロタ/小磯22,500~24,500円
オーバーゼアAIRサーフ・堤防・ゴロタ/小磯32,000~34,000円
オーバーゼアAGSサーフ・堤防・ゴロタ/小磯64,000~66,000円
オーバーゼアグランデ堤防・ゴロタ/磯・沖磯45,000~52,000円
オーバーゼアのラインナップは全部で4機種。

サーフはもちろん、ライトショアジギング〜地磯・沖磯でのヒラマサ狙いのショアジギング番手まで網羅されています。

編集部
ノグチ
AIRでは、ミッチー高橋氏が日本記録のオオニベを仕留めています!あれにはびっくりw

オーバーゼア(エントリーモデル)のスペック

品番全長(m)自重(g)継数(本)仕舞寸法(cm)ルアー重量(g)ジグ重量(g)ナイロンライン(lb)PEライン(号)本体価格(円)
97M2.92172215110~4510~508~160.8〜2.022,500
103M3.12175216010~4510~508~160.8〜2.023,000
109ML/M3.2818021687~457~508~160.8〜2.023,500
1010M/MH3.30200216910~6010~658~200.8〜2.024,000
911M/MH3.02175215610~6010~658~201.0〜2.523,500
103MH3.12190216015~6012~6510~201.0〜2.524,000
109MH3.28206216815~6012~6510~201.0〜2.524,500
21ジグキャスターの近しい番手と比較すると、ジグキャスター100M・Nの自重が210gに対し、オーバーゼア103Mは175g。

長さの勝るオーバーゼアの方が約35gも軽いんですね。

編集部

ノグチ
アングラーへの負担の多いショアジギングシーンでは、この自重差は大きいですね。

ライトショアジギングには103Mがイイ感じ!

オーバーゼア エントリー インプレ
なんとなくサーフロッドのイメージが強いオーバーゼアですが、ライトショアジギングにど真ん中なラインナップが展開されています。

とくに今回使用した103Mは、ジグ重量が10~50gまで投げられるのでシチュエーションを選ばずに使用できますよ。

今回のタックルセッティング

ダイワ オーバーゼア タックルセッティング

■タックルセッティング

  1. ●ロッド:オーバーゼア103M
  2. ●リール:セルテートLT5000D−CXH
  3. ●ライン:PE1.5+リーダー8号
メーカーの推奨するフィールドは、『ゴロタ/磯』までですが、今回はあえて沖磯をチョイス。

ただ、釣果がでているサイズはイナワラクラスということで、セッティングはライトめで組んでいます。



オーバーゼアのファーストインプレッション

オーバーゼア インプレ キャスト 
まず初めに感じたのが、その“軽さ”

もちろん、上位機種やハイエンドクラスの軽さには及びませんが、太いバットから一瞬「重そうだな……」と思っちゃうんですよね。

ただ、手元重心ということも合わさってか、持ち重り感は気にならない軽さです。

オーバーゼア ティップ 柔らかい また、ジグキャスターに比べてしなやかなのがオーバーゼアの特徴。

7割程度の力の入れ具合でも、ベリーからバット部分がよく曲がってくれるのでジグがぶっ飛んでいきました。

編集部

ノグチ
ジグの重さを乗せやすいので、これからショアジギングを始める方にはもってこいなロッドですよ。

キャストフィール

▼オーバーゼアのキャスト動画

▼21ジグキャスターのキャスト動画

オーバーゼアと21ジグキャスターのキャスト動画を見比べてみましょう。

前述した通り、オーバーゼアの方がジグの重さをのせやすいので、全力で投げずともしっかりと飛ぶな。という印象を受けました。

ただ、振り切った際にオーバーゼアの方がティップが暴れるので、反発の強いロッドが好みの人はジグキャスターの方が気持ちよく投げられるかな。と思います。

編集部
ノグチ
ジグキャスターよりオーバーゼアの方がリリースポイントが広い印象。
力まずとも飛んでくれるので、ミスキャストも少なかったです!

シャクってみて感じたこと

▼オーバーゼアのシャクり動画

▼21ジグキャスターのシャクり動画

同じ30gのジグをシャクってみて……個人的な感想ですが、ティップからベリーにかけてしなやかさがあり低反発なので、ジグのしゃくりやすさはオーバーゼアに軍配があがります。

ジグを跳ねさせてアピールしたい方はジグキャスター。ナチュラルに動かしたい方はオーバーゼア。という感じでしょうか。

オーバーゼアで実際に魚をかけてみて感じたこと

オーバーゼア ダイワ インプレ
今回のロケではイナダクラス一本の釣果でしたが、バラしも含め十分にロッドの性能を感じることができました!

オーバーゼア インプレ ファイト
少しわかりづらいですが、手前3~5mまで根が入っており、沖で魚を浮かせてから寄せないといけないシチュエーション。


ロッドの粘りを利用して魚を浮かしてきます、が……。

なんと、掛けた魚がサメに襲われるというハプニングが!!

ここからはかなり強引に魚を浮かせて、なんとかキャッチ!

編集部
ノグチ
バラし続きだったので、絶対に逃せないファイトでした(笑)


オーバーゼア 青物 ショアジギング インプレ
粘りがあり、魚をしっかり浮かせてくれるパワーを体感!

堤防やサーフなど障害物が少ないフィールドでは、必要十分なパワーがありますよ。




オーバーゼア|ルアーごとの使用感

参考までに、今回色々なルアーを投げてきたので、使用感をお伝えします!

ジグ(30〜45g)

オーバーゼア 30・40g ジグ
ライトショアジギングの場合、メインで使うことになるのがこの30~45g。

タングステンから鉛、扁平まで色々と使ってみましたが、この辺りのジグは形状問わず快適にシャクることができます。

ただ、10g前後の軽量ジグは軽すぎるためか操作性に欠けました。
編集部
ノグチ
ティップ〜ベリーにかけて仕事をしてくれるので、ワンピッチジャークが非常にやりやすい!
個人的にジグキャスターよりも3、40gはシャクりやすい印象です。

ジグ(50〜60g)

オーバーゼア 50g ジグ50gのジグに関しては、ロッドにジグの重さが乗りすぎる感がありました。あえて60gのジグも使ってみましたが、キャストに気をつければ問題はありません。

この重さのジグになると、細身のジグの方がシャクりやすいですね。
編集部
ノグチ
堤防でも潮がぶっ飛んでいると、5、60gも必要になる時があるので、対応できるのは嬉しいですね。

ミノー

オーバーゼア ミノー
ミノーの使い勝手はとてもGOOD!

ティップ〜ベリーにかけて柔らかいので、ルアーの動きが手元に伝わってきます。

上の写真にはありませんが、ワームの操作感もいい感じです。20g前後のウェイトもしっかり乗せられるので、ストレスなく使えるのは嬉しい点。

編集部
ノグチ
今回バイトはなかったですが……ミノーやワームでのバイトは乗せやすいと思いますよ。

トップウォータープラグ

オーバーゼア トップウォーター
今回足場が高いフィールドだったので、あまり出番はありませんでしたが、ハリの強いジグキャスターの方が、アクションがつけやすい印象です。

とくにダイビングペンシルは、ロッドが曲がりすぎてしまいオーバーゼア103Mには向いていないと感じました。

編集部
ノグチ
小型のトップウォーターや細かくアクションをさせる操作性はGOODです!
ただ109MHは、14cm前後のダイペンまで問題なく使用できるとのこと。試してみたかった……

鉄板・スピンテールジグ

オーバーゼア 鉄板 スピンテール ジグキャスターに比べ巻き抵抗は感じますが、バットパワーの恩恵か、巻き続けてもそれほど負荷は感じません。

編集部
ノグチ
無理なく使えるという感じですね!
ショアジグロッドよりもバイトを乗せやすくまさに“なんでもロッド”ということですね。

ライトショアジギングのスタンダードロッド!

オーバーゼア インプレ
シーバスロッドを強めにした印象を受けるオーバーゼア、対してショアジギングロッドの強さを感じるジグキャスター。

小規模な堤防やサーフ、小磯であれば使い手を選ばないオーバーゼア。

沖磯や地磯、水深の深い大きな堤防をメインにするのであれば、ジグキャスター。

どちらも1万円台というエントリー機種ですが、はじめるには十分な性能だと実感できました!

これからライトショアジギングを始めたい! という方は、ぜひお店で触ってみてくださいね。

関連記事


TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします。公式SNSでも最新情報を絶賛配信中です!