【1万円台でこんなに良いの!?】噂のハイコスパリール“21フリームス”を徹底インプレッション


sponsored by 株式会社グローブライド
撮影・文:TSURI HACK編集部

1万円台でこんなに良いの!?

21 フリームス

実売価格15,000円ほどで購入できてしまうエントリーモデルです。

「安価で買える入門機=それなりのクオリティ」という先入観があった筆者。

参考までにと『21 フリームス LT4000-CXH』を磯場のライトショアジギングで使ったみたのですが……。

考え方がまるで変わってしまいました笑


巻き感、剛性、実釣性能……etc.

エントリーモデルとはいえ、『21 フリームス』は十分な実釣性能を秘めていましたよ。

21フリームスの基本スペック


ボディーとローターには、新しいカーボンハイブリッド樹脂「ザイオンV」を搭載。

前作の「DS5」を使ったボディよりも、軽さや剛性の向上につながっています。


スプールには、上位機種にも搭載されている「LC-ABS」が搭載。

またドラグには、魚の動きに追従してドラグ力がコントロールされる「ATD」が採用されています。

これは前作同様ですが、上位機種でも搭載されている定評ある機構です。


低価格である所以は、今やダイワの代名詞とも言えるモノコックボディーが非搭載であること。

その他、ボールベアリング数が少ないことなどが挙げられるでしょう。
番手ギア比巻き取り長(cm)標準自重(g)最大ドラグ(kg)ハンドル長(mm)ベアリング/ローラー(個)ナイロン標準糸巻き量(lb-m)PE標準糸巻き量(号-m)
FC LT1000S5.2641805.0405/12.5-1000.3-200
FC LT2000S5.2681855.0405/13-1500.5-170
FC LT2000S-XH6.2811855.0405/13-1500.5-170
LT25005.37520010.0505/16-1500.8-200
LT2500-XH6.28720010.0505/16-1500.8-200
LT 3000-C5.38021010.0505/110-1201.2-190
LT 3000-CXH6.29321010.0555/110-1201.2-190
LT30005.27722510.0555/110-1201.2-190
LT 3000-XH6.29322510.0606/110-1201.2-190
LT 4000-C5.28223512.0605/112-1501.5-200
LT4000-CXH6.29923512.0605/112-1501.5-200
LT5000-CXH6.210525512.0605/114-2302.0-300
LT6000D-H5.710132512.0655/120-2503.0-300
 




十分すぎる実釣性能


ここからは実釣を通じて、気づいたことをまとめていきたいと思います。

上位機種と遜色ないキャスト性能


まずはキャスト性能。

30g〜40gのジグを投げたところ、平均100m以上は飛ばせました。

さすがは「LC-ABS」搭載リールといったところ。十分以上の性能です。


メタルジグはもちろんのこと。

飛距離が落ちやすいトップウォータープラグも、潮目の向こうまで投げ込めました。

ドラグ性能ももちろん良い


次にドラグ性能。

こちらもスプール同様に、上位機種と同じ「ATD」搭載なので、非常に安心感があります。


ドラグノブも大型ノブ採用。

ファイト中のドラグ調整も非常にやりやすかったですよ。


一点気になるのは、ラインローラー。

ベアリング非搭載なので、スムーズさは若干かけます。

ラインローラーの回転性能を上げたいのであれば、カラーをベアリング(1個)に交換したいですね。

自重はちょうど良い


今回した『21 フリームス LT4000-CXH』の自重は235g。

じつは上位機種にあたる『19 セルテートLT4000-CXH』や『21 カルディア LT4000-CXH』とほとんど同じ重さなのです。
リール重さ
18 イグジスト LT4000-CXH205g
19 セルテート LT4000-CXH235g
21 ルビアス エアリティ LT4000-CXH200g
20 ルビアス LT4000-CXH215g
19 バリスティック LT4000-CXH210g
21 カルディア LT4000-CXH230g
21 フリームス LT4000-CXH235g
さすがに他の機種より軽いことはありませんが、十分な軽さ。

とくに今回のようなライトショアジギングでは、9ft後半から10ft台のロッドを使用します。

そのため、ある程度重さがあるリールの方が、タックルバランスを合わせやすいものが多いはずです。

低価格らしい面も

さすがに1万円台のリール。

現在発売されている上位機種と比較すると、当然劣る面もいくつかあります。

巻出しの重さ


巻出しは、どうしても重さを感じてしまいますが、“しんどい”というほどではありません。

リールに慣性の力が働くまでの一瞬、ハンドルを強めに押し出さなければならないというイメージです。

リールが回り始めれば、問題なく軽い力で回り続けてくれます。


個人的にはワンピッチジャークや早巻き主体のリーリングでは、そこまで気にすることなく使えました。

ただシーバスフィッシングで使うような、中速〜低速域では巻出しの重さゆえ、安定感のあるリトリーブがやりづらいかもしれません。

パワーは少し気になる


魚とのやりとりをする際、全体的に巻きが重く感じました。

さすがに「モノコックボディー × 大型ギア」を搭載した、上位機種の使用感とは差があります。

とはいえ、PE1.5号程度の強さであれば、巻けなくなるようなことはありません。

“こういうもの”と思えば、問題なく使用できるレベルです。



21フリームスはこんな感じで使いたい

メイン機として


このリールであれば、メインで使う一台としても十分に満足できると思います。

魚がいるところまでルアーを飛ばせること、一通りの操作が問題なくできることが重要です。

巻きも慣れてしまえば、そこまで気にならないと思います。

ただし長く使うのであれば、ベアリングの追加など、少しだけカスタムをしてあげると良いかもしれません。

サブ機として


不意の事故でリールが壊れて即帰宅……。

そうならないように、予備のリールは極力持っておきたいですよね。

『21フリームス』なら一万円台なので、比較的購入しやすく、実釣でも十分以上に使えるはずです。

とくに同じような自重のリールを使っている方であれば、タックルバランスも合わせやすいのでオススメですよ。

万能機として


普段はシーバスだけど、たまにライトショアジギングもしてみたい。

またライトゲーム主体だけど、エギングなども挑戦してみたい。

そんな時のために、比較的多くの釣りで使える“万能番手”を購入しておくのも良いと思います。

▼おすすめ番手:『21 フリームス LT4000-CXH』

対象釣りジャンル:ライトショアジギング、シーバス、サーフ、ロックフィッシュなど

外洋系バーサタイルな番手。エクストラハイギアかつ、小型ボディー大型スプールを搭載した4000-CXHであれば、ミドル級ターゲットを狙った釣りで使いやすいです。

ITEM
ダイワ 21 フリームス LT4000-CXH
ギア比:6.2
自重:235g
最大ドラグ力:12kg
巻取り長さ:99cm
ナイロン糸巻量(lb-m):10-190/12-150/14-130
PE糸巻量(号-m):1.2-310/1.5-200/2.0-170

▼おすすめ番手:『21 フリームス LT2500』

対象釣りジャンル:ライトゲーム、エギング、シーバス、チニングなど

柔らかいショートロッドにも合わせやすい番手。ノーマルギアなので、繊細な操作が必要なライトゲームでも使いやすいと思います。

ITEM
ダイワ 21 フリームス LT2500
ギア比:5.3
自重:200g
最大ドラグ力:10kg
巻取り長さ:75cm
ナイロン糸巻量(lb-m):4-230/6-150/8-100
PE糸巻量(号-m):0.6-290/0.8-200/1.0-190

想像以上の実釣力


間違いなく価格以上のクオリティであった『21フリームス』。

高価格帯、上位機種に注目が集まりがちですが、低価格帯も想像以上の進化を遂げているのですね。

これからリールを選ばれる方は、ぜひ候補の一つに入れてみてはいかがでしょうか?

関連記事


紹介されたアイテム

ダイワ 21 フリームス LT4000-…
ダイワ 21 フリームス LT2500
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします。公式SNSでも最新情報を絶賛配信中です!