ラグゼ コヨーテSを実釣インプレ!ベイエリアにドンピシャの理想的LSJロッドでした


アイキャッチ画像撮影:TSURI HACK編集部

コヨーテSがイケてるらしい。

コヨーテSの画像
こんにちは、編集部しみけんです。

今回は、がまかつのライトショアジギングロッド「ラグゼ コヨーテS」をインプレッションします。

コヨーテSは発売から1年が経過しているロッドなのですが、釣具店時代の同僚から「よく売れていてモノも良くできているよ」との評判を耳にしまして……

「それなら使ってみたい」ってことで、がまかつからレンタルして青物を釣りまくってみたので、その使用感をお届けします!

コヨーテSのラインナップ

モデル希望本体価格(円)標準全長(cm/ft)標準自重(g)仕舞寸法(cm)パワー使用材料(%)継数(本)ルアーウエイト(g)適正PEライン(号)先径(mm)グリップ長(mm)
S96M28,000290/9’6″215150.0MC99.0/G1.0220-400.8-1.51.8430
S96MH29,000290/9’6″235150.0MHC99.0/G1.0230-500.8-1.51.8440
S100MH29,500305/10’0″245158.0MHC99.0/G1.0230-500.8-1.51.8440
S100H30,500305/10’0″245158.0HC99.0/G1.0240-651-21.9460
S100XH32,000305/10’0″275158.0XHC99.0/G1.0250-801.5-32.1480

ベイエリアには96Mがいい感じ

コヨーテSの画像
全5機種の中でも、都市近郊エリアの堤防や沖堤防、サーフといった、いわゆる“一般的なフィールド”におすすめなのが「S96M」。

シリーズ最軟調ということもあり、公式HPでは“シーバスロッド感覚で操作できる”と謳っていますが、はたして……。

このS96Mを3日間使い倒したので、キャストフィールやルアー別の使用感、魚の掛け心地を詳しくインプレします。

実釣時のタックルセッティング

コヨーテSの画像
ロッド:ラグゼ コヨーテS S96M

リール:ツインパワーXD 4000HG

ライン:PE1.5号+フロロリーダー6/8号



1日振り続けられる軽さ

コヨーテSの画像
自重215gはライトショアジギングロッドの中ではまずまず軽量な部類ですが、実際に使ってみるとカタログスペック以上に軽く感じます。

筆者は普段180g台のシーバス系ロッドをLSJに使っていますが、それと比べても「重い」という印象がありません。

キャスト時のウエイトの乗り方や振り抜けの良さ、ジャーク時のブレの少なさによって、体へ掛かる負担が少なく、持った時の軽さに加えて1日使い続けて体感する軽さ(疲労感の少なさ)があります。

4.5万円のキャストフィール

35gメタルジグのキャスティング
キャストフィールに関しては、しなやかな竿と硬い竿の“いいとこ取り”という印象。

ベースはしなやかな竿なので、テイクバック時にウエイトが乗りやすく、リリースポイントがシビアではないという扱いやすさがあります。

しかし、右手のリストを返すあたりからの反発力、フォロースルー時のブレの収束に関しては、1ランク硬いロッドに感じるほど。

このしなやかさで、スリークォーターで投げてもこれだけ穂先周辺が暴れないのはかなり優秀だと思います。

ブレが少なくて収束が早いため、雑に手投げしても8m/sの向かい風で投げ続けても、糸絡みは一度も起こりませんでした。

「キャストフィールは4.5万円」といった印象です。

ジャーク時のブレも少ない

35gメタルジグのワンピッチジャーク
キャストと同様にジグをシャクっても、しなやかさの中にシャープさを感じました。

柔らかいロッド特有の腰砕け感(横方向へのブレ)がかなり少なく、縦方向にシャクれば、穂先が一度真下に絞り込まれ、そこから真上に戻ってきてくれます。

ロッドのパワーロスが少ないので無駄に力を入れることなく、スローからハイスピードまでリズミカルにジャークできます。

最小限のドラグでファイトできる

コヨーテSの画像
2.5kgクラスのハマチ(イナダ)をドラグフルロック状態での曲がり
コヨーテSは曲げ込んでファイトできるため、かなり楽しいロッドです。

ガチガチのショアジギングロッドとは異なり、ドラグを締めこんで磯竿やのべ竿のようにファイトできるので、竿を曲げたい派の方にはドンピシャでしょう。

実釣時は、2.5kgのハマチ(イナダ)や2kgのシオ(ショゴ)をドラグフルロックで楽に引きずり回せました。

コヨーテSの画像
2kgクラスのシオを足元でフルロックで締め込んだ際の曲がり
ロッドが魚に追従してライン・フックへの負荷を軽減してくれるため、ドラグはギリギリまで締め、ドラグで糸を出してファイトするのではなく、竿で魚を締め込むようなファイトがおすすめです。

しなやかな竿を使うとドラグを緩めたくなるかもしれませんが、曲がる竿こそドラグを締めこんでください。

ルアー別の使用感

コヨーテSの画像
ショアジギングとは言うものの、使うルアーが多様化している近年のショアジギングシーン。

青物狙いで使われることが多いであろうルアーごとの使用感を紹介します。

メタルジグ

コヨーテSの画像
公式HPでは“20〜40gのジグに対応”と記載されていますが、操作して気持ちがいいのは鉛の30〜45g、タングステンの30〜50gあたりでした。

20g前後のキャスティングは難なくできますが、シャクった時に竿が勝ち過ぎいて操作感が薄いです。

大型鉄板バイブ

コヨーテSの画像
30〜42gの大型鉄板バイブを使ってみたところ、非常に気持ちよく扱えました。

適正範囲を超えますが、42gも難なくフルキャスト可能。42gはシーバスロッドだとややオーバーウエイト感があるため、これを100点のフィーリングで使えるのは個人的に大きな魅力。

しなやかなロッドとは言え、シーバスロッドよりはフックに掛かる負荷が大きいため、青物を狙うのであれば太軸2フック仕様のルアーがおすすめです。

125mmクラスのミノー

コヨーテSの画像
鉄板と並んで青物狙いで多用される125mmクラスのミノーもストレス無く使えます。

ロッドにウエイトが乗るので飛行姿勢を安定させやすく、強い向かい風を受けても回転せずに飛んでくれます。(さすがに固定重心は回ります)

取り回しが良いため、どの方向にもジャークしやすいところも好印象です。

スピンテール

コヨーテSの画像
ショアジギングロッドだと大型魚にフックを伸ばされがちなルアーですが、ドラグをそこそこ締め込んでもロッドが粘ってフックへの負荷を吸収してくれるため、2kgクラスのシオも不安なくキャッチできました。

青物を想定していないルアーが多いので過信は禁物ですが、ドラグによるラインの放出が最小限で済むため、一般的なショアジギングロッドよりははるかに扱いやすいと思います。

トップ

コヨーテSの画像
ロッドが軽くてしなやかなので、20〜50g程度のトップウォータープラグもストレスなく扱えます。

ベイエリアは青物用の大型トップではなかなか食ってこないため、小ぶりなポッパーやペンシルが扱いやすいのはかなり嬉しいところです。

ジグヘッドワーム

コヨーテSの画像
30g前後のジグヘッドも快適に使えますが……シーバス系のジグヘッドを使う場合は少しドラグ設定に気をつけてください。

試しにフルロックにしたところ、VJ28(コアマン)のフックは2kgクラスのシオに伸ばされてしまいました。



MとMHで悩んだら……

コヨーテSの画像
コヨーテSを検討しているいる方の中には、MとMHで迷われる方も多いと思います。

S96MHとS100MHもしっかり使い込んだので、筆者なりのMとMHの違い、選ぶ基準についてお伝えします。

両者とも40gの使用感は100点

S96MHの45gメタルジグのキャスティング
カタログスペックを見ると、「40gのジグを使うんだったらMH」と思うかもしれませんが……

筆者の基準では、MもMHも40gのジグは100点のフィーリングで扱えます。とは言え、使用感とジグの動きが同じというわけではありません。

 
45gメタルジグのワンピッチジャーク
Mに40gのジグを組み合わせた場合、ジグのウエイトが竿の反発を適度に殺してくれるため、おそらく海中のジグはスイミング気味にアクションしているはずです。(オフショア風に表現すると、ローレスポンスのようなイメージ)

それに対してMHは反発力が強くて糸フケも多く出るため、同じようにシャクってもジグのスライド幅とフォールの幅が大きくなります。

もちろん、30gのジグやシーバス系ルアーの使い心地はM、50g以上の重いジグへの対応力はMHが勝るため、この辺りの優先度で選択するのがいいでしょう。

獲れる魚のサイズは変わらない

コヨーテSの画像
S96MHの曲がり(2kgのシオをドラグフルロック状態)
どちらも魚を掛けてしっかり曲げ込んでみましたが、正直なところ、MもMHも獲れる魚のサイズやファイトの安心感はほぼ変わらないと感じました。

おそらく、Mでも楽にブリを釣り上げられるでしょうし、MHにしたところで良型のヒラマサやカンパチのキャッチ率は上がらないと思います。

そのため、「魚のサイズでパワーを選ぶのは得策ではない」というのが筆者の見解です。

まとめ

筆者なりの選択の基準をまとめてみました。迷った際は選考にしてみてください。

 

M

  1. 都市近郊エリアの堤防・沖堤防・サーフが中心
  2. メタルジグのウエイトは30〜40gがメイン
  3. シーバス系ルアー(鉄板・スピンテール等)の使用頻度が高い
 

MH

  1. メインは都市近郊エリアだが、深場・速潮への対応力がほしい
  2. メタルジグのウエイトは40〜50gがメイン
  3. シーバス系ルアーの使用頻度が低く、メタルジグ中心
 

3万円クラスのベンチマーク的存在だ!

コヨーテSの画像
コヨーテS、とくにS96Mは近年のライトショアジギングシーンのど真ん中を捉えたようなロッドです。

何かにわかりやすく特化したロッドではなく、カタログスペックからもイマイチ魅力が伝わってきませんが……

使ってみると、投げる・シャクる・魚を浮かせるという基礎能力に長けた竿だとわかるはずです。

“3万円クラスのベンチマーク”と言っても過言はない出来なので、気になった方はぜひ使ってみてください。
撮影:TSURI HACK編集部
sponsored by:がまかつ
ITEM
がまかつ ラグゼ コヨーテS S96M
ITEM
がまかつ ラグゼ コヨーテS S96MH
ITEM
がまかつ ラグゼ コヨーテS S100MH

関連記事


1
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします。公式SNSでも最新情報を絶賛配信中です!