全部5,000円以下。ソルトアングラーが手にしたい、必ず役立つ“11の秘密道具”をレビュー

「あるといいな」そんな便利グッズたち


新しい釣り道具を使うことは、釣りを楽しむ醍醐味の一つですね。

メインとなるタックルだけでなく、釣果をサポートしてくれる便利アイテムに拘ることで、より効率的に釣果を伸ばすことができるでしょう。

今回は「あるといいな」そんな便利なアイテムたちをご紹介してみたいと思います。

※本記事は株式会社ベルモントの提供でお送りします。

カーブダイヤモンドシャープナー(MP-149)


釣りが上手な人ほどルアーよりもフックに拘るとはよく聞く話ですね。釣り場で人よりも釣果を伸ばしたいなら、必ず持っておきたいフックシャープナー。


U字にカーブした形状が特徴のシャプナーは、フックを非常に研ぎやすいのがポイント。これなら釣り場でも研ぐ作業が非常に楽なのです。


またルアーボックスにも入るようなコンパクトサイズなため、このようにルアーと一緒に常に入れておけばOK。

小林
ルアー交換の度にフックをチェックして、針先が甘くなっていればその都度研いでいく。そんなこまめな使い方が可能です。

タフニウムストリンガー(MP-030)


釣った魚の鮮度を保つためにはクーラーボックスを持ち運ぶのが一番ですが、釣り場に持っていくのにはなかなか大変なことも多かったりもするものです。

そんな時にこの手のストリンガーを持っておくと非常に便利。


この日は40cmのヒラセイゴ、27cmのメバル、50cmのマルスズキが釣れましたがこの通り。

釣った魚は活かしたまま、海の中で泳がせておくことができます。釣りをしていても鮮度がキープできるので安心です。


アルマイトボディによるタフさも魅力。付属のカラビナを使い、写真のようにバッグにぶら下げてしまえば、持ち運びも非常に楽ちんです。

小林
とにかく少しでも身軽に釣り場に向かいたい、ランガンスタイルのルアーマンには必須アイテムと言えるでしょう。





ワンタッチツールバケット(BM-385・386)


釣具を持ち運ぶのに何かと便利なのはこの手のバゲット。

「サクッと釣具を詰め込んで、車で釣りにGO!」なんて場合に便利です。釣り場にそのまま持っていってもいいでしょう。

今回使用したのはオリーブグリーン(BM-385)ですが、色違いでキャメルブラウン(BM-386)も展開されています。


サイズ感は大きすぎず小さすぎず、持ち運ぶためには丁度良いサイズ。

場所を決めて一箇所で粘る釣りに最適。エサやルアー、バケツなど必要な物を持ち込んでじっくりと楽しめます。

車内用のタックルボックスとして使ってもなかなか良さそうですね。


小林
折りたたみが可能なので車に積んでおくこともできます。釣り以外のシーンでも、いざという時に何かと役に立ってくれそうです。

メタルフィッシュグリップミニ(MR-006・007)


普段バス釣りなどをしていると、ついついクセで海でも魚を素手で触ってしまいがち。しかし、海の魚はときに危険。そんなとき必ず持っておきたいのがフィッシュグリップです。

メタルな質感がなんともカッコよく、ミニサイズだから非常にコンパクト。バッグにぶら下げておくだけで、いざという時に役に立ってくれること間違いなし!


分かってはいるのですが僕は魚を手で触ってしまう……というか触りたくなってしまう性質のようで、いままで散々ケガをしてきました。

先日もヒラスズキを素手で触ってしまい、かなり深めの傷を負ってしまった(苦笑)

小林
おかげでリールを巻く度に痛む。こうならないためにもフィッシュグリップは持っておくべきなのです。



流石にこのサイズの魚は厳しいか? と思いましたがこの通り。ミニサイズと言えど、メタルならではの強度を感じます。

小林
また、先日も75cmのイナダもなんなく持ち運べたので、強度は申し分なしですね。

ライトロッドスタンド(MS-219)


サーフに行く時に持っておくと便利なのがコレ。ロッドよりも細く、ライトなロッドスタンド。仕舞い寸は53cmで最長80cm。

大きな三脚を持ち運ぶのは大変ですが、これぐらいのサイズなら、ロッドと一緒に携帯できます。


使い方は釣り方や狙う魚によって様々。僕はサーフでライトショアジギングをすることが多いので、このようにちょっと休憩したい時や、ロッドを2本持っていく際に重宝します。

サーフは安易にリールを置いてしまうと、あっという間に砂噛みしてしまいますからね。

小林
また、エサ釣りの場合であればキスを狙ったり、ブッコミ釣りにも最適でしょう。ライトながらもしっかりとした安定感があります。

メタル&PEラインシザース(MP-084)


PEラインはもちろん、鮎用のメタルラインもカットできる丈夫なハサミ。

PEラインが多くの釣りで使われますが、サクッと切れるハサミを持っていないと、扱いに煩わしさを感じるのも事実。このハサミならそんな煩わしさともオサラバです。


使うハサミによっては、カットに苦労するPEラインも、気持ち良いほどサクッと切れてしまいます。

小林
ギザ刃になっているのがポイントで、それによってラインを逃さずカットできるのです。

デジタルスケール(MP-129)


タックルバッグに忍ばせておけるコンパクトなデジタルスケール。普段の釣りをより一層楽しくしてくれるアイテム、とでもいいしょうか。

釣った魚の長さだけでなく、重さを測っておくことで、記憶に刻まれる一匹となりますからね。


持ちやすいように伸縮式のグリップがついています。


先日釣った75cmのワラサを計測してみました。あれ? 思ったより軽い(笑)

体感では5kgぐらいかなと思ったのですが、実際は思ったよりも軽いということもよくあります。これも釣りの楽しみのひとつですね。

小林
重さはkg、lb、ozなどにも対応。最大50kgまで計測が可能です。

ライトフィッシュグリップ(MP-146〜148)


小魚を狙うなら、フィッシュグリップは必ず持っておきたいですね。

こちらのアイテムは、フィッシュグリップ用のみならず、ウロコ取り、エサつかみなどにも使える三徳グリップ。


小型の魚が釣れた場合には、写真のように使えます。内側のギザギザが交互になっているので、しっかりと魚をホールド。


また分解することが可能なので、ギザギザの部分を使ってウロコ取りにもトランスフォーム。釣ったその場で下処理する際に重宝しますね。


更に先端が細くなっているので、イソメを掴んだり、エサ取りなどの口の小さな魚(フグやベラ)などをリリースする際にも良さそう。

小林
ライトゲームだけでなく、中型の魚の口を掴むことも可能なので、これ一個持っておけばそれなりに大きい魚まで対応可能なのです。





FISH PICK 一撃(MP-137〜139)


「釣った魚の旨味を、できるだけベストに保ちたい」と考える人は少なくないでしょう。

そのためには脳締めや、神経締めがかかせません。そんな億劫な作業を簡単にしてくれるのがこのアイテム。一見ただのコンパクトな棒ですが……


ネジ式で内部にピックが収納されていて、このように脳締めピックへと早変わり。

グリップ型になっているので、力を逃さずに脳締めすることができます。


魚を釣ったら眉間周辺、魚によっては目の横あたりに刺してやるだけで脳締めができます。

小林
これによって魚の旨味を保つことが可能になると言われているため、いつも以上に美味しくいただくことができます。

神経締め(MP-220〜231)


脳締めした後に合わせてしておきたいのが神経締め。

神経締めは脳締めと合わせてすることで、魚の旨味を引き出し、死後硬直を防ぐことができます。鮮度を保つために、できれば加えておきたい一手間ですね。

このワイヤーは形状記憶合金。くるっと丸めておけば収納にも困りません。


脳締めした後にその穴からワイヤーを入れます。

小林
魚の中骨を通っている状態で、何度もしごく要領でやると神経絞めが完了です。

フィッシングフォールディングナイフ(MP-177)


魚の旨味、鮮度を保つために最後に忘れてはならないのが血抜き。血抜き用のアイテムとして、フォールディングナイフは必須です。


コンパクトながらもしっかりと握り込め、手に馴染む形状。キチンと力を入れることができるので、安全に魚を処理できます。


動脈があるエラの裏辺りを狙い、なるべく素早く切ります。後は水に入れておけば自然に血が流れるため、旨味や鮮度を保つための下処理が完結します。

小林
脳締め〜血抜きまでの一連の流れを、動画で撮影してみました。ぜひ参考にしてみてください。


by TSURIHACK TV

まとめ


今回は『持っておくと、より釣りが楽しくなる便利なアイテムたち』を紹介してみました。

かゆい所に手が届くアイテムたちばかり。一度使い始めると「もう無いと不便!」とすら感じてしまうほど。

小林
気になるアイテムがあればぜひ使ってみましょう。いつも以上に釣りが楽しく、快適になること請け合いです。


 
撮影・文:DAISUKE KOBAYASHI
提供:株式会社ベルモント
上記のアイテムを公式HPでチェックする

 

ライタープロフィール

小林大介
愛知県出身徳島県在住。映像クリエイター、フォトグラファーとして地方の限界集落で活動中。山の猟師でもあり、デジタルとアナログの両極端な生活を楽しんでいます。

海に川、ルアー、エサ釣りと限らず、楽しく美味しい釣りはなんでもトライするのが信条です。

ライター記事一覧はこちら

 

DAISUKE KOBAYASHI

愛知県出身徳島県在住。映像クリエイター、フォトグラファーとして地方の限界集落で活動中。山の猟師でもあり、デジタルとアナログの両極端な生活を楽しんでいます。TSURI HACKではクリエイターならでは視点で皆様に情報をお届けします!

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!