【待望のハイコスパ】ラグゼ宵姫爽が登場!S58FL-solidを実釣インプレ


アイキャッチ画像撮影:TSURI HACK編集部

待望のハイコスパモデルが登場!

宵姫爽58の画像
こんにちは、編集部しみけんです。

昨今、ショアジギングやエギングと並んで超人気ジャンルとなったアジング。それに伴って各社から数多くのアジングロッドが発売されています。

そんな数あるアジングロッドの中でも、エキスパートを中心に根強い人気を誇るのが、がまかつ社の「ラグゼ宵姫天・華」シリーズ。

しかし、「ちょっと高いんだよな〜」と、購入を見送った方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな方に朗報が!

なんと、宵姫ブランドに2万円台で買えるハイコスパなシリーズ「宵姫爽」が追加されます!

ラグゼ宵姫爽のラインナップ

モデル希望本体価格(円)標準全長(cm/ft)標準自重(g)仕舞寸法(cm)パワー使用材料(%)継数(本)ルアーウエイト(g)適正PEライン(号)適正ナイロンライン(lb)先径(mm)グリップ長(mm)
S53FL-solid21,500160/5’3″4685.0FLC99.5/G0.520.1-20.1-0.30.8-1.50.75175
S58FL-solid22,000173/5’8″5091.0FLC99.5/G0.520.1-2.50.1-0.30.8-1.50.75190
S63UL-solid22,500190.5/6’3″5499.5ULC99.5/G0.520.1-40.1-0.30.8-20.8205
S73L-solid23,500221/7’3″60115.0LC99.5/G0.520.1-100.1-0.31-30.85255
S78M-solid25,000234/7’8″66121.5MC99.5/G0.520.7-160.2-0.51-40.9290

最注目のS58FL-solidをインプレ

宵姫爽58の画像
ということで、宵姫爽の中でももっとも人気が出るであろう「S58FL-solid」をがまかつから借りてインプレします!

尺手前サイズまでを40匹ほど釣ってみましたので、使用感をじっくり、正直にお届けします。

▼S78M-solidのインプレはコチラ




ロッドの細部をチェック



まずはロッドの曲がりをご覧ください。

よく動くティップと張りのあるベリー以下を備えた、THE・アジングロッドという調子です。

振った時は「ちょっと硬いな」と感じましたが、曲げ込んでみると胴までしっかり曲がっています。

ドラグ設定を考慮すると実釣時にここまで曲げこむことは無いでしょうが、ハイエンド系アジングロッドにありがちな「曲げられない・折れる」みたいな不安感は払拭してくれました。

宵姫爽58の画像
次はティップ部分。

番手の通り、ソリッドティップ仕様です。3番ガイド(トップを含めると4番目)の位置でソリッドが継がれています。

低価格帯のロッドだと継ぎ目が露骨なこともありますが、ガイド部分で継がれているので継ぎ目が目立ちません。個人的に、見映えが良いのでGOODです!

宵姫爽58の画像
ガイドには1本足のATガイドが用いられています。フレームはチタン、リングはSiC-Sです。

宵姫爽58の画像
リールシートはダウンロック式のVSSシートを採用しています。

筆者はVSSシートがもっとも好きなので、これは嬉しいポイント。(手持ちのロッドは大半がVSSシート)

適度な太さがあり、手の平に当たる部分の凹凸が少なく、違和感なく脱力して持つことができます。あまり好き嫌いが別れないシートなので万人ウケするのではないでしょうか。

そして、上位機種の宵姫華と同じく、超小型のエンドグリップが装着されています。

宵姫爽58の画像
コスメは超シンプル。桜が舞っています。

リールを付けた時の重心位置

宵姫爽58の画像
自重155gの16ヴァンキッシュ
宵姫爽58の画像
自重170gの05イグジスト2004+リールスタンド
自重が軽いのはもちろん、軽いリールを合わせても重心がリールシート付近になるため、体感もかなり軽いです。

持った時に穂先が浮くような形になるので、自然とロッドを上段に構えられます。

キャストフィールは良好

宵姫爽58の画像
ショートロッドではありますが、かなりよく飛ぶ部類のロッドだと思います。

上の画像からもわかる通り、キャスト時にもしっかりと胴部分が曲がっています。それに加えてキャスト後のブレの収束も早いため、ラインのガイド抜けも良好です。

飛びにくいフロロカーボンライン(2.5lb)を使ってみても、しっかりと1g前後の軽量ジグヘッドが飛んでくれました。

ダブルハンドでもシングルハンドでも、バックハンドでも十分な飛距離が得られます。

軽量ジグヘッドの操作感が秀逸

宵姫爽58の画像
1g前後のジグヘッドは、このロッドの真価が発揮される部分でしょう。

フロロ・エステルを使えば0.4g、PEを使えば0.6g程度から、フォール中もティップにしっかりと荷重が乗ってくれるので操作感がかなり明確です。

強風下でのボートアジングでも使ってみましたが、フロロラインを使えば1gのジグヘッドをしっかり感じで操作することができました。

また、水深12mの沖堤防で3gのジグヘッドを試してみたところ問題なく使えたので、ジグ単ならほぼ全域のウエイトをカバーできるでしょう。

ただし、「アンダー1gのジグヘッドの使用感を追求したい」ということであれば、「S53FL-solid」の方が適しているかもしれません。

宵姫爽58の画像
ジグヘッド以外にも、いま流行中のマイクロジグも試してみました。

正直、マイクロジグはあまり使ったことがないのですが、1g/1.5gの操作感はかなり明確です。

マイクロジグに関しては、「下限0.6g、上限3gが快適かな〜」といった印象です。

感度は文句なし

宵姫爽58の画像
感度に関しては、控えめに言っても「かなり良い」と思います。

コツッというアタリや、モゾ〜という居食い系のアタリ、フワッとテンションが抜けるようなアタリもキャッチできます。

6cmぐらいの豆アジもバシバシ針に掛かりましたし、オセン(スズメダイ)がワームを噛んでいるのも伝わってきました。

正直、これ以上の感度を求めるなら「5万円出してください」と言いたいところです(笑)

バラシが少ない

宵姫爽58の画像
尺手前までのマアジを釣ってみましたが、パワー面でストレスを感じることはありませんでした。

そして、ちょっと感動したのが、針外れが非常に少ないことです。

陸・ボート合わせて40匹ぐらいのアジを釣りましたが、途中で針が外れたのは3匹ほど。(抜き上げのポロリ含む)

これだけシャキッとした竿で、しかもPEを使ってもバラシが少ないのはなかなか優秀と言えるでしょう。やはり、冒頭で言及した「負荷が大きくなると胴まで曲がる」というのが影響しているのでしょうか。

ちなみに、尺手前サイズのアジを抜き上げても折れそうな気配はゼロでしたよ。(抜き上げ方によっては破損の危険があるので十分ご注意ください)


ライン別の使用感

エステル0.3号

宵姫爽58の画像
「ジグ単の操作性」という面では、やはりエステルラインが一番です。

超軽量ジグヘッドでも操作感が消えることがなく、それでいてシャープに操れるような感覚。

おそらく、エステルをメインに設計されているので使用感に不足はありません。

フロロカーボン2.5lb

宵姫爽58の画像
アクション時はエステルラインよりもややモッサリ感はありますが、フォール中は軽量ジグヘッドをしっかり捉えられます。

やや飛びにくくてライントラブルが多くなるラインですが、飛距離は必要十分に稼げましたし、実釣時にライントラブルは一度も起こりませんでした。

「夜にリーダー結ぶの苦手だな〜」という方は、迷わずフロロラインを使ってください。

PE0.3号

宵姫爽58の画像
個人的にもっとも嬉しかったのが、PEラインの使い心地がよかったことです。

PEラインを使うと、どうしてもエステルやフロロよりも軽量ジグヘッドの操作感が薄くなりがちなのですが、このロッドはPEでアンダー1gをしっかり扱えます。

また、向かい風・ボートで使ってもガイド絡みなどのトラブルは一切起こりませんでした。

筆者のように「わざわざエステル・フロロを巻くのはメンドクサイな……」というズボラな方も安心です!

万能ロッドではない

宵姫爽58の画像
ジグ単のアジングなら文句の無いロッドですが、「万能なライトゲームロッドが欲しい」という方には向かないかもしれません。

テトラ帯や石積みでのメバリング、外道のシーバスのキャッチ率、重ためのルアーへの対応、といったことを考えると、汎用性は高く無いと言えるでしょう。

もちろん、上記のような汎用性を持たせると、軽量ジグヘッドの操作性や感度は下がってしまうわけですが……。

もし、小さめのキャロやプラグなんかを使いたい方は、「S63UL-solid」を検討してみてもいいかもしれません。

アジングが楽しくなる!

宵姫爽58の画像
みっちり使って魚もたくさん掛けましたが、ジグ単のアジングなら文句なしに良い竿だと思います。

使用感と価格を考えるとコスパも抜群なので、「軽いジグヘッドは何やってるかわからない」「アタリを取るのが難しい」と思っている方には、ぜひ使って欲しい1本です!

もっとアジングが面白く、もっとアジが釣れるようになると思いますよ!

※発売は2021年春頃の予定です。
撮影:TSURI HACK編集部

関連記事


TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします!

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!