サムライジグRで釣ったハマチ

サムライジグRをインプレ。イレギュラースライド&フォールが効く!

AD for Outdoor

2022年にダイワのサムライジグが「サムライジグR」にリニューアル。

旧モデルから遠投性能とアクションが向上し、トラブルも減ったのだとか。

そんなサムライジグRのポテンシャルを徹底検証します!

目次

アイキャッチ画像提供:ちゃったTV なおと

サムライジグがリニューアル

サムライジグR

ショアジギングの定番メタルジグであった、ダイワのサムライジグが2022年にリニューアル。

「サムライジグR」としてショアジギング界に再登場しました。

どうやら、旧作からシルエットなどを見直し、さらに使いやすく、釣れるようになったのだとか。

そこで今回は、サムライジグRのポテンシャルを検証してきました!

なおと
ロケになると青物が釣れない筆者でも、はたして釣れるでしょうか(笑)

サムライジグRのコンセプト

サムライジグR30g

公式HPの情報を見てみると、サムライジグRは“激戦区で釣り勝つ”ことを突き詰めたようです。

具体的には、旧作から飛距離アップ・トラブル減・アクション向上を達成しているとのこと。

なおと
ぱっと見は普通のジグに見えますが……

ラインナップと価格

サムライジグRのラインナップ

ウエイトは20・30・40・60gの4種類。身近な堤防やサーフで使いやすいラインナップですね。

そしてなんと、旧作から価格が下がっており、700円前後で購入できます!

近頃は、“高くなることはあっても安くなることはない世の中”なので、ビックリです。

なおと
カラーは10色展開で、UV(紫外線発光)やグロー(夜光)がラインナップされているのも嬉しいですね!

サムライジグRを徹底解剖

サムライジグRを使ってみた

「かなりこだわりました!」というのはよく分かったのですが、パッケージ越しに見てもルアーの本質は分かりません。

というわけで、実際に手に取って泳がし、サムライジグRを丸裸にします!

ボディ

サムライジグRの顔

顔周りのデザインはかなり凝っていますね。

口元やエラはリアルに掘ってあり、エラ部分には赤い塗装も。

このあたりはどれだけ魚に見られているか分かりませんが、この価格でこのクオリティは「かなり頑張っているな」という印象です。

サムライジグRのボディ

前作からの大きな変更点は、ヘッドの薄さです。

ヘッドが薄くなったことで水切れが良くなり、引き抵抗が小さく、ロッドアクションに対するレスポンスも向上しているのでしょう。

また、ヘッドが薄くなると自ずと重心が後方に寄るため、飛行姿勢がよくなって飛距離も向上するはず。

サムライジグRのボディ

ボディ側面の側線ラインは盛り上がり、背中と腹部にかけてかなり絞り込んでいますね。

また、背と腹はエッジが立っていて面を構成。

薄いヘッドとの相乗効果で、動きのキレは凄く良さそうです。

なおと
細部を見るとコンセプトがよく分かりました!

フック

サムライジグRのサクサスフック

サムライジグRは旧作と同じく、フックを装着した状態で販売されています。

アシストフックには、高い貫通力を誇るサクサスフックを採用。

フックにはティンセルが巻かれているので、マイクロベイトパターンの時や小型回遊魚狙いの時にも効果を発揮しそうですね!

また、ティンセルはパラシュート効果を発揮するので、フォール時間が長くなることもメリット。

サムライジグRのトレブルフック

リアのトレブルフックは、大型魚とも安心してファイトできるよう、高強度ワイヤーを用いた太軸フックです。

なおと
純正フックが有能なのはGOOD!

アクション

ただ巻きでは、頭を支点にパタパタとお尻を振るウォブリングアクション

公式情報に書いてあった通り、ただ巻きでもしっかり泳いでいます。

ウエイトによっても差はありますが、低速域でもウォブリングしていたのが印象的です。

ジャークすると上下左右へイレギュラーにダートしつつ、ヒラを打つようにアクションしています。

薄いヘッドが効いているのか、スッとダートに入る点が好印象。

また、毎回違ったアクションがランダムに出るので、見切られにくそうですね!

ジャーク後は、フラッシングしながら水平フォールしたり、スラロームするようにフォールしたり、スッとバックスライドしたりと、かなり不規則な感じです。

よく見ると、ジャーク後のジグの姿勢によって、フォール姿勢やアクションが切り替わっています。

リアクションバイトも多くなりそうなアクションですね。

なおと
水中映像を見たら、一気に釣れそうな気がしてきました!

1 / 3ページ