ダイワのミニクールが万能すぎる。釣りやアウトドアではもちろん、おウチでの使い勝手もGOODなんです


sponsored by 株式会社グローブライド
撮影・文:TSURI HACK編集部

このコンパクトさがいいのよ。ミニクール650をレビュー

ミニクール 650 釣り
ダイワのミニクールシリーズに、もっともコンパクトな650サイズが登場!

ライトゲームに持ってこいなこのサイズですが……魚をたんまり持って帰るのには不向きなサイズ。

今回、大は小を兼ねる派の編集部ノグチがいろいろ使ってみたので、ぜひ参考にしてみてください!
編集部
ノグチ
初めに言っておきます。小さいケド、この子かなり優秀なんです。

ミニクールのラインナップと機能

まずは、ミニクールシリーズのラインナップと機能からみていきましょう。

ラインナップ

アイテム名標準自重(kg)容量(L)内寸(cm)外寸(cm)断熱材本体価格(円)
S1050210.515×28×2522×39×31スチロール5,600
S8501.78.515×22×2522×33×31スチロール5,300
S6501.56.515×22×1922×33×25スチロール5,000
※カラーは、それぞれホワイト・マゼンダ・ブルー・グリーン・イエローとカラフルな配色から選べます。
それぞれのラインナップには『ハンドル、肩ベルト、ふんばるマン、プルーフケース』が標準装備されています。
※S1050のみ、エアー口が搭載されています。

■ペットボトル収納目安

  1. ●S1050:8本
  2. ●S850:6本
  3. ●S650:4本
※ペットボトルのサイズにバラつきがありますので、収納可能数は目安です。

ミニクール650の機能

▼安心して座れる頑丈ボディ

ミニクール 650 座っても安心
小さいとはいえ、侮るなかれ!

大の大人も安心して座ることができる頑丈ボディなんです。

釣りのみならず、椅子がわりになるのは嬉しいですね。

▼お手入れ楽チン♪取り外し可能な上フタ

上蓋 取り外し ミニクール
メンテナンスしやすいように、取り外し可能な上フタが採用されています。

この価格帯でかなりの高ポイント!

編集部
ノグチ
フタが外れるか外れないかで

洗いやすさは雲泥の差になりますからね。


▼すべらな〜い!ふんばるマンが標準装備
ミニクール ふんばるマン 標準装備
ミニクールには滑り止め機能の「ふんばるマン」が標準装備されています。

不安定な船の上では、クーラーが滑らないので重宝しますよ。



これは便利!物欲をくすぐる付属品たち

めちゃ便利なプルーフケース

ミニクール650 プルーフケース
ミニクールシリーズには、奥行きのあるプルーフケースが標準装備されているんです。

ミニクール プルーフケース
溶けた氷で食べ物がびちゃびちゃ……なんてことはありません。

編集部
ノグチ
蓋付きなので、ゴミの収納や現地で濡れてしまったものの収納に使ったりもできますね。

釣り場まで遠くてもOK!肩ベルト付き

ミニクール 肩掛けベルト
氷、飲み物、食べ物がクーラーボックスにパンパンに詰まった状態の朝。釣果を期待しワクワク感とは裏腹に……ポイントまで遠い釣り場だと地獄ですよね。

そんなとき重宝するのが、この肩ベルト!

別売されている製品もありますが、標準でついているのは嬉しいですね!

Jフックが超秀逸!

Jフック ダイワ クーラー ベルト
ベルト着脱時のわずらわしさったらありませんよね。あのベルトを通して通して、ギュッ……とやるやつです。

外すのが億劫で、濡れた堤防にもベルトをつけたままにしていました。(おかげでベルトの匂いがエゲツないことになったことも……)

ミニクールに標準装備されているこの『Jフック』。これ超秀逸なんです。

Jフック ミニクール 650
使い方は至極簡単。

ベルト穴に通して引っ掛けるだけ(笑)

ミニクール Jフック
編集部
ノグチ
超簡単に脱着できるので、

面倒くさがりの僕にぴったりです!

ミニクール650保冷力をテストしてみた。

断熱材は『スチロール』ということもあり、正直保冷力はそんなに期待していません。

とはいえ、どのくらい氷がもつかは知っておきたいですよね! というわけで、実験してみます!

スタート!

ミニクール保冷力テスト
この日の最低気温は24℃、最高は30℃といった夏本番まではもう少しといった季節。

朝5時に購入したカチ割り氷をいれて、乗船!
※ちなみに1.7kgの板氷は入りませんでした。
堤防釣りの参考になるように、足元ではなくデッキの上に乗せたまま検証。

途中経過〜約7時間経過〜

ミニクール650 保冷力
太陽が真上にのぼる頃に開けてみると。およそ3分の1が溶けています。

30℃の予報ですが、体感では真夏日です。

途中経過〜約8時間半経過〜

ミニクール 650 保冷力
カチ割り氷だからか、まわりが溶け出すと解氷が加速していきます。

もっとも暑い時間帯で、およそ半分の氷が溶けました。
ミニクール650 保冷力テスト 下船した15時半の時点で、氷は3分の2ほど溶けていました。クーラーの中も冷えており、半日外で遊ぶ分には問題ありません。

価格、素材を考えると十分及第点といったところでしょう!



ミニクール650|どのくらいの大きさなの?

ペットボトル縦置きはNG

ミニクール650 ペットボトル
残念ながら、ミニクール650は500mlのペットボトルを立てると入りません。

前述の通り、横置きで4本収納が可能です。
※ミニクール850、1050では縦置きが可能です。

ミニクール650ならでは!その小ささは武器になる!


ミニクール650は、機内持ち込み可能サイズのキャリーケースにすっぽり収納できるんです!

タックルボックスも収納できるので、ミニクール内のスペースも無駄なく使えます。

遠征先でクーラーボックスの心配がないのは嬉しいですね。

ミニクール魚
ただし、ミニクールに収まらない魚を持ち帰る用途ではなく、自分の飲み物や食べ物を保冷しておく目的です。

編集部
ノグチ
現地で頭と尻尾を落とせば持ち帰ることもできますよ。

用途無限大!どこでも使えるのが魅力なんです

アウトドアシーンに◎

ミニクール ピクニック
キャンプやBBQ、ピクニックにこのサイズ感がちょうどいいんです!

とくに、半日くらい公園で遊ぼうかぁ。なんてシーンにはぴったり。

ミニクール 子供 ピクニック
子供でも難なく持てるサイズなので、お手伝いしたいお年頃の子供の達成感を育めたりもします(笑)

車に乗せておけば買い物にもGOOD

ミニクール 買い物 生鮮食品
トランクの幅も取らないので、車に積みっぱなしにすることもしばしば。40℃を軽く超える夏の車内でも、生鮮食品を安心しておいておけます。

スペースをそこまで取らないので、魚を寝かせるのにも使ったりもしています。

釣りやアウトドアのみならず、おうちでも大活躍

ミニクール650 ベランピング
ちょっとしたお出かけの際、とにかく活躍してくれる『ミニクール650』。自転車のカゴにも入るので、車がない方にもオススメです。

収納場所も選ばないので、アウトドアシーンだけでなく、お家でもいろいろ使えちゃいますよ!

 

ITEM
ダイワ ミニクール S650
カラー:ホワイト/マゼンダ/ブルー/グリーン/イエロー
標準自重:1.5kg
容量:6.5L
内寸:15×22×19(cm)
外寸:22×33×25cm)


ITEM
ダイワ CPアイス S
カラー:グリーン
サイズ:22×14×2.5(cm)
重量:約580g

関連記事


紹介されたアイテム

ダイワ ミニクール S650
ダイワ CPアイス S
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします!