21ジリオンSV TWをインプレ【ダイワの最高傑作か?】文句なしのおすすめベイトリールは、もはやハイエンドを脅かす存在。


21ジリオンSV TW

付き合いはじめはよかったのに、一緒に暮らしだすと嫌なところばかりが目に付く。そんな経験はありませんか?

新しいもの好きで飽きっぽい、僕たちバスアングラーにとって、恋人や釣り道具に馳せる想いは似たり寄ったり。

どちらも手に入れるまでは相応の努力と並々ならぬ期待をし、さらには対価まで支払うもんですから、はじめのうちは過剰評価しがち。しかし、次第にネガが浮き彫りになってくるというお決まりのパターンです。

MONSTER
もって3か月!


ところが、長い時間をともにするほど、ますます好きになってしまう釣り道具。噛めば噛むほど味わい深い、スルメのようなリールと出会えることもあります。

それが、今回紹介する21ジリオン SV TW。2020年12月、発売と同時に購入し、これを書いている時点で2台所有。

MONSTER
「ジリオンだけは何台あってもいい」が口癖になりつつある最近です。

歴戦のスーパーミドル


シリーズの歴史は古く、初出は2006年。バス釣りをやる上でもっとも実用的とも言える、ミドルクラスとして登場しました。

エントリークラスを全面的に凌駕しつつも、フラッグシップには今一歩及ばない……と見せかけて、超ハイスピードギアに代表される“キワモノ番手”を取り揃えることから、より専門性の高いタックルを組む上では欠かせない存在。

MONSTER
“カタログ上の性能の違いが、戦力の決定的な差でない”ことを教えてくれるスーパーミドルです。

21ジリオンSV TWはさらに煮詰められたラインナップ


パワーギアからエクストラハイギアまで、4つのギアスピードが選べるラインナップ

2021年5月現在、現行かつスプール径34mmのベイトリールで、これだけ多くの選択肢を有するのは17スティーズA TW、18バンタムMGLを加えた3シリーズのみ。

直系の旧モデル、16ジリオンSV TWを含めてもたった4シリーズしかないことに驚きです。

MONSTER
さすがは最後発なだけあって、21ジリオンSV TWのラインナップが、もっとも煮詰められていると感じます。詳細は後ほど……。

品名巻取り長さ (cm/ハンドル1回転)ギア比自重(g)最大ドラグ力(kg)標準糸巻量 ナイロン(lb-m)スプール径(mm)ハンドル長さ(mm)ベアリング(ボール/ローラー)価格(¥)
1000P595.5175514lb-45-90m 16lb-40-80m34908/142,800
1000PL595.5175514lb-45-90m 16lb-40-80m34908/142,800
1000676.3175514lb-45-90m 16lb-40-80m34908/142,800
1000L676.3175514lb-45-90m 16lb-40-80m34908/142,800
1000H757.1175514lb-45-90m 16lb-40-80m34908/142,800
1000HL757.1175514lb-45-90m 16lb-40-80m34908/142,800
1000HL757.1175514lb-45-90m 16lb-40-80m34908/142,800
1000XH908.5175514lb-45-90m 16lb-40-80m34908/142,800
1000XHL908.5175514lb-45-90m 16lb-40-80m34908/142,800

16ジリオンSV TWとはまったくの別物に

出典:ダイワ
定番製品のインプレは普通、旧モデルと比べてどうか? という点にフォーカスされがちですが、もはやこのジリオンに過去の面影はありません。

古参のジリオンファンのなかには、「この男らしいデザインこそジリオン」と、今回のモディファイを望んでいなかった人もいるかもしれません。しかし、紛れもなく正当進化です。

MONSTER
これぐらいやってくれないと買い替える意味がないですよね。


前置きが長くなってしまったので、筆者がとくに気に入っているポイントを2つに絞って紹介していきます。




21ジリオンSV TWの魅力①:徹底的に煮詰められたギアスピード

煮詰められているからこそ、特化運用できるのが強み

口を開いたかと思えば、ギア比の話しかしない私MONSTER。21ジリオンSV TWを使い込むなかでもっとも感動したのは、開発者の意図がそのまま伝わってくるかのようなギアレシオ・ラインナップ。

MONSTER
肝心なのは、それがいい加減にラインナップされているのではなく、ちゃんと実用的な配慮がなされているという点です。

既出のジリオンシリーズと共存を考慮した、“エクストラハイギア”

軽量なジリオンSV TWならより繊細なオペレーションが可能に!

旧16ジリオンSV TWにはあった、ギアレシオ9.1の『XXH』モデルが廃止され、最高ギアレシオは8.5の『XHモデル』へと変わりました。

これは、より高強度なハウジングを纏ったジリオン10、ジリオン9(9.1)との棲み分けが想定されてのことではないでしょうか。

MONSTER
旧ジリオンXXHも使っていましたが、使用感がいいとは言えませんでした。“ギアレシオ9超えのぶっ飛びマシン”には、やっぱり専用ボディが必要ってことかもしれません。


こうして21ジリオンSV TWは、無駄にデカいギアボックスや、余裕を持たせたハウジングデザインである必要がなくなり、小型軽量化(後述)にも成功しています。

とはいえ、それでもハイスピードギアとしては十分速い部類で、直近のリールで匹敵するモデルといえば16メタニウムMGL XGぐらいのもの。

MONSTER
少なくとも現行のライバル機である20メタニウムXG(8.1)よりはひとまわり速いリールとして、ポジションを与えやすくなりました。

よりいっそうバーサタイルなハイギアモデル


一方で、ボリュームゾーンにあたるハイギアモデルはと言うと、誰もが使いやすさを感じるギアレシオ7.1にスピードダウン

ひと巻き75cm回収というごくごく標準的なスピードなのに、これまでしばらくの間、ダイワのベイトリールでは16スティーズSV TW、17スティーズA TW、モアザンTW、そしてバスXという選択肢しかなかったんですよね。

MONSTER
筆者の場合は巻物専用、そして一般的には撃ち巻き両用に使用されることの多い番手に、ようやく真打登場といったところでしょうか。

ローギア主義を唸らせる2種のクランキングモデル

ノーマルギアモデルは当然として、パワーギアモデルまでラインナップされていることにダイワの本気を感じずにいられません。

前述のとおり、現行の汎用ベイトリールで同等のクランキングモデルまで網羅しているのは、17スティーズA TW、18バンタムMGLの2機種のみ。

丸型を含めれば多少選択肢は増えますが、とにかくローギア帯は希少種になりつつあります。

MONSTER
ローギア主義の皆様、本当におめでとうございます!





21ジリオンSV TWの魅力②:アルミハウジングで小型軽量化

小型ベイトリールの代表作、アルデバランMGLに引けを取らないコンパクトさ

ジリオンといえば質実剛健。旧16ジリオンSV TWは195g。ジリオン10をはじめとした派生機種は、いまだに200g台が当たり前。

タフさと引き換えに、前時代的な自重には目を瞑ってきました。でもなんだかんだ言って、タフで軽けりゃ言うことありません。

21ジリオンSV TWは、ギアボックスやメインフレームなどの心臓部をアルミ、その他剛性に影響を与えにくい部位を樹脂で構成するハイブリッド構造で、なんと自重175gを実現

MONSTER
とんでもない軽量化に成功しています。19セルテートや20ツインパワーの進化に似てますね。

超パワフルな回転系は巻きの釣りに真価を発揮

アルミのメインフレームと樹脂の外装がねじ止めされた複雑な構造

樹脂はトップカバーのみの最小限。強度はまったく心配いりません。究極のタフさが要求される軍用品にさえ、当たり前に樹脂が採用される時代ですから。

肝心なのはギアボックスや、軸受など、回転系を支えるパーツ。それらはすべてアルミで構成されているので、樹脂越しにそのカッチリ感が伝わってきます。

MONSTER
ロッドのガイドを、シャツのボタンのごとく引きちぎっていくデカバスがいるそうですが……仮にそうだとしても、リールの外装は樹脂でOKでしょう。

軽いは正義。操作系の釣りにもついにフィット!

チャカチャカ操作できるジリオン。操作性も良好です

お世辞にも軽いとはいえなかった旧来のジリオンは、強靭なタフネスを生かしたムービング系の釣りや、パワーフィッシングに向いているリールでした。

ところが実質的な剛性を犠牲にせず軽量化された21ジリオンSV TWは、操作系の釣りにもウルトラフィット。

「ハイスピードかつ軽量なミドルクラス」が長らく不在だったダイワ・ベイトリールのラインナップについに待望の底物スペシャルが登場しましたね。

MONSTER
じつは、これが一番書きたかったことなんです。

まとめ

本当にあらゆる釣りがシリーズで完結してしまうのがすごい

多種多様なメソッド、その時々に合ったセッティングを煮詰めて、魚を追い求めるのがバス釣りの醍醐味。

21ジリオンSV TWは機械的な性能ももちろん優れてはいますが、それ以上に、バス釣りにおいて中心的な役割を担うリグやルアーをカバーしつつ、なおかつ特化運用も可能なラインナップを有していることが最大の魅力です。

引き出しを増やしていきたい中級者はもちろん、これからバス釣りを本格的に始めたいと考えている人にも手放しでおすすめできるシリーズ。

MONSTER
購入を検討している人は今すぐ買って釣りに出かけましょう!


ITEM
ダイワ ジリオン SV TW 1000H
自重(g):175
巻取り長さ(cm/ハンドル1回転):76
ギヤ比:7.1
最大ドラグ力(kg):5.0
標準巻糸量 ナイロン(lb/m):14/45−90、16/40−80
スプール径(mm):34
ベアリング(ボール/ローラー):8/1

撮影:文:MONSTER
Sponsored by グローブライド株式会社

ライタープロフィール

MONSTER
大阪府大阪市在住。インテリバサーを志す、グランダー武蔵世代。関西を舞台に「考えるバス釣り」を楽しむ理論派ブログ戦士です。勢いあまって、机の上で釣りを終えることがほとんど。ボート、おかっぱり、どっちも好きです。バス釣りブログ「BassGo!」の管理者。

ライター記事一覧はこちら

関連記事


紹介されたアイテム

ダイワ ジリオン SV TW 1000H
MONSTER

関西を舞台に、「考えるバス釣り」を楽しむ理論派ブログ戦士。勢いあまって、机の上で釣りを終えることがほとんど。ボート、おかっぱり、どっちも好きです。バス釣りブログ「BassGo!」の管理者。