【最新PEライン】1ヶ月使い込んでトラブルゼロ!ゴーセンのルーツPEx8を実釣インプレ

アイキャッチ画像提供:六畳一間の狼 SUU

PEライン選びって迷う


突然ですが、PEライン選びって迷いませんか?

安いものから高価なもの、4本撚りや8本撚りなどいろんなアイテムがあって「どれを買えばいいんだよー!」と売り場で悩む方も多いはず。

そこで今回は、皆さんのPEライン選びの参考になるように、新製品ラインのインプレッションをさせていただきます!

ゴーセン「ルーツ PEx8」


ゴーセンから発売されているルーツというPEラインをご存知でしょうか?

そのルーツシリーズに、2021年新しく8本撚りのシリーズが追加されるんです!

そんなルーツ PEx8をみっちり使い込んでみて、その使用感を正直にお伝えします。

ルーツ PEx8ってどんなライン?

ベストバランスPEラインらしい


ゴーセンのホームページを確認したところ、ルーツシリーズのコンセプトが“ベストバランスPEライン”とのこと。

太さごとに強度・感度・耐摩耗・耐久性のベストバランスを追求したのだとか。

触り心地がツルツル


8本撚りなだけあって触り心地はかなりツルツル。

糸鳴りやガイド鳴りはかなり少なそうな印象です。

柔らかくてクセがない


新品の状態からとっても柔らかく、かなりしなやかなラインです。

個人的に柔らかいラインの方が扱いやすくて好きなので、使う前から好印象です!

使ってみなきゃわからない!

タチウオのショアジギング


どんなラインでも実際に使ってみないとそのポテンシャルはわかりませんよね!

ってことで、地元のサーフでタチウオ狙いのショアジギングに使ってみました。

リールに巻いたのはルーツ PEx8の0.8号200mです。

100m沖でヒットするパターン


この日は岸から100mのラインでヒットする少し難しいパターン。

ぼくが30gのメタルジグをフルキャストして100mを少し超えるくらいの飛距離だったため、なんとかヒットに繋げることができました。

指4本クラスの良型もヒット


指4本クラスの良型もヒット!

このサイズになるとヒットの瞬間、根がかりかと思うほどの重量感を見せてくれます。

バッチリ釣らせてくれました!


初使用のルーツ PEx8でしたが、遠投パターンでバッチリ魚を釣らせてくれました!

フルキャストを繰り返してもキャスト切れや糸絡みといったライントラブルもなく、安心して使えましたよ。

1ヶ月使い込んでみた


その後もショアジギングだけでなくさまざまな釣りで丸1ヶ月間使い込んでみました。

使い込んでみないとラインの本当の性能はわかりませんからね。

釣行ごとにキャスト時に指を掛ける部分までカットし、リーダーを結び直して使用しました。


エギングに使ってみたり、レイクジギングで使ってみたり……

ラインの耐久性を調べるために、同じラインを別のリールに巻き替えて使ったりしました。


もちろん、ぼくの大好きなサーフのヒラメ狙いにも!

さまざまな釣りで使うことで、ルーツ PEx8のいろんなところが見えてきましたよ。




ルーツ PEx8の使用感


ここからは、実際に使い込んで見えてきたルーツ PEx8の使用感をお届けします!

みなさんがPEラインを選ぶときに気にする項目ごとに、正直にお伝えします。

引っ張り強度が高い


じつは、ルーツ PEx8を実際に使ってみるまで強度に関してはかなり疑っていました。

表示されている最大強力はかなりの数値を示していますが、「ほんとに?」と思ってしまったのが正直なところ(笑)

でも実際に使ってみると、100m沖からドラグを出さずにタチウオをゴリ巻きした時や、根がかりを引っ張って回収する時などに、かなりの強度を実感しました。

コーティングは薄め


表面のコーティングはかなり薄めだと感じました。

これは好き嫌いが別れると思いますが、個人的には好印象で、コーティングが薄いことで釣行を繰り返してもずっと同じような使用感で使い続けることが可能です。

それと、ガイドがコーティングのカスで汚れないのも高ポイント。

トラブルレス・快適性は問題ナシ


ひとつのラインをずっと使い込んできましたが、高切れや糸絡みといったライントラブルは一度も起きませんでした。

ラインがしなやかで扱いやすいことがトラブルレス性能に繋がっているのではないかと感じています。

もちろん、リールの適正糸巻き量を守ることが大前提ですよ!

耐久性は普通


正直なところ、特別に耐久性が高いわけではなく、一般的なPEラインと同程度だと感じました。

というのも、丸一日使い込んだラインの先が1mくらい毛羽だっていたためです。

釣り場や釣り方によって劣化具合は違うと思いますが、釣行ごとにPEラインの先を数メートルカットして使用することをおすすめします。


また、PEラインの耐久性を示すひとつの要素として「色落ち」があります。

ルーツ PEx8は元々のコーティングが薄いためか、目立った色落ちは起きていません。

船釣りでは色落ちでタナを把握しにくくなることがありますが、ルーツ PEx8はそういった事態は起こりにくそうです。

ラインナップが多いのも魅力のひとつ

ゴーセンのルーツの画像
ルーツには8本撚り(PEx8)と4本撚り(PEx4)の2種類があります。

PEx8は0.6〜4.0号、PEx4は0.4〜4.0号とたくさんのラインナップがあり、ジャンルを問わずにぴったりなものを選ぶことが可能です。

ぼくも今回の記事で紹介したPEx8の0.8号以外に、PEx4の0.4号をSLS用に巻いています。

総合評価:使い手を選ばないPEライン


ルーツ PEx8はコンセプト通り、PEラインに求められる要素をバランス良く仕立てたクセのないラインでした。

初心者の方でも扱いやすく、中上級者以上の方でも安心して使えると思います。

PEラインを選ぶ時は、ルーツ PEx8を選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。

ルーツの詳細はこちら
画像提供:六畳一間の狼 SUU
sponsored by:GOSEN

関連記事

六畳一間の狼 SUU

YouTubeで釣りチャンネル「六畳一間の狼」のSUUとして釣り動画を配信するユーチューバー。バカが付くほどの釣り好きで釣具量販店に就職。その時の知識と経験を活かし、釣りの楽しみを世の中に広めるために日々奮闘中。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!