スライド幅がエグい!ショアスパルタン・ダーティンジグを実釣インプレ


アイキャッチ画像撮影:TSURI HACK編集部

青物ファンに朗報

ダーティンジグの画像
こんにちは、編集部しみけんです。

この秋、ダイワから「ショアスパルタン・ダーティンジグ」というメタルジグが発売されたのをご存知でしょうか?

ダイワはロックショアでの使用感をウリにしているみたいですが、堤防のライトショアジギングで使ってみると“めっちゃええ感じ”でした!

ということで、ショアスパルタン・ダーティンジグをインプレします!

まずは釣果をみてほしい!

ダーティンジグの画像
底をとってハイピッチでバシバシとシャクリ上げてくると、カンパチの幼魚がヒット。

上げてくるアクション中にジグを引ったくってきました!

ダーティンジグの画像
底付近をスローなワンピッチで誘っていると、ギンガメアジが登場。

フォールでガツンッと喰ってきました!

ダーティンジグの画像
朝まずめに表層を細かくジャークすると、良型カマスもヒット!

ダーティンジグの画像
そして、なんとオジサンまでも登場(笑)

砂地の底を叩いているとゴンッときましたよ!

ダーティンジグの特徴

ダーティンジグの画像
使用感をお伝えする前に、ダーティンジグがどんなメタルジグなのか、その特徴を紹介します!

スリムでロングなボディー

ダーティンジグの画像
一般的なショア用メタルジグと比べ、かなりスリムで細長い形状です。

30gで全長が98mmあり、サムライジグの85mmと比べてみてもそのシルエットの違いがよくわかります。

また、頭部が薄く作られていることからも、引き抵抗が小さくてスライド幅が大きいことが伝わります。

一般的なジグが汎用性を重視しているのに対し、青物に特化していることが明確です。

高強度フレーム&ディンプル加工

ダーティンジグの画像
ロックショアを想定しているだけあって、内部にはステンレス製の高強度打ち抜きフレームが採用され、外圧による変形を抑止しています。

ボディー表面にはディンプルという凹みが多数設けられていますが、これは水流抵抗を少なくし、引き重りを軽減することが目的のようです。

イメージとしては、ゴルフボールや凹凸付きしゃもじの様に、水がジグに纏わりつかない感じでしょうか。

また、HDコーティング塗装によって塗装が剥がれにくくなっています。

フックはシングルアシストフック

ダーティンジグの画像
フックはアシストフックが1本装着されているだけで、リアフックは付いていません。

フックには各ジャンルで「刺さりが抜群」と評価が高いサクサスフックが採用されており、フラッシャーが巻かれています。

ラインナップは30〜125g

ウエイト(g)サイズ(mm)
3098
40109
65126
90141
105146
125156
30〜125gまでの6ウエイトが展開されています。

水深や潮流の強弱を問わず、幅広い状況で活躍するラインナップですね。


使ってわかったダーティンジグの良さ

ダーティンジグの画像
では、ここからは実釣を通して感じたダーティンジグの強みをお伝えします!

大きなスライド幅&ローリングフォールがいい



やはり、売り文句通りにスライド幅はかなりのものでした。とくに青物はスライドするジグが大好物で、アピール力も高そうなのでパイロットルアーとしても最適なアクションだと思います。

さらに、ダートの頂点で横を向いた状態からローリングしながらフォールするため、フォール中のアピール力と喰わせ力も良好なはずです。

とくにブリ・カンパチはフォールで喰ってくることも多く、上げと下げの両方で誘えることは大きな魅力でしょう!

引き抵抗が少ない

ラテオモバイルの画像
フォルムとディンプル加工が効いているのか、引き抵抗はかなり少ないです。

実釣時は、水深30m近いポイントで40gをメインに、シーバスロッド(適正ウエイト10-50g)でシャクリ続けましたが、1日中楽にジャークすることができました。

あくまでも私感ですが、30/40gならばシーバスロッド、30gだけならエギングロッドでも十分に扱えると思います。

ロッドとジグのバランスによっては「投げられるけど、シャクリが厳しい」ということも多いため、ショアジギングロッド以外でも快適に釣りができるのは大きな魅力です。

純正シングルアシストがGOOD

ダーティンジグの画像
多くのショア用ジグはリアにトレブルフックが付いていますが、個人的に青物狙いでリアフックは不要だと思っています。

妙な掛かり方をしてバレてしまったり、ハリを外すのが面倒で手返しが悪くなったり、根がかりのリスクが増えたり、エビ(テーリング)になったり……。

青物の喰い方を考えるとシングルアシストで十分掛かりますし、しっかり刺さり込んだシングルフックはまずバレる心配もありません。

実際、実釣時には30cmほどの小さなカンパチもガンガン掛かった上に、バラシはゼロでした。

「掛かりが心配」という方も多いかもしれませんが、いざ使ってみると、掛かる、バレない、トラブル少ない、手返し良いと、メリットしか感じないと思いますよ!

かなり頑丈そう

ダーティンジグの画像
上の写真は3日半使い込んだダーティンジグです。

カンパチに加えてエソ(歯が鋭い)などもたくさん釣りましたが、塗装の剥げはかなり少ないと思います。

たしかに、魚の噛み跡や底に当てた傷はついていますが、その傷からペリペリと塗膜が剥がれる様な状態にはなっていません。

ただし、いくら頑丈なフレームが採用されているといっても、堤防に思いっきりぶつけると少し曲がったので、過信して不注意になるのは禁物です。

でも、全能なわけじゃない

ダーティンジグの画像
ダーティンジグを使ってみると優秀なジグだということがわかりましたが、決して全能な訳ではありません。

短所として挙げられるのが、強風に弱いということです。

無風時や弱風時は綺麗な姿勢でしっかり飛んでくれますが、強い向かい風や横風に煽られるとクルクル回ってしまいました。そのため、低い弾道でキャストしたり、飛距離重視のジグやタングステン系のジグと使い分けたりすることが必要です。

また、シルエットとアクションに関しても、コンパクトなシルエットでスライドし過ぎないアクションが好まれることもあるため、他のジグと使い分けるようにしましょう。

青物特化型のジグだ!

ダーティンジグの画像
ショアジギングはいろんな魚が釣れることも魅力ですが、中には「青物にこだわりたい」という方も多いでしょう。

ダーティンジグはそんな方におすすめのメタルジグです。

タックルボックスに入れておけば、青物との距離が間違いなく縮まるはずですよ!
撮影:TSURI HACK編集部
ITEM
ダイワ ショアスパルタン ダーティンジグ
ラインナップ(g):30/40/65/90/105/125

関連記事


紹介されたアイテム

ダイワ ショアスパルタン ダーティンジグ
サイトを見る
TSURI HACK編集部
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします!

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!