「鏡牙AIR 65B-1.5TG」が“2本目の”タチウオジギングロッドにおすすめな理由とは……


アイキャッチ画像撮影:TSURI HACK編集部

タチウオジギングにハマった方へ

鏡牙AIRの画像
こんにちは、タチウオジギング大好きな編集部しみけんです。

唐突ですが、タチウオジギングを楽しまれている方の中には、「ロッドのチョイスミスったわ〜」という方や「2本目が欲しいな〜」なんて方が案外多いのではないでしょうか?笑

とりあえず汎用性が高そうなライトジギングロッドを買って始めたものの、「専用ロッドが気になって仕方がない……」というのはタチウオジギングあるある。

今回は、そんな方におすすめしたいロッドを紹介します!

2本目に「鏡牙AIR 65B-1.5TG」はいかが?

鏡牙AIRの画像
私がおすすめするのが、「鏡牙AIR 65B-1.5TG」。

AIRは鏡牙シリーズのミドルグレードに位置する機種で、その中でも、65B-1.5TGはシリーズ最軟調のモデルです。

シリーズ唯一のフルソリッドブランクスを採用しており、胴調子(スローテーパー)に設計されていることが特徴。

釣具店で触ってみて「めっちゃええやん!」となったので、ダイワから借りてインプレします!

まずは曲がりを確認

鏡牙AIRの画像
120g負荷(水深約20m)
鏡牙AIRの画像
150g負荷(水深約20m)
鏡牙AIRの画像
200g負荷(水深約20m)
潮の速さや水深によってロッドに掛かる負荷は大きく異なりますが、それぞれのオモリ負荷で曲がりを確認してみました。

100m以浅の水深で200gまでのジグを用いた釣りにマッチするようなロッドです。(カタログスペックの適合ウエイトは60〜180g)

アングラーの好みにもよりますが、個人的には水深60mでジグが120〜150gぐらいが一番気持ち良さそうに思います。

地域で言うと、東京湾や大阪湾、駿河湾のナイトゲーム等にはドンピシャでハマる1本でしょう。

フルソリッドなのに軽い

鏡牙AIRの画像
まず、ロッドを手にして感じるのは軽さです。

AIRは軽さを前面に押し出したシリーズですが、“フルソリッドゆえの重さ”が気になる方も多いでしょう。

しかし、そんな心配は無用。

自重はわずか105gと軽量な上に、実際に手にしても持ち重り感はなく、持っただけではフルソリッドだと気付かないレベルだと思います。

ジグが“ヌルヌル動く”

鏡牙AIRの画像
120gのジグをシャクった際の曲がり
ジグのアクションに関しては、軟調のロッドゆえに、良くも悪くも“ジグの動きを殺す”ことが特徴です。

ロッドの反発が抑えられており、糸フケが出にくいため、ジグの横っ飛びを抑えて角がないアクションを演出してくれます。

反発が強いロッドはジグがスライドして海中をジグザグ状に泳ぐイメージですが、このロッドの場合はジグがヌルヌルとS字状に泳ぐようなイメージです。

タチウオジギングではジグをスライドさせ過ぎると、特に低活性時に嫌われたり、リーダーを噛んで切られたりする確率が高まるため、ジグの動きを適度にセーブしてくれることは大きなメリットだと思います。

しかし、ジグをスライドさせて横に向けた方が良い状況もあるため、そんな時は反発の強いスローピッチ系のロッドやライトジギングロッドと使い分けるのが良いでしょう。

際立った特徴があるがゆえに、手持ちのロッドと明確に使い分けられることもメリットです。

フォール中のバイトを取りやすい

鏡牙AIRの画像
とにかくしなやかなロッドなのでジグをシャクった時もフォール中も、常にロッドがジグに追従して曲がり、ラインにテンションが掛かった状態になります。

そのため、フリーフォール中やシャクリとシャクリの間の小さなフォール中でも、タチウオが喰いあげるアタリが非常に明確です。

常にロッドが曲がってラインが直線の状態なので、ロッドが戻ったり(まっすぐになる)、ラインが弛んだりするのは“すべてアタリ”だと判断できます。

特に慣れていないと、反発が強いロッドを使うとロッド・ラインのテンションの変化がわかりにくく、アワセが遅れて掛け損ねたり、喰い上げられてリーダーをカットされたりするリスクが高まります。

タチウオは非常にフォールへの反応が良く、喰い上げることが多い魚なのでテンションの変化が分かりやすいことは大きなアドバンテージです。

ラインブレイクが少ない

鏡牙AIRの画像
前々項・前項でお伝えした通り、リーダーへのバイトが少なく、アタリも取りやすいため、ラインブレイクが非常に少なくなる印象です。

取材時は喰いの良さを優先し、先糸無しの5号リーダー直結で挑みましたが、約6時間の実釣中にラインブレイクは一度もありませんでした。

個人的に「リーダーは細い方がアタリは断然多くなる」と思っているので、安心して細いリーダーを使えるのは大きな魅力です。

また、ラインブレイクが少ないということは、ジグを結び直したり、リーダーを再結束したりする時間のロスが失くなり、実釣時間が伸びるので必然的に釣果が伸びると言えます。

もちろん、お財布へのダメージが少ないのも嬉しいポイントです。


ファイトが堪らん……

鏡牙AIRの画像
ドテラ気味な状態でのファイト
鏡牙AIR 65B-1.5TGを使っていて最も楽しい時がファイトです!

タチウオの引きに追従して穂先が海に向かって一直線になり、胴部分を思いっきりブチ曲げてのファイトは最高の一言。

取材時は指3本クラスの小型が多かったのですが、それでもファイトを堪能することができました。

鏡牙AIRの画像
バーチカル(ラインが立った)状態でのファイト
しかしながら、フルソリッドゆえの“しっかり曲がり込んでじっくり反発するトルク”があるので大型が掛かった時の不安もなさそうです。

また、しなやかなので針先のテンションの変化が少なく、針外れによるバラシもかなり少ないと思われます。

小型でも楽しめて大型は安心してキャッチできるという、釣趣と確実性の両立が感じられました。

意外とキャストしやすい

鏡牙AIRの画像
「意外にいいやん!」と思ったのがキャスト能力。

というのも、軟調ロッドはハリのあるロッドに比べて投げにくく、バックラッシュしやすい傾向にあるからです。

特にタチウオジギングの場合、ルアーのウエイトに対してラインが細いため、バックラッシュ=即高切れを意味します。

ところが、鏡牙AIR 65B-1.5TGは軟調ロッドのわりに投げやすく、120gのジグをカウンターリールでコンスタントに25mほど飛ばせ、バックラッシュは1度もありませんでした。

潮が緩い時や浅場はキャストして広範囲を探ることが多いため、これは予期せぬ良さでした。

シマノのリールもちゃんと付く

鏡牙AIRの画像
リールシートにはダイワオリジナルのエアセンサーシートが採用されていますが、シマノ製リールも問題なく装着することができました。

ファイト中にグラついたりすることもなかったので、シマノ製リールを使っている方も安心です。

気になる点は……

鏡牙AIRの画像
長所として「キャストしやすい」ことを挙げましたが、これはあくまでも“軟調ロッドのわりには”ということです。

ハリの強いロッドと比べるとキャストは難しく、バックラッシュのリスクは高まります。

そのため、リールのブレーキを強めに掛ける、垂らしをほぼゼロにする、といったバックラッシュ対策は必要です。

細いPEは高切れするだけではなく、再起不能な大バックラッシュを引き起こすので徐々に慣れながらキャストするのがおすすめです。

実は、1本目にも最高なんです(笑)

鏡牙AIRの画像
際どい番手かつそこそこのプライスゆえ、1本目としては手を出しにくいと思いますが……

釣りやすく、釣り味も良いロッドなので、個人的には1本目におすすめしたいロッドです(笑)

タチウオジギングはやり始めるとハマるはずなので、いきなり鏡牙AIR 65B-1.5TGからスタートするのも大アリだと思いますよ!
撮影:TSURI HACK編集部
ITEM
ダイワ 鏡牙AIR 65B-1.5TG
全長:1.96m
継数:2本
仕舞寸法:149cm
自重:105g
ジグウエイト:60-180g
適合ライン:PE0.6-1.2号

関連記事


紹介されたアイテム

ダイワ 鏡牙AIR 65B-1.5TG
サイトを見る
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします!

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!