内山幸也「やりたいことだけ、やればいい」プロアングラーとしての覚悟と独自の仕事観とは?


 

内山幸也
 

Chapter 1

 

どうせやるなら、「プロ」前提。

 

初めて釣りをしたのは小学生のとき。当時は「なんかダサい」ってイメージが強くて(笑)中学でスケボーに出会ってからは、高校まで没頭してました。プロ(スケートボーダー)を志した時期もあったけど、周りのレベルの高さに圧倒されて、受験の時にはすんなりその道を諦めた。

「自分に何ができるか?」と、ぼんやり見えてきたのがアパレルへの道。将来的にはショップを持ちたいと考えていたので、受験して経営学部に進学しました。

 

内山幸也
 

ー 大学に行くまでは、ほとんどバス釣りには触れてこなかったんですね。

大学2年のときに、テレビで「バスプロ」っていう職業があることを知った。今まで抱いていた“釣り”のイメージとは違って、スポーティーでスタリッシュな姿に「これで食べていきたい!」と思ってしまったんです。単純ですけど、それくらいセンセーショナルな出来事だった。

 

内山幸也
 

ー 最初からプロになることを前提で、釣りをはじめたんですか?

もちろん。なのでタックルを揃えるより先に、船舶免許をとりました。そのあとエレキを買って、ロッドは海外から取りよせた。スケートにしてもアメリカのカルチャーだから、そういうのが好きなんでしょうね。初バスは牛久沼で、最初に釣ったルアーはスピナーベイト。当時よくあった、お店に裸(パケなし)で吊るされている安物だったかな。そこからしばらくして、すぐにアルミボートを購入しました。

 

内山幸也
 

ー 当時、憧れたアングラーはいましたか?

並木さん(並木敏成)だね。釣りのスタイルがとにかくカッコイイ人。渡米したいと思ったのも並木さんの影響が大きい。河口湖の近くに移住して、日本のトーナメントに出場していた時期もあったけど、すぐにアメリカ行きを決意しました。同世代にはダイちゃん(青木大介)、エグシュン(江口俊介)、イッチー(市村直之)なんかがいて、今考えると華の世代だった。

 

内山幸也ジャケット ¥29,500 Tシャツ ¥9,500 パンツ ¥18,000 キャップ ¥5,500(すべてDAIWA PIER39 / グローブライド) その他、私物

 

ー なかなか渡米なんて、かんたんに決意できるものではなさそうです。

やっぱり「本場の釣り」というのを体感してみたくて。まずはアマチュアで2回参戦してみた。そのあと並木さんに「アメリカで一緒に釣りがしたいです」と直接メールをして、サポート(弟子入り)させてもらったのが2005年のこと。そこでいろいろなことを勉強させてもらった。それこそタックルセレクトやフックの交換、エンタメとしての“魅せ方”という技術まで。

次の年にはビザを取得して、本格的にアメリカでの生活をスタートさせました。「人と同じことをしたくない」っていう自分のスタイルは、その頃から変わっていません。

 

内山幸也
 

ー 向こう(アメリカ)での仕事はどうしたんですか?

「オレ、寿司握れます!」って頭下げて、日本食レストランで働いた。店に立ってから、寿司なんか握ったことないのがバレて大目玉くらったけどね(笑)その後、死ぬ気で覚えたから今でもしっかり握れる。行動力さえあれば、なんとかなるもんですよ。

 
>>Next Page:プロスケーターから学ぶ、生き残る術。
 



 

内山幸也
 

Chapter 2

 

やりたいことだけ、やればいい。

 

ー プロスタッフとして第一線で活躍する内山さんですが、「好き」を仕事にすることへの苦悩はありますか?

うーん……たしかに昔はありましたよ。とくにトーナメントなんかは、自分で自分の首を絞めるようなこともしてた(笑)でも、ある時シンプルに「やりたいことだけやればいい」ってことに気がついたんですよ。だから今となっては、なんにも“苦”がない。だってやりたいことしかしてないわけだから。やりたくないことを無理してやるから文句が出る。

キレイ事に聞こえるかもしれないけど、自分が責任もって「やりたいことだけをやる」のが大事じゃないかな。そうすると、朝早かろうが、帰りが遅くなろうがツライとは思わない。「今から(東京から)福岡まで車で行ってほしい」って、仮に言われても楽勝ですよ(笑)

 

内山幸也
 

ー 昔からそのスタンスで仕事をしていたんですか?

この考えに落ち着いたのは、ここ1〜2年のこと。若い時は仕事も選べなかったからね。でも、どれだけ隠そうとしても、やっぱり自分のことを支持してくれるお客さんやファンには伝わってしまう。「フロッグやってる時、ほんとに楽しそうですよね」と言われて、あぁ、やっぱりこれでいいんだと思えた。自分が何を求められているかは、いつも周りの人たちが教えてくれる気がします。

 

内山幸也
 

ー ファン(お客さん)と、直接触れ合うとこで学ぶことも多いんですね。

琵琶湖でフロッグをメインにガイドをしていた時の話だけど、1日投げ続けて、最後に35センチくらいのバスをお客さんが釣ってくれた。そのとき思わず、「ちょっと小さかったですね」と言ってしまったんですよ。悪気はなく、「琵琶湖なら50UPを釣らせなきゃ」という勝手な思い込みによるものだった。

でも、そのお客さんはすごく寂しそうな顔をしてて……。僕の一言で、その人の魚の価値を下げてしまった。今でも釣った場所、お客さんの名前を記憶しているほど、忘れられない失敗談です。

 

ー 本人(お客さん)にとっては、“価値の高い一匹”だったんですね。

魚の価値は大きさだけでは決まらない。その時はわからなかったけど。もっと言えば、「人の価値観はそれぞれで、自分のモノサシでは測れない」ということを、ガイドを通して勉強させてもらいました。これは今でも、仕事と向き合う上で一番大事にしていることです。

 

 

Chapter 3

 

プロスケーターに学ぶ、生き残る術。

 

原宿
 

内山幸也「ストリートブランド界隈で、バスにハマる人が増えている」と内山さん。木嶋さん(NEIBORHOODプレス)も釣り仲間の一人。

 

ー 釣り以外に熱中していることはありますか?

スケートは今でも好きだね。そこからプロとしての生き方を学ぶこともある。プロスケーターのピークパフォーマンスは10代後半〜20代前半くらいと言われてて、あとは消えていく人も少なくない。その中でも、自分にしかないトリック(技)や個性を持っている人は息長く残っている。釣りも同じ。自分の“色”を確立できれば、長く人から必要とされる人材になれるんじゃないかと。

 

内山幸也都心に位置する行きつけのショップで、オーナーと愛するスニーカーについて語り合う。(STANDARD CALIFORNIA / 恵比寿)

 

内山幸也
 

ー 内山さんといえば、業界きっての“服好き”というイメージも強いです。

原宿にショップを持ちたくて、経営学部に入ったくらいだから。釣りのウェアもそうだけど、やっぱりカッコよく見えることが一番。自分のテンションも上がるし。フィッシングブランドのウェアも、イケてるものがどんどん増えてきているじゃないですか。釣りをしない人にも浸透してくれたら、最高にうれしいですよね。

 

 

内山幸也この日、内山さんが身に付けていたのは「大自然と都会をシームレスに繋ぐ架け橋」という考えを提案する、新作アパレルコレクション「DAIWA PIER39」。都市生活を満喫するデザインと、フィッシングを楽しむためのアイデアが共存する意欲作。

 

内山幸也
 

ー アパレル業界出身の人たちとも、広く交流を持っていますよね。

一緒に釣りに行くことも増えてきて、“同じことが好き”というだけで、カルチャーを超えて共通言語になることを肌で感じています。国や世代を超えてコミュニケーションが取れるのが、バスフィッシングのいいところじゃないかな。

 

内山幸也シャツ ¥15,000 パンツ ¥14,500(すべてDAIWA PIRE39 / グローブライド) その他、私物

内山幸也
 

ー さいごに。今後の展望について聞かせてください。

いつも直感に従って生きてるから、ホンネを言うと最終的なゴールなんてなにも決まってない(笑)一つ言えるとすれば、釣りっていう「かっこいいスポーツ」をカルチャーとして届けられたらと思う。サーフィンやスケートから独自のファッションが生まれたように、フィッシングから発信されたウェアがあってもいい。もっと「釣り」を身近な存在へ変えていく。それが今、自分に求められている気がしますね。

 

Photo : Shinpei Hanawa
Text : Masashi Takeda

Sponsored by GLOBERIDE, Inc.

 

内山さん着用「DAIWA PIER39」のアイテムをチェックする 

内山 幸也(Yukinari Uchiyama)
フロッグを中心としたゲームを武器に、全国を飛び回るバスプロ。バスフィッシングだけでなく、ウェアやスニーカーなどのストリートカルチャーに対する造詣も深い。東京都出身。1979年生まれ。

Instagram:@yukinariuchiyama

 

 

TSURI HACK編集部
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします!

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!