ストラディック[STRADIC] / 2500

参考価格25200円
4.02
インプレ件数:10件
デザイン
3.7
機能性
4.0
価格満足
4.3
耐久性
4.0
使い勝手
4.1

使用ジャンル

使用場所

海(ショア)
海(オフショア)

利用時期

インプレを投稿する

インプレを投稿する

商品名: ストラディック[STRADIC] / 2500

使用場所

使用時期

使用ジャンル

インプレ (10件)

19もいいけど、15ストラディックもまだまだ現役!

2015年のストラディックなのですが、2019年に新型となってでており、ロングノーズストロークになったり、マイクロモジュールギアIIを搭載し、ヴァンキッシュはもちろん2万円ほどのリールのなかでも断トツになってきており、よりステラへと近付いたと言われています。が!私は15ストラディックをまだまだ使っています。

私は友人に19ストラディックを貸していただき、使ってみたりして比べてみて、確かに自重が230gから220gに代わり、多少は軽くなり、キャストをしてみればシュ、と飛んでいく感じは少し感じましたが、そこまで軽くキャスティングができて「おお!落だ!」とは感じませんでした。また、ロングノーズによる飛距離の効果は、確かに出ていて、私はエクスプライド266Lにどちらも片方ずつ着けて、ラインはフロロカーボン5lbを80mずつ巻き、ルアーは7gのワームを投げてみたところ、平均で約4,5mほど伸びていました。なので、糸が抜ける感じはかなりフィーリングよく、ロングノーズに15ストラディックは確かに叶わないです。そしてマイクロモジュールギアIIを搭載しているので、確かになめらかにはなっていたものの、大きく差を感じるほどではなかったのですが、サイレントドライブとハンドルの一体化により、確かにガタを感じなくなりました。なので、I字系をやるときなど、巻き感度においては、19のほうがかなりいいと思います。

しかし見た目では、かなり白めの銀色を強調しすぎて、なかなかロッドに合わせずらく、まだ藍色のある15ストラディックのほうが合わせやすいです。しかし、Xプロテクトをラインローラーとボディに採用したことにより、確かに防水性が上がって、ラインローラーは故障しにくくなっています。なので、新型がいいに越したことはないにしろ、15ストラディックは今後安くなり、かなり手頃な値段になると思います。実際に私は長い間小さなサバやバス、大きいものは鯉やナマズやシーバスをかけて使っていますが、まだまだ現役で使えますし、巻き心地もなめらかです。なので、例え古くても、しっかり使い込むことができるリールなので、「19ストラディックは高いけど、剛性があって長く使えるものがほしい!」という方にはぜひ使ってもらいたいです。

この商品を見ている人はこちらも気になっています

ステラ [STELLA] /  2500
SHIMANO [シマノ]
ステラ [STELLA] / 2500
4.50
フリームス / LT2500
DAIWA [ダイワ]
フリームス / LT2500
4.16
ストラディックCI4+[STRADIC CI4+] /  2500
SHIMANO [シマノ]
ストラディックCI4+[STRADIC CI4+] / 2500
4.65
フリームス / LT2000S
DAIWA [ダイワ]
フリームス / LT2000S
4.55
レブロス / 2506H
DAIWA [ダイワ]
レブロス / 2506H
4.33

釣りジャンルからインプレを探す

メーカーからインプレを探す

ランキングからインプレを探す