CERTATE(19 セルテート)LT3000-CXH

4.72
インプレ件数:5件
デザイン
4.6
機能性
5.0
価格満足
4.4
耐久性
4.8
使い勝手
4.8
 

使用ジャンル

使用場所

海(ショア)
海(オフショア)

利用時期

インプレを投稿する

インプレを投稿する

商品名: CERTATE(19 セルテート)LT3000-CXH

使用場所

使用時期

使用ジャンル

インプレ (5件)

19セルテート、恐るべし剛性感と耐久性

結論から言うと、このリールは剛性感と耐久性に優れていて、同番手のイグジストと比較しても圧倒的に強いと感じます。軽さを追求しないのであれば、現時点では間違いなくどのリールよりも、このリールが最も良いと思います。

どうしてもアルミボディなので重量感はあります。

しかし、バイブレーションなどの高負荷ルアーを巻いた時や魚を掛けた時の巻き易さは抜群です。

同番手のイグジストとの巻き比べをしましたが、イグジストはボディに撓みがあって、ハンドルに加えた力がロスしている感じがあります。それに対してセルテートは全く撓みがなく、ハンドルに加えた力が直で巻き力になっていると思います。恐らく、ボディがアルミであるため撓みづらく、ロスが少ないのでしょう。

そしてこのリールで、私は60cmオーバーのシーバスを100本以上上げてきましたが、僅かなゴリ感はあるものの、他のリールや、ダイワ最高級のイグジストと比較しても、確実に勝っているレベルです。

実際、イグジストはシーバスを10本釣り上げたくらいからゴリが始まりました。

繰り返しになりますが、軽さを求めないならセルテートはとてもおすすめです。

見た目は初代、中身は最先端。

初代04セルテートを彷彿させる見た目に惹かれて発表されてすぐに予約しました。

16セルテートまではゴールドを使った少し派手目な見た目があまり好きにはなれなかったのですが、19になってからとても洗練された気がします。

購入してから1年間海でのショアジギング、湖でのレイクジギング、トラウトのミノーイング、タイラバなどで使いましたが、軽くて長時間使っていても疲れません。

LTコンセプトになってからのダイワのリールはどこか華奢なイメージがありましたが、2キロのカツオや60センチオーバーのトラウトにもパワー負けしない耐久性、酷使してもメンテナンスさえしていれば回転フィーリングも良い状態をキープできています。

個体によっては半年ほどでゴリ感が出ているものもあると聞きますが、私の所有している個体は全く問題なく使えています。

価格的には中堅機種となりますが、メタルボディの安心感のあるセルテートはけして高い買い物ではないと思います。

ただ一つだけ不満に思う事があります。それはシャロースプールとギア比、番手の組み合わせです。

この辺りは狙う魚種や好みの問題だとは思いますが、2500Hなどはシャロースプールの方がマッチしそうな気はしますし、3000番代にシャロースプールは必要なのか?と少し疑問に思います。

しかし19セルテート自体にはとても満足していますので、ここ数年のダイワリールのように3年でモデルチェンジせず、長く続いて欲しい機種だと思います。

この商品を見ている人はこちらも気になっています

セオリー / 2508PE
DAIWA [ダイワ]
セオリー / 2508PE
4.54
ツインパワー XD[TWINPOWER XD] /  4000XG
SHIMANO [シマノ]
ツインパワー XD[TWINPOWER XD] / 4000XG
4.67
CERTATE(19 セルテート)LT4000-C
DAIWA [ダイワ]
CERTATE(19 セルテート)LT4000-C
4.71
ストラディックCI4+[STRADIC CI4+] /  3000
SHIMANO [シマノ]
ストラディックCI4+[STRADIC CI4+] / 3000
4.47
レガリス LT / LT3000D-C
DAIWA [ダイワ]
レガリス LT / LT3000D-C
4.58

釣りジャンルからインプレを探す

メーカーからインプレを探す

ランキングからインプレを探す