19 ストラディック C3000

4.53
インプレ件数:6件
デザイン
4.5
機能性
4.5
価格満足
5.0
耐久性
4.3
使い勝手
4.3

使用ジャンル

使用場所

海(ショア)
海(オフショア)

利用時期

インプレを投稿する

インプレを投稿する

商品名: 19 ストラディック C3000

使用場所

使用時期

使用ジャンル

インプレ (6件)

期待通りの性能。耐久性は乞うご期待。見せてもらおうか、シマノの新型スピニングリールの性能とやらを・・・!

2019年7月に先代の15ストラディックが海の藻屑となり、新型のコイツを急遽購入。

大人気で多くの店で品切れを起こしている中、最後の一個を見つけ飛びつきました。

この品切れが15ストラディックの信頼と栄光を証明しているといってもいいでしょう。

19ストラディックは先代と比較して、ドラグの性能が良くなっていると謳われています。

実際に釣りをしてみての印象だと、確かに微調整はしやすくなりました。

一つ下のモデルであるアルテグラではワンピースベールではないため、0.6号とかの細PEでは本機が最低限だと思っています。

ショアでのエギング、オフショアでのティップラン、テンヤに使用していますが、0.6号のPEが高切れしたことはまだありません。

ここまでの性能は期待通りです。先代より少し軽くなり、正統進化といって良いでしょう。

しかし、私がこの機種に期待するのは何より耐久性。永遠に変わらない巻き心地を維持してくれると信じています。

先代は余力を残して4年間頑張ったので、本機種は5年最前線で活躍してくれるのを期待しています。

最強のハイコスパリールはこれ!

今まで入門機種からハイエンド機種まで多くのリールを使ってきましたが、2019年夏、とあるリールを使用し、衝撃を受けました。そのリールとは、2019年夏に発売されたストラディック19です。マイクロモジュールⅡ、HAGANEギア、ロングストロークスプールなど、シマノの技術を惜しみなく使った…というスペックが発売前から話題になっていましたが、同じ機能を搭載している機種との値段の開きがあまりに大きく、正直その実力には懐疑的でした。しかし実際に使用してみると、驚くほどなめらかな巻き心地に衝撃を受けました。前作や同価格帯の他のリールと比べてもハンドルを回す気持ちよさは比べ物になりません。ハンドルが回り始めてからは勝手に回り続けてくれるような感覚がたまらず、ひと昔前のハイエンド機種はすでに超えていると感じます。60-70cmのハマチぐらいなら問題なく取り込むことができたので、シーバスゲームはもちろん、ライトショアジギングにもぴったりでしょう。リールパワーも問題なしです。ただ、ハイエンド機種と比べると巻き始めが重く、エギングやストップアンドゴーのようなアクションにはやり辛さがあります。また、耐久性に関してはまだ結論が出せません。しかし、この値段にしてこの使い心地を実現したシマノさんには恐れ入ります。ハイエンドには手が出せないけど巻き心地にはこだわりたい人、とりあえず一台でいろいろ釣りたい人にオススメの一台です。

この商品を見ている人はこちらも気になっています

セオリー / 2508PE
DAIWA [ダイワ]
セオリー / 2508PE
4.54
ツインパワー XD[TWINPOWER XD] /  4000XG
SHIMANO [シマノ]
ツインパワー XD[TWINPOWER XD] / 4000XG
4.67
ストラディックCI4+[STRADIC CI4+] /  3000
SHIMANO [シマノ]
ストラディックCI4+[STRADIC CI4+] / 3000
4.47
CERTATE(19 セルテート)LT4000-C
DAIWA [ダイワ]
CERTATE(19 セルテート)LT4000-C
4.71
レガリス LT / LT3000D-C
DAIWA [ダイワ]
レガリス LT / LT3000D-C
4.58

釣りジャンルからインプレを探す

メーカーからインプレを探す

ランキングからインプレを探す