ボムスライドってどんなワーム?特徴やフックサイズ・使い方など

2020/10/12 更新

ガンクラフトから発売されている吉田撃氏完全プロデュースのバックスライド系ワーム・ボムスライド。今回はボムスライドの特徴や推奨フックサイズ、使い方のコツをご紹介します。

制作者

TSURI HACK編集部

釣り歴20年のTSURI HACK運営&記事編集担当。年間1000を超える記事を配信するため、海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広い釣り用品に触れています。公式SNSでも最新情報から編集部のインプレッションまで絶賛配信中!

TSURI HACK編集部のプロフィール

...続きを読む


アイキャッチ画像出典:釣具のポイント

ボムスライドとは

ボムスライドの画像 ボムスライドはガンクラフトから発売されているソフトルアー(ワーム)です。

バスの好物とされる甲殻類のシルエットに、カバーの最奥までアプローチ出来るようこだわったバックスライド設計、ベイトリールでの快適なキャスティングを想定した高比重マテリアルなど、幾つもの工夫が凝らされたワームになっています。

ITEM
ガンクラフト ボムスライド

バックスライドをいろいろ調査してみた結果1番釣れた。残数が少なくなると不安になるレベルの安定の釣果。


ボムスライドのスペックとおすすめフック

ボムスライドの画像 ボムスライドのサイズは4インチ(約11.5センチ)、自重が約12グラム。ベイトリールでのキャスティングは勿論、岸釣りからでも十分の飛距離を出すことができます。
サイズ4インチ
重さ約12グラム
入り数5本

フックサイズ目安

ボムスライドのフック フックはオフセットフックの5/0サイズが目安です。バックスライド専用設計なので、フックを図のように刺すだけでバックスライドアクションをさせる事が可能です。

オススメのフック

貫通性に長けたワイドギャップ形状
ITEM
オーナーゼットカスタム B-98 5/0


並木理論を形にしたコーティングフック
ITEM
ハヤブサ フィナ TNSオフセット

ボムスライドの使い方

バックスライド系ワームの基本の使い方と言えば、カバー撃ちといった障害物をタイト攻めたり、カバーへ落とし込んでいくスタイルがメインですが、ボムスライドはカバー打ちだけに留めておくには勿体ないワームです。

ここではボムスライドの様々な使い方をご紹介します。

基本となるカバー撃ち

カバー ボムスライドの横扁平なボディーはスキッピングをさせやすい形状ですので、オーバーハングの最奥にスキッピングで入れるも良し、護岸のえぐれ、葦際のえぐれ、オダ周りなど、カバーの最奥を目指してアプローチしましょう。

浮き草
出典:pixabay
またウィードポケットや葦、ヘビーカバーをパンチングで攻めることもできます。カバーが濃い場所は、ネイルシンカーをワームのお尻に刺すことで、より後方重心にさせ、すり抜けを良くさせます。

前人未踏の対岸を狙う

池
出典:pixabay
草が生い茂り対岸まで行けない野池や、ボートが出せない湖などはルアーの飛距離がキーとなるケースがあります。

自重のないワームは、飛距離を出す為にシンカーを使いますが、それでは沈下速度が早くなってしまいナチュラルなアクションが出来ません。

ボムスライドはその自重を活かし、軽量ワームでは届かない対岸を、ノーシンカーのナチュラルなアクションで攻める事が出来ます。

ズル引きで使う

ボトムを這う甲殻類をイメージながらのズル引きも効果的です。

よりクイックに動かしたい時はノーマルセッティング、移動距離を抑えたい時はバックスライドセッティングで、ボトムの障害物に引っかかったら、その場でシェイクしたり、勢いよくロッドを煽って水中を漂わせます。

ボムスライドで幸運のバスを

ボムスライドの画像 バックスライド系ワームは岸釣り、ボート釣り問わずカバーの奥に潜むバスを攻略する上でマストアイテムと言っても過言ではありません。

ボムスライドはおかっぱりを得意とする吉田撃氏プロデュースのルアーでもあるので、岸釣りアングラーの心強い味方となってくれるかもしれませんね。

関連記事


紹介されたアイテム

ガンクラフト ボムスライド
オーナーゼットカスタム B-98 5/0
ハヤブサ フィナ TNSオフセット
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD