釣って楽しい!食べて美味しい『ワカサギ』ってどんな魚?

2018/12/13 更新

ワカサギがどの様な魚かご存知でしょうか。釣りでは冬の代名詞でもある魚、料理では天ぷらが大人気の魚。今回、釣って楽しい!食べて美味しい『ワカサギ』がどんな魚であるか、釣り方やレシピをご紹介します。


アイキャッチ画像出典:PIXTA

ワカサギについて

ワカサギの魚体の画像
出典:PIXTA
ワカサギは、キュウリウオ目キュウリウオ科の魚。元々は内湾や汽水域に生息していましたが、淡水に適応するために日本各地の湖沼に移入。食用や釣りなどのレジャー資源として欠かせない魚です。

特徴

ワカサギの特徴は、細長い魚体に小さなヒレ。体長は15センチ程度まで成長します。また、降海型と陸封型の2種が存在し、群れをなして生活をします。

分布域

ワカサギの分布の画像
出典:PIXTA
ワカサギは一部地域を除く、北海道から鹿児島まで幅広く分布していますが、ほとんどが養殖され放流したものが定着。もともとの天然分布域は、太平洋側では千葉・茨城から北海道、日本海側では島根から北海道と日本の東部から北部に分布していました。

似た魚

ワカサギに良く似た『チカ』と言う名の魚がいます。分類は同じく、キュウリウオ目キュウリウオ科ワカサギ属。10センチ程度の大きさでは、見分けることが難しく、区別されずに流通されることもあります。

※東北や北海道では、ワカサギをチカと呼びます。
■見分ける2つのポイント

①海水域で獲れた個体であること。

②背ビレの前付け根より、尻ビレが後ろの位置にある。

名の由来と地方名

ワカサギは『清新≒わか』と、『小魚≒さぎ』で清新な小魚の意味が名の由来とされ、関東地方(茨城県土浦市)が発祥とされています。

そのほか地域によっては、アマサギやオオワカ、コワカ、スズメウオ、ソメブリ、シロイオ、メソグ(ブ)リ、シラサギ、キキンウオなどと、呼ばれています。

公魚の由来

公魚の由来の画像
出典:PIXTA
ワカサギは漢字で『公魚』と書きます。由来は常陸国麻生藩が徳川家斉にワカサギを年貢として納めていたことで、公儀御用達魚になったことが由来とされています。


ワカサギ釣りの種類

ワカサギ釣りの画像
出典:PIXTA
ワカサギ釣りは、主に関東地方以北で楽しまれており、冬釣りの代名詞ともなっています。初心者から上級者、家族連れで楽しむことができる人気の釣り。ここでは、ワカサギを釣る場所をご紹介します。

氷上

氷上のワカサギ釣りの画像
出典:PIXTA
氷上で楽しむワカサギ釣りは、凍った湖の上で行います。専用のドリルを使い氷に穴を空け、仕掛けを垂らして釣りをします。

ドーム

ドームのワカサギ釣りの画像
出典:PIXTA
ドームでのワカサギ釣りは、沖に設けられた筏ドームや、ドーム船と呼ばれる専用の船に乗り込み釣りを行います。乗合となる大型船や、仲間で乗る中型船、2~3人用の小型船とさまざまなタイプがあり、船底に設けられた専用の窓から仕掛けを垂らして釣りをします。

ボート

ボートのワカサギ釣りの画像
出典:PIXTA
ボートでのワカサギ釣りは、手漕ぎを行うような小型船で行います。ドーム船とは違い、船べりに道具をセットして仕掛けを垂らして釣りをします。

ワカサギ釣りの道具

ワカサギ釣りの道具の画像
出典:PIXTA
ワカサギ釣りの道具は、さまざまなものが各メーカーからたくさん発売されています。ここで必要な道具を記事でご紹介します。特にこれからワカサギ釣りを始められる方は、どんな道具を揃えたら良いのか悩まれるかと思いますので、まずは釣り場でのレンタルで楽しんでみると良いでしょう!

▼ワカサギ釣りの竿を紹介している記事です。


▼ワカサギ釣りのリールを紹介している記事です。


▼ワカサギ釣りの仕掛けを紹介している記事です。


▼ワカサギ釣りの餌を紹介している記事です。


▼ワカサギ釣りの服装を紹介している記事です。

▼ワカサギ釣りのテクニックなどを紹介している記事です。


ワカサギの天ぷら

ワカサギの天ぷらの画像
出典:写真AC
ワカサギの天ぷらの揚げ方をご紹介します。釣れたワカサギを持ち帰って自宅に帰って揚げるのはもちろんですが、その場で揚げて寒い中熱々を食べるのも醍醐味です。釣りたてをその場で! 持ち帰って自宅で! 熱々で美味しい天ぷらを揚げてみてください!

水洗いして小麦粉

ワカサギの天ぷらレシピの手順1の画像 水洗いしたワカサギに予めふるいにかけた小麦粉をまぶします。

衣を作る

ワカサギの天ぷらレシピの手順2の画像 ボウルに卵1個・水(冷水)1カップを入れて混ぜ、天ぷらの衣を作ります。

衣をまとわせる

ワカサギの天ぷらレシピの手順3の画像 卵と水で衣を作ったボウルに小麦粉1カップを2回に分け入れ、さっくりと混ぜすぎないように混ぜます。

170~180度で揚げる

ワカサギの天ぷらレシピの手順4の画像 適量の油を入れた天ぷら鍋もしくはフライパンに火をつけ、170~180度になったら天ぷら衣を付けたワカサギを揚げます。

完成

ワカサギの天ぷらレシピの手順5の画像 揚がったワカサギをバットなどで油を切り盛り付けたら完成です。お好みの調味料を付けて熱々のうちに召し上がってみてください!

ワカサギの人気レシピ

ワカサギのレシピの画像
出典:PIXTA
ワカサギ料理は天ぷらだけではありません。揚げて・焼いて・煮て・と様々なアレンジレシピがあります。ワカサギ釣りを楽しんだ後の料理も醍醐味で、一度食べたら病みつきになるほどです。小さいながらカルシウムがたっぷり詰まったワカサギ料理を堪能してみてください。

ワカサギの塩焼き

ワカサギの塩焼きの画像出典:PIXTA
天ぷらやフライなどのイメージが強いワカサギですが、素材の良さがダイレクトに伝わる塩焼きも美味しいです。シンプルで簡単なレシピなので自宅はもちろん釣り場で調理も可能です。

ワカサギの南蛮漬

ワカサギの南蛮漬の画像
出典:PIXTA
天ぷらと並ぶ人気料理と言えばワカサギの南蛮漬けではないでしょうか。酸味があるスパイシーな南蛮漬けやマリネにピッタリ!酢を使っているので1週間ほど日持します。その日に食べきれないワカサギは南蛮漬けにしよう!

ワカサギの甘露煮

ワカサギの甘露煮の画像
出典:PIXTA
佃煮店などで売られているワカサギの甘露煮も自宅で簡単に作れます。甘辛く煮たワカサギを炊き立てのご飯の上にのせて食べよう!

ワカサギの料理や釣りを楽しもう!

ワカサギの画像
出典:PIXTA
日本の冬の風物詩であるワカサギは小型の魚ながら湖沼で人気の高いターゲットです。ボート釣り・氷上釣り身近なフィールドに見合った釣りをし、小刻みな引きを楽しんだあとはワカサギ料理を堪能しよう!

ワカサギの画像
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

グランダー三平
グランダー三平

三度の飯より釣り好き。 幼少期より川・海問わず色々な魚種を釣ってきました。 釣った魚を食す幸せを伝えたい!

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!