フットボールジグ

フットボールジグ基本の使い方とおすすめアイテム10選!

フットボールジグはアーキーヘッドジグと並び、古くから存在する形状としてアングラーに認知されています。マキモノとして使用したり、ボトムでじっくり誘うこともできる優等生ルアーです。今回はフットボールジグの基本的な操作と有効なシチュエーション、おすすめのアイテムまでご紹介します。

目次

アイキャッチ画像出典:Amazon

フットボールジグとは

エバーグリーンのフットボールジグ

 出典:Amazon

フットボールジグとは、ウエイト部分の形状がフットボール型をしたラバージグの事を指します。

横方向に広いヘッドは、ボトムでの安定感が良く、横に倒れたりすることの少ない形状です。

加えて、スイミング時の安定感もいいので、ずる引き、ボトムパンプ、リフト&フォール、スイミングなど様々なアクションに対応しています。

フットボールジグの使い方

フットボールジグ

提供:むっちん

文字通りフットボール形のヘッドは、抜群の安定性と感度を誇ります。しかし、万能とも思われるフットボールジグにも弱点があります。

それは、根がかりがしやすいという事です。ここでは、フットボールジグが生きる場所やアクションを考えてみましょう。

フットボールジグを使うコツ

フットボールジグ

撮影:TSURI HACK編集部

独特のヘッド形状はカバーに対する、すり抜け性にやや劣ります。よって障害物が少ないエリアでの使用が向いています。

カバーではカバーに強い形状のジグを使い、フラット(障害物が少ない)エリアではフットボールを使うなど、状況に応じて使い分けましょう。

フットボールジグのタックル

フットボールジグのタックル

制作:TSURI HACK 編集部

フットボールジグをしっかりと動かせるようなM(ミディアム)~MH(ミディアムヘビー)アクションのロッドで、リールは回収の速いノーマルギアかハイギアのリールがマッチします。

フットボールジグは沈めて使うことが多いため、ラインは比重が高く、伸びの少ないフロロがおすすめ。使うジグの重さや状況によってもマッチするタックルが異なりますので、状況に応じて使い分けましょう。

フットボールのアクションの基本ボトムバンプとは?

フットボールジグ

提供:むっちん

フットボールジグの代表的なアクションにリフト&フォールがあります。フットボールジグは、フォール時のアクションが秀逸で、ストンと垂直に素早く落ちてくれます。

この、ストンと素早く落ちる緩急を生かして、リアクションバイトを誘う事ができます。

フットボールジグをタダ巻きしてみよう

フットボールジグ

提供:むっちん

フットボールジグはクランクや、バイブレーションのように投げて巻くだけでバスを釣ることもできます。

スイミングジグや、スコーンリグと呼ばれる釣法ですが、これもフットボールジグがスイミングにおいて高い安定性を保持することからなせる業です。

派手なアクションに反応が少ない時などに、試してみるといいでしょう。

フットボールジグおすすめ10選

ここでは、おすすめのフットボールジグを紹介させていただきます。一見すべて同じ形をしているフットボールジグですが、細部にわたって各メーカーのこだわりが施されています。

スイミングが得意なジグ、ボトムパンプが得意なジグ、それぞれ特徴も異なります。状況に応じて使い分けて、フットボールジグをマスターしましょう!

■名作がFECO対応になってリニューアル

エバーグリーン フットボールジグ シリコンラバーモデル


■その名にたがわぬリアクション性能

エバーグリーン リアクションフットボール


■驚異のフォールスピードとコンパクトシルエット

■スイミング性能に磨きをかけたジグ

デプス ハイパーフットボールジグ


■スタンディングアクションはこのジグにしかできません

デプス ヘッドロックジグ シリコンスカートVer


■ワンポイントの突起で感度抜群

プロズファクトリー ワンポイントフットボール


■マルチに使え、お手頃価格も魅力

■フットボールジグの基本が詰まったジグ

ケイテック ラバージグ・モデル2 フットボールジグ

■フットボールジグなのに根がかりしにくいジグ

フィナ シューティングボールジグ

■永遠の名作フットボールジグ

フットボールジグはビックフィッシュハンター

フットボールジグ

撮影:TSURI HACK編集部

根がかりがしやすいというデメリットを除けば、フットボールジグはビッグフィッシュハントが望める最強ルアーです。

ただし、自発的に動いてくれるルアーではないので、自分でビッグフィッシュが好むアクションを見つけることが重要です。

フットボールジグを使いこなして、ランカーを狙ってみましょう!

関連記事