五頭フィッシングパーク【新潟】パラダイスエリアを攻略

2019/01/16 更新

五頭フィッシングパークは新潟県にあるフライ&ルアー専用のフィッシングエリアです。五頭山麓にある広大なポンドではニジマスやイワナを始め様々な魚種が放流されています。今回は五頭フィッシングパークの基本情報とおすすめのルアーをご紹介します。

制作者

グランダー三平

三度の飯より釣り好き。幼少期より川・海問わず色々な魚種を釣ってきました。釣った魚を食す幸せを伝えたい!

グランダー三平のプロフィール

...続きを読む


アイキャッチ画像出典:五頭フィッシングパーク

五頭フィッシングパークとは

五頭フィッシングパークで釣りをしている 五頭フィッシングパークとは、新潟県阿賀野市にあるフライ&ルアー専用の管理池です。五頭フィッシングパークでは、大自然に囲まれた五頭山の麓に広々と設置されたポンドで、周りを気にすることなく思い切りフルキャストし一日を通して釣りを満喫することが出来ます。

五頭フィッシングパークの魅力

五頭フィッシングパーク最大の魅力は、何といってもその魚のコンディション管理にあります。営業日を週の半分程度に制限することによって魚のコンディションを常に自然本来の状態で維持し、他の管理池では味わえないような自然の魚が持つパワフルな引きを楽しむことが出来ます。

五頭フィッシングパークの基本情報

半日券3,000円
イブニング券2,500円
ナイター券2,500円
レンタル800円/1セット
五頭フィッシングパークでは持ち帰れる魚をニジマス、ドナルドソン、ロックサーモンに限定しています。しかし、魚のコンディション管理のために、持ち帰り可能な魚種やそれぞれの料金は変更する可能性があります。

五頭フィッシングパークの詳しい料金はこちら

五頭フィッシングパークのアクセス


磐越道安田インターチェンジから国道290号経由で新発田・杉村温泉方面へ5キロメートル程度、新潟市内からは約25キロメートル程度とアクセスも抜群です。

営業日と営業時間

営業日土、日、月曜、祝日のみ営業(大型連休は営業)
夏季4~10月 8:00~18:00(ナイターは21時まで)
冬季11~3月 8:00~17:00
営業日は土、日、月、祝日のみの営業ではありますが、お盆や年末年始なども祝日として全日営業しています。ナイター営業は6~9月の夏期の土曜日限定の営業になりますが、21時までと遅くまで営業しているので、お仕事帰りにもしっかりとした照明のもとでルアー、フライフィッシングを楽しむことが出来ます。

釣り場でのルール

注意看板
出典:PIXTA
五頭フィッシングパークでは、イトウなど特定の魚種を釣り上げた際には五頭フィッシングパークで使用できる商品券をもらえる制度の他、十分なコンディション維持のために魚の扱い方、ルアーの重量制限などにいくつかのルールを設けています。実際に行く際には、詳細のルールを事前に下記のボタンより確認しておきましょう。

五頭フィッシングパークのレギュレーション

五頭フィッシングパークで狙える魚種

五頭フィッシングパークでは、様々なトラウト種の他にも、イワナや、今ではなかなかお目に掛かれないイトウなど、実に多くの魚種を放流しています。狙う魚種によって仕掛けを変えてみたり、水面に引き上げるまで何が釣れたかわからないような楽しみは、他の管理釣り場ではなかなか味わえない魅力です。

トラウト

例えばトラウトに限っても、レインボートラウトやブラウントラウトなどの一般的な種から、パワフルな引きが人気のスチールヘッド、そして重量が10キロにまで達すると言われているドナルドソントラウトまでが放流されており、その多彩な引きで飽きの来ない釣りを楽しめます。

イワナ

イワナ 日本を代表する渓流魚であるイワナの放流とともに、イワナとブルックトラウトを交配した種であるジャガートラウトも放流されています。イワナ独特の地面に引きずられるような独特な引きの中に、トラウトの重量を乗せたようなジャガートラウト特有の引き方は、なかなか味わうことが出来ません。

イトウ

イトウの水中
出典:photo AC
生息数の激減により、今では幻の魚とも言われているイトウも放流されています。イトウの持ち帰りこそ不可にはなっていますが、最大1.5メートルにまで達し、ネズミを丸のみしてしまうと言われているイトウを釣り上げることが出来るという事は、五頭フィッシングパークの大きな魅力の一つでもあります。

サクラマス

ヤマメの海降型であるサクラマスも五頭フィッシングパークには放流されています。小柄な魚種ではありますが、その徹底したコンディション管理により自然本来のまま生息しているため、大型種と間違えてしまうような強い引きを楽しむことが出来ます。

五頭フィッシングパークにおすすめのルアー

様々な魚種が放流されている五頭フィッシングパークを満喫するために、実績の高いおすすめのルアーを魚種別にご紹介します。

ネイティブフィールドに最適なカラーが効く!
ITEM
フォレスト MIU ネイティブシリーズ 3.5g
自重:3.5g

泳ぎはシンプルです。1.5号のラインを使用しましたが、基本的なスプーンと同等に扱いやすいです。3投目を投げて寄ってきたウグイが釣れました。性能は問題なく良だとおもいます。値段も安いですし、なかなか良いのではないでしょうか。カラーや重さをかえていろいろと


抜群のアピール力で活性の低いトラウトに!

小さなシルエットがイワナに効果的!
ITEM
シマノ CARDIFF スリムスイマー 3.5g
自重:3.5g

冬で川バスは難しいので何気なくこれを使い、何でもいいから釣ろうと使用していたら、結構大きめなヤマメが連れました。この小ささが丁度いいのかな?


高活性の時期の表層攻略に
ITEM
ラッキークラフト マイクロクラピーSR
自重:1.9g

luckyのクラピーさんにはお世話になっています笑 1個あればボウズは無いから!


トラウト、イワナ釣りに高い信頼と実績
ITEM
スミス パニッシュ 55F
全長:55mm
自重:2.4g

最強の渓流ルアーといっていい。ヤマメもイワナも釣れるが特にヤマメに絶大な効果がある。ダウンでもアップでもよく動き、フックも貫通力が高いので、とにかく釣れる。


静水での一味違うアピールに!
ITEM
タックルハウス elfin ミニシケイダー
全長:28mm
自重:1.8g

一味違ったアピールは低活性時に!
ITEM
桜井釣漁具 ボトムキラー 1.5g
自重:1.5g

大物トラウト狙いの定番ルアー!
ITEM
ジャクソン クオン 生蝉 4.5g
全長:42mm
自重:4.5g

生蝉での釣果はブラウントラウト50UP2本、40UP1本、バイト多数でした。魚の近くにキャストするのではなく、水の流れに漂わせ、魚がルアーに気づく、食い上げてくるパターンでした。


五頭フィッシングパークを攻略しよう!

五頭フィッシングパークで大型トラウト 大自然に囲まれた広大なポンドで、コンディション管理された豊富な魚種を釣り上げることが出来る五頭フィッシングパークは、何度も渓流釣りを経験しているベテランの方から、これから釣りを始めようと思っている初心者の方まで幅広い方々が楽しむことが出来ます。ぜひ五頭フィッシングパークでそのパワフルな引きを体感してみてください。

紹介されたアイテム

フォレスト MIU ネイティブシリーズ…
フォレスト パル 3.8g
シマノ CARDIFF スリムスイマー…
ラッキークラフト マイクロクラピーSR
スミス パニッシュ 55F
タックルハウス elfin ミニシケイダ…
桜井釣漁具 ボトムキラー 1.5g
ジャクソン クオン 生蝉 4.5g
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

この記事のキーワード