アラ【幻の魚】釣り方を解説!超高級魚を食べる時のおすすめレシピ4選も

2019/12/19 更新

アラはスズキ目ハタ科に属する魚で、入荷量が少ない為、超高級魚とされています。大型のものほど食味が良いとされており、10キロオーバーのアラを求め、多くの釣り師が狙うターゲットでもあります。今回はアラの釣り方と狙える時期と旬、ポイントをご紹介します。

制作者

グランダー三平

三度の飯より釣り好き。幼少期より川・海問わず色々な魚種を釣ってきました。釣った魚を食す幸せを伝えたい!

グランダー三平のプロフィール

...続きを読む


アイキャッチ画像出典:シマノ facebook

超高級魚アラって、どんな魚?

アラのイラスト
出典:PIXTA
アラはスズキ目ハタ科アラ属の魚です。小型のアラはまとまって水揚げされる事もありますが、成魚、特に1キロを超える個体は珍しく、幻の魚とも云われる程です。ベテラン釣り師でも狙って釣るのは非常に難しいと言われています。

生息域・分布

日本海
出典:PIXTA
太平洋側では北海道から九州南岸まで、日本海側では青森から九州南岸まで広く生息するアラ。水深70から約400メートルの岩礁帯を好み生息していると言われています。

特徴と生態

アラの分かりやすい画像
出典:PIXTA
アラの成魚の体長は80センチ程で、スズキに似たスマートな体型、キツネのように尖った顔つきが特徴です。背ビレ、尾ビレ、尻ビレなどの棘は鋭く、エラブタにも大きな棘を有しており、体色は銀色に褐色を混ぜたような金属的な色で若魚は黄色っぽい横縞で腹部は銀白色をしています。

アラとクエの違いって?

クエ
出典:PIXTA
アラと同じスズキ目ハタ科のクエは九州での地方名が「アラ」でと呼ばれるため、混同されやすいですが全く別の魚です。ともに超高級魚ですが、アラはクエ程の一般的に知られていない魚と言えるでしょう。

アラの旬はいつ?狙いたい時期

荒れている海
出典:PIXTA
アラは脂がたっぷり乗る冬に旬を迎えます。しっかりとした上質の白身は、脂が乗ってもしつこさはなく、とても上品な味わいが美味と言われます。釣りで狙う場合は、年中釣る事ができますが、釣りのベストシーズンは1~4月となります。

アラの釣り方

アラを狙う場合、オフショア(船)から水深200~300メートルの海底を狙うのが一般的です。深くて狭いスポットにある程度の群れが寄るため胴付き仕掛けが主に使われます。また、近年ではジギングの対象魚としても人気を博しています。

エサ釣りで狙うアラ

漢字で?と書くように底棲魚のなかではトップクラスのパワーの持ち主であり、深い底から激しく竿を絞り込んできます。夢の10キロオーバーを求めて、通い詰める釣り師も少なくありません。

ダイワ ゴウイン ブル STD HH-175

全長:1.75m
自重:410g
継数:1本
仕舞寸法:139cm

シマノ 15 プレミオ3000

ギア比:3.6
自重:625 g
最大ドラグ力: 10kg
巻取り長さ:64cm
PE糸巻量(号-m):4-400/5-350/6-300/8-200

高強度PEライン 1000m 5色マルチカラー


ダイワ 快適天秤 スピード Φ1.2-200


景山 下オモリ 200号 3本入り


がまかつ 赤ムツファイバー2本仕掛蛍紫・橙FD142 18号-ハリス6


釣り方

オフショア アラは落ちてきたエサに素早く反応するため、仕掛けが着底した瞬間にアタリがくること非常に多いです。エサが落ちてきた状態を数多く、上手に演出することがポイントで、釣り師の腕の見せどころにもなります。大型アラのタナ(水深)は海底から2~3メートルと言われており、コマメに底ダチを取り直してエサをキープさせましょう。エサは、イカ、サンマ、サバなどの切り身を使い、ヒイカのような小さいイカは1杯掛けがおすすめです。

ジギングで狙うアラ

オフショアからのジギングでもアラを狙うことができます。引きが強くゲーム性が高いため、人気のある釣り方です。

シマノ ゲーム タイプ スローJ B686

全長:2.03m
自重:136g
継数:1本
仕舞寸法:203cm
ルアー重量:MAX450g

シマノ 16 オシアジガー 3000HG

ギア比:6.2
自重:615g
最大ドラグ力:10kg
巻取り長さ:117cm
PE糸巻量:3-670/4-480/5-420/6-330 号-m


ディープライナー スロースキップVib ビブ

自重:180g

釣り方

オフショアジギング ジギングでの狙い方は基本的にスローピッチで誘います。ヒットする瞬間は一気に食い込むときと、こつこつ当たりがあった後に食い込む場合があります。ヒットした後は絶えずテンションを掛けて、できるだけポンピングはしないようにしましょう。

スローピッチジャークの基礎知識はこちら!

アラは最高級の味覚!

特に冬に旬を迎えるアラの身は脂が乗り、刺身やしゃぶしゃぶが特に美味と言われています。2、3日寝かせると熟成され、更に旨味が凝縮されます。

刺身

刺身の画像
出典:PIXTA
アラの刺身は甘味とコクがあり、絶品です。最高級の味わいと言われる程。コリコリとした食感があり、しゃぶしゃぶにしても大変美味な味わいを楽しめます。

鍋
出典:PIXTA
鍋物にとても良く合うアラ。骨からは上質で旨味の強い出汁が出ます。上品でプリプリの身を堪能できます。締めにはアラの出汁と野菜の旨味が染みこんだ雑炊が絶品です!

煮付け

煮付け
出典:PIXTA ※画像はイメージです。
アラは煮付けとの相性も抜群です。鍋同様に旨味の強い出汁が出るので、味付けは薄めにしてアラ本来の味わいを楽しみましょう。

味噌汁

味噌汁
出典:photoAC
アラは頭部が大きい為、骨とともに煮込む事で旨味の強い出汁が味わえます。特に白みそとの相性が良いので、贅沢な味噌汁にしてみてはいかがでしょう。余す所なくアラを食してみてください。

幻の魚アラを一度は釣ってみたい!

海の夕日
出典:pixabay
アラはの成魚は個体数が少なく、釣り上げるのも難しいため幻の魚とも言われる超高級魚で、なかなかお目にかかることはできません。しかし、その分大型のアラが釣れた時の喜びはひとしおでしょう。また、釣りたてのアラを食べると他の魚では物足りなく感じてしまうほど美味な魚でもあります。釣り魚としては敷居の高い魚ではありますが、釣り師であれば一度は釣り上げて食してみたい魚ですね。

紹介されたアイテム

\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD