シュガーディープ

シュガーディープをインプレ!実はライトソルトゲームにも最適なんです。

2022/11/01 更新

バスデイのシュガーディープをインプレ!

サクラマスを狙う方なら誰もが知っていると過言ではない名作ルアーですが、じつはこのルアー、ライトソルトにも非常に最適なんです。

目次

バスデイのシュガーディープが欠かせないんだ。

バスデイのシュガーディープ

バスデイのシュガーディープ。サクラマスを狙う方なら誰もが知っていると過言ではない名作ルアー。

じつはこのルアー、ライトソルトにも非常に最適で、僕の釣りには絶対に欠かせないルアーなのです。

今回はそんなライトソルトにおけるシュガーディープの魅力をお伝えしていきたいと思います。

小林
「ミノーってなんか苦手」って人にも、じつは非常にオススメできるので、そんな方のひとつと引き出しとなればうれしい限りです。

バスデイのシュガーディープについて

バスデイのシュガーディープ各サイズ

シュガーディープはサクラマス狙いなどのネイティブトラウト用に開発されたルアー。

ソルトだけやっている方にはあまり馴染みがないかもしれませんし、大型のネイティブトラウトが釣れない地域の釣具屋さんには置いていないこともあります。

小林
もちろん、大型のネイティブトラウトがいない僕の住む徳島県の釣具屋さんでも滅多に見ることはありません(泣)

シュガーミノーのミッドダイバーモデル

バスデイのシュガーディープのリップ

そもそもシュガーディープはサクラマスの定番ミノー「シュガーミノー」のミッドダイバーモデル

ライトソルトにおいてはシュガーミノーだと浅すぎて魚の居るレンジを効率的に探れないのですが、シュガーディープなら2mあたりまで探ることが可能なのです。

小林
このレンジの差がライトソルトにおいて非常に有効になることがあるのです。

タイプは様々

バスデイのシュガーディープ

シュガーディープのタイプは様々。フローティングやサスペンドがありますし、サイズも110mm〜40mmとかなり幅広くあります。

動きもサイズやタイプによって微妙に異なっており、レギュラーウォブリングもあればタイトウォブリングもあるし、ローリングするモノものも。

小林
どれを使うべきか?迷ってしまうところなのですが、僕がライトソルトにおいて一番しっくりきたのは以下の2つです。

バスデイ シュガー2/3ディープSG 52F

全長52㎜
自重3.1g
深度1m

バスデイ シュガーディープショートビル 85F

全長85㎜
自重8.5g
深度2.0m

シュガーディープをインプレ

ひとつ下のレンジが引ける

シュガーディープをライトソルトで使う強みはなんといってもひとつ下のレンジが引けること。

足場の高い堤防でも足元までしっかり攻めることができるのです。

小林
数多くライトソルト用のミノーがリリースされていますが、じつはこれができるミノーってあまりないような気がしています。

バスデイのシュガーディープとかます

ライトソルトゲームに越した事ではありませんが、ほんのわずかなレンジの差で、驚くほど魚からの反応が良くなる時ってありますよね。

レンジがハマると、まわりの釣り人は釣れていないのに自分だけ入れ食いっ! なんてこともあります。

歯型でボロボロになったバスデイのシュガーディープ今年の夏はこのシュガーディープでカマスをかれこれ100匹以上は釣りましたが、この通り歯型で傷だらけ。

ワームだと一撃でボロボロになりますが、手返し良く釣り続けられるのもミノーの強いところ。

飛距離でないがピンスポで活躍

飛距離が稼げるミノーが多くリリースされている昨今。それらのミノーと比べると飛距離は2/3ほどしか飛びません。

なので、例えばシーバス用のスタメンルアーとして使うには厳しいですが、僕がシュガーディープをオススメしたいシチュエーションはあくまでも魚種を限定しないライトソルトや飛距離に左右されないピンスポットになります。

バスデイのシュガーディープと青物

↑地磯にて、サラシが出ている深みを潮の流れに合わせてゆっくり巻いているとガツンと食ってきたツバス。

この時使ったシュガーディープは80F。リップが長いので海で使うには引き抵抗がかなり強いのですが、水深2mほどのレンジを探るのに最適です。

じつはこの時、サラシに潜むヒラスズキを狙っていたのですが、釣れたのはまさかのツバス(笑) 次こそはヒラスズキを!

足場を選ばない

バスデイのシュガーディープとチヌ

↑ショートビル85Fを潜らせ、底に当ててからフワフワと浮かせている時に食ってきたチヌ。

シュガーディープはリップがしっかりと水を噛み、足元まで探ってくることができますが、言い換えれば足場を選ぶ必要がないとも言えます。

通常であればウェーディングしなければ釣れない夜の魚も、足場の高い堤防から気軽に狙うこともできるのです。

ソルト用だと殆どがシンキングですが、フローティングというのもポイント。

小林
ただ巻くだけでレンジをキープして良い姿勢で泳いでくれますし、根がかりもほぼしません。

シュガーディープ、侮れませんよ!

バスデイのシュガーディープの水中姿勢

淡水用としてリリースされているルアーを見るとつい「海釣りでは使えないか……」と考えてしまいがちですが、じつは使い方や考え方、そして自身の経験を活かすことで化けるシチュエーションは多くあるものです。

シュガーディープはまさにそんなルアーだと感じており、日々使い倒しております。

小林
フローティングを中心にリリースされているので、初心者の方にも扱いやすく、ミノーが苦手なんて人にも最適と感じているので、興味をそそられた方はぜひ一度使ってみることをオススメします。

バスデイ シュガー2/3ディープSG 52F

全長52㎜
自重3.1g
深度1m

バスデイ シュガーディープショートビル 85F

全長85㎜
自重8.5g
深度2.0m

関連記事