カラマレッティUX ティップランを実釣インプレ!買って損ナシの1本でした

2022/09/19 更新

「お値段以上の使用感」と評判になっている、オリムピックのカラマレッティUXティップランモデル。そんなカラマレッティUXを購入したので、実釣インプレします!噂通りのコスパ抜群ロッドでした。

制作者

tsuki

関西出身の元釣具屋。堤防釣りから船釣り、淡水の釣りまで守備範囲は広め。現在も近畿圏を中心にさまざまなエリアへ積極的に釣行し、日々面白い釣りがないか模索中。釣具店に勤務していた頃の知識を活かして皆様の役に立つ情報を発信していきます。

tsukiのプロフィール

...続きを読む


アイキャッチ画像画像提供:tsuki

ティップランロッドのエントリーモデル!

カラマレッティUX ティップランモデルで釣ったアオリイカ
カラマレッティUX ティップランは、オリムピックが発売するアンダー2万円のティップランロッドです。

エントリーモデルなので上位機種のような国産ではありませんが、ベトナムにて厳重な品質管理のもと製造されています。

「低価格ながらクラスを超えた性能」と耳にしたので、筆者も購入してみました!

スペック

全長(ft)自重(g)継数(本)仕舞寸法(cm)先径(mm)適合エギ(g)PEライン適合(号)定価(円)
5’11”7421490.9MAX70g0.4-1.016,500

カラマレッティUX ティップランの特徴

カラマレッティUX ティップランモデル
まずはカラマレッティUXティップランエギングモデルの特徴を解説します。

ブランク

カラマレッティUX ティップランモデルのブランク
ブランクは高弾性カーボンが採用されており、細身軽量かつ強い張りを備えています。

バットセクションには、グラファイトクロスLVを採用。

強度にも優れ、ネジレやつぶれに対して高い剛性を誇ります。

ティップ

カラマレッティUX ティップランモデルのティップ
穂先には、カーボンソリッドを採用しています。

先径は0.9mmと、ティップランロッドの中では平均的な仕様。

ティップランで大切な穂先の視認性を高めるために、白く塗装されたうえにオレンジのスレッドが巻かれています。

ガイド

カラマレッティUX ティップランモデルのガイド
ベリーからバットにかけては、ステンレスフレームのKガイド(オールSiC-Sリング)を採用。

ティップ部にはフレームが前方に傾斜したLDBガイドを搭載し、糸を拾って絡まないようにセッティングされています。

ティップからベリーにかけて小口径ガイドを配置する(KRガイドコンセプト)ことにより、感度も高められています。

グリップ

カラマレッティUX ティップランモデルのグリップ
リールシートは握りやすくて操作性の高いVSSリールシートを採用。

グリップはEVAのセパレートです。

カラマレッティ UXティップランをインプレ

カラマレッティUX ティップランモデルでティップランエギング
ここからはカラマレッティUX ティップランの使用感をお届けします。

アクションについて

こちらは、使用頻度が高い40gのエギのアクションです。

ティップランロッドらしい張りの強いファーストテーパーなので、テンポよくワンピッチでジャークできます。

そして、ステイさせた時にティップが曲がり過ぎないので、アタリを取りやすいです。

40g程度なら十分アンダーハンドでキャストでき、浅場や船が流れにくいタイミングで広い範囲にアプローチできます。
スペック上の最大ウェイトである70gのアクションです。

若干の引き重りは感じるものの、バットにはまだまだ余裕があるので難なくジャークできます。

ステイ中は40gの時よりも少しだけ曲がりが大きくなりますが、アタリを取るための目感度は残されています。

スペック上の最大は70gですが、筆者の感覚では100g程度までなら対応できそうでした。

お値段以上の感度

カラマレッティUX ティップランモデルの感度
目感度・手感度ともに必要十分かつ、「お値段以上」という印象です。

先調子かつ軽量で、重心バランスも良いためか手感度が優れており、よそ見をしていてもアタリが伝わってきました。

もちろん穂先の目感度も十分で、わかりにくモゾモゾ系のアタリもしっかり表現してくれます。

操作性は良好

アンダー6ftのショートレングスなので操作性はとても良好です。

丸一日テンポよくジャークでき、疲労も少ないです。その結果、集中力が持続するのでアタリを見逃さず、瞬時に掛けアワせられます。

ただし、ロッドが短い分だけ、波が高い時はエギを安定させにくいのがデメリットです。

オールラウンド

カラマレッティUX ティップランモデルとダートマックス
多くのエリアで使用頻度の高い40g前後を使いやすいので、とてもオールラウンドな1本です。

とくに水深30m程度を狙うことが多い秋は、ほぼこれ1本で対応できるでしょう。

また、70g程度も難なく操作できて十分なバットパワーを備えているため、晩秋〜冬、春の深場・大型狙いにもバッチリ使えます。

筆者がよく釣行する日本海の丹後や若狭湾方面、瀬戸内、淡路島、和歌山中紀〜南紀、三重志摩方面などはこれ1本で楽しめそうです。

キャスティングにも対応

2.5〜3.5号のエギをキャスティングする、ボートエギングスタイルにも使えます。

「深場のティップランがダメなら、浅場でキャスティング」といったプランもこの1本でOK。

ベリーからバットの張りが強いので、アンダーハンドはもちろん、オーバースローでも投げられます。

とはいえ、穂先は非常に繊細なので、ゆったりとしたモーションで投げるようにしましょう。

穂先に負荷が掛かりやすい“バス投げ”は破損に直結するので注意してください。

ティップランデビューにおすすめです!

カラマレッティUXでティップランエギング
上位機種のような国産ではないものの、いざ使ってみると「さすがオリム」と思わされる高品質なロッドでした。

1万円台のティップランロッドの中では、かなり使用感もよく、入門者の方が使ってもしっかり誘ってアタリを取れると思います。

ただし、評判が良いせいか最近(2022年秋)は品薄気味で、やや入手困難なのが難点です。

オールシーズン幅広いエリアで活躍するロッドなので、気になる方はぜひお試しください!
画像提供:tsuki

オリムピック カラマレッティUX ティップランエギングモデル 21GCALUS-5112M-S

全長5ft11in
自重74g
継数2本
仕舞寸法149cm
エギサイズMAX70g
PEライン適合0.4-1.0号

関連記事


紹介されたアイテム

\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD