サスケ 120 裂波

サスケ 120 裂波をインプレ!超人気・定番ルアーは何がスゴイの?

ima(アムズデザイン)サスケ 120 裂波をインプレッション! 

ソルトルアーをするアングラーで知らない人はいないといっても過言ではないサスケシリーズ。

なぜこれ程までに人気なのか? その理由を考えてみました。

目次

記事内画像撮:DAISUKE KOBAYASHI

サスケ 120 裂波ってスゴイの?

サスケ 120 裂波

imaのサスケ シリーズ。シーバスや海のルアーフィッシングにおいて超定番のルアーのひとつと言えるでしょう。

ですが、その種類の多さから何を買って良いかわからなかったり、自分のスタイルやフィールドには合わないと、まだまだ使っていない人も多いのではないでしょうか。

小林
じつは僕もその一人。今回はサスケシリーズの中でもド定番のサスケ 120 裂波(レッパ)を使い、このルアーがなぜ人気で定番と言われるか? その理由を考えてみました。

サスケ 120 裂波の特徴

サスケ 120 裂波のリップ
サスケ 120 裂波は全長120mm、自重17g、フローティングのリップレスミノー。レンジは70-90cm。

imaのルアーには共通して可愛らしい目がついています。

サスケ 120 裂波のアクション

アクションはウォブリングとローリングが程よく合わさったウォブンロールアクションで、ヌメヌメと艶かしい小魚のような動きをします。

ゆっくり巻いても手元に程よい抵抗が伝わるので、何をしているのかがわかりやすいですね。

小林
ただ巻き(早巻き)の中で時折ヒラをうつため、そうしたイレギュラーな動きも魚を食わせる要因のようにも感じました。

リップレス&重心移動で「十分な飛距離」


リップレスがゆえに空気抵抗を受けにくいことと、ラトルボールの重心移動により割と飛んでくれます。目測で50mほど。

誕生が2004年とのことで、当時としては「ぶっ飛び」の部類だったのでしょうが、現代のマグネット系の重心移動には劣ります。

小林
それでも50mも飛べば十分な飛距離といってよいでしょう。

裂空や他のシリーズとの違い

imaのサスケシリーズ

サスケは裂波を始め、裂空、剛力、裂砂などとシリーズ分けがされていますが、初めての方は何から使えば良いのかわかりませんよね。僕もそうでした(笑)

定番は『サスケ 120 裂波(フローティング)』。そこから烈風(シンキング)や剛力(大型フック搭載で磯でのヒラスズキや青物にも対応)などと展開をしています。

まずは、裂波を基準に考えて自分の釣りに活躍しそうなタイプを探していくのが良いかと思います。

小林
兎にも角にも、最初の一本目を購入するなら“サスケ 120 裂波”で間違いないように感じますね。

サスケ 120 裂波を持って実釣


今回はヒラスズキ狙い。裂波だけでなく、その他のルアーも一緒に持っていきます。


はじめはメタルジグやシンキングペンシルをチョイス。雰囲気は良いものの、なかなか魚からの反応がありません。

潮が下がったタイミングでサラシの中にサスケ 120 裂波をブチ込むと……


なんと一投目でヒット!

サラシの中でかけたのでデカいヒラスズキかと思いましたが、引きが明らかに違います

上がってきたのはなかなか良いサイズのメジロ。ベイトを狙ってサラシの中に隠れていたようです。

狙っていた魚とは違いますが、裂波で釣れた一匹だったのでテンションは最高潮。

サスケ 120 裂波と青物

散々投げた後だったので、レンジが合ったのか?ウォブンロールが効いたのか?定かではありませんが、どうやらこのタイミングでは裂波が正解だったようです。

個人的には、ジャークなどをしてもこのルアーの良さは活きないため、ただ巻き以外では余計なことをしない方が良いルアーに感じましたね。

小林
言い換えれば、“ただ巻きだけで釣れるルアー”といえます。

フックはシーバス向け

サスケ 120 裂波のフック #6

ただ、裂波はデフォルトではシーバス向けの細軸フック(#6)が搭載されているため、メジロ相手では一発でフックが使い物にならなくなってしまいました。

小林
タックルバランスやシチュエーション(根の入り方)次第でもありますが、青物には少し無理があったようですね。

もし青物を狙う際には青物にも対応した『剛力』、春先のベイトが小さい時には『105』『95』などとサイズを調整して使い分けていくのがサスケシリーズの楽しみ方のようです。

まずはサスケ 120 裂波から

サスケ 120 裂波

そもそもこの手のルアーは、ナイトシーバスやウェーディングシーバス、干潟や遠浅サーフなどのシャローエリアで活躍するルアーという認識がありました

僕が通う釣り場は、どん深サーフや、足場の高い堤防&地磯が多く、ミノーを使うなら2m以上は潜るロングビルミノーが活躍するシチュエーションが多いため、シャローランナーはとくに必要に感じませんでした。

……が、裂波を使ってみたことで「あのシチュエーションであの魚を狙えるな〜」と一気に幅が広がったように感じます。

とくにヒラスズキなどは、驚く程浅い所にもいると言われていますので、今後はそのような魚(今まで取りきれていなかった魚)を狙ってみたいと思っています。

小林
多くのソルトアングラーから厚い支持を得ているサスケシリーズ。

その人気たる理由や実釣力は、まだまだ計り知れないところがありますが、今回改めて使ってみてサスケ 120 裂波を一気に好きになってしまいました。

公開後の追記分

その後……よく釣れたのがヒラスズキやヒラセイゴ。落ち鮎を意識してフラフラと泳がせていると不思議なぐらい下からもんどり打って食ってきました。

小林
今ではすっかり一軍入りしています!

アムズデザイン(ima) サスケ 120 裂波(レッパ) F 120mm

全長:120mm
自重:17g
タイプ:フローティング

関連記事