釣った魚をいつもの3倍おいしくする「–50度冷凍庫」がスゴイ!


欲深き、釣り人という生き物


釣りにいくと好調な日にあたることがあります。いわゆる『大漁』と呼ばれる日で、みなさんも一度は経験したことがあるのではないでしょうか。

小林
釣りに行く機会が増えるほど、「今日はよく釣れるなぁ〜」という日に巡り合う確率も上がるってもんです。

長期保存(冷凍)は食味が落ちる!


大当たりの日に遭遇すると、夢中になって釣りすぎてしまうことがあります。なにせ、自分で釣ってきた魚をいただく(食べる)ことほど、幸せなことはありません。

すぐ食べきれない魚は冷凍すれば良いのですが、長期の保存は明らかに食味が落ちるのも事実です。

小林
非常にもどかしい……。

“高性能冷凍庫”という新たな選択肢


しかし、そんな問題を解決してくれるのが、今回ご紹介するハイアールの高性能冷凍庫(150L上開き式冷凍庫 JF-TMNC150A)です。

正直、“お手頃価格”とは言えません。しかし、「魚の鮮度落ちが気になる」人や、「できるだけ長期保存したい」と考えている人にはおすすめのアイテムです。

この冷凍庫、独立した大容量のスペースを確保できるだけでなく、一般的な冷凍庫とは一線を画す、“とある機能”を備えています。

小林
家庭用でありながら、この高スペック。それこそが最大のウリです。

ハイアール『JF-TMNC150A』とは?


さて、この冷凍庫……「超低温冷凍を大容量で可能にする」という、今まで家庭向けの製品には無かった、非常に意欲的な製品と言って良いでしょう。

実際に運用してみたところ、魚を釣って食べることが常態化している釣り人にとっては、あまりにもマッチしすぎる逸品だったのです。

−50℃の超低温冷凍

この冷凍庫の一番の特徴であり、特筆すべきポイント。それは−50℃という超低温で冷凍保存が可能ということ。(一般的な家庭用冷凍庫のほとんどは、−18℃で設定されています)

「釣った魚を冷凍したら、スカスカになってしまった」、そんな経験をお持ちの方も多いことでしょう。

魚や肉にはミオグロビンという成分が含まれており、時間が経過するとともに成分が変化(メト化)します。それが味や見た目に影響を及ぼすと言われているのです。

小林
−50℃の超低温冷凍で保存することで、メト化を防ぎ、長期間でも新鮮な状態をキープしながら保存ができます。


※飲料メーカー指定の凍結用ペットボトル以外は破損する恐れがあります。

超低温冷凍ともなると、モノを取り出すときには手袋が必要です。当然、凍り方も−18℃とはケタ違い。カチカチに凍ります。

小林
恐るべし−50℃の世界!。



安全性を考慮して、管理者以外が簡単に開けられない様に、鍵を標準装備しています。万が一に備え、お子様がいる人も安心です。


庫内温度は−50℃から−15℃まで任意で設定ができます。そのため魚や肉などを保存しないようなときには、消費電力を抑えた使い方もできるので、非常に便利です。

150Lの大容量で安心


冷凍庫のサイズは幅940mm×奥行565mm×高さ880mm。150Lと大容量です。超低温冷凍により長期保存が可能であるため、備蓄庫として運用することもできます。

大型ではあるので、軒下やガレージなどのスペースをお持ちの方がベストかもしれません。

小林
我が家では5.5kgの小型の洗濯機の隣に置いていますが、それと比べてサイズは約2倍といったところです。

150Lと聞いても、いまいちピンとこないかもしれませんね。70cmほどの魚であれば、まるごと入ってしまうほどの大きさです。

横幅が狭く縦長な形状の冷凍庫だと、どうしても下に保存したモノが取り出しにくいもの。長期保存を考えると、この横長の形状は利便性が非常に高いのです。

直冷式の冷却で、長期保存による“乾燥”を防ぐ


長期間冷凍すると、乾燥や冷凍焼けが気になるところですね。この冷凍庫はファンを回さないタイプの直冷式。冷却器の冷気によって冷凍するので、風による乾燥を防ぐことができます。


参考までに、こちらは−18℃の冷凍室で数ヶ月保存していたサバ(釣りエサ)です。気がついたらこんなに乾燥しています。

小林
釣りエサならまだしも、食用としてはとても“美味しい状態”とは思えませんよね。

運転音は45dBと静粛性にも優れる

−50℃まで冷える冷凍庫なら、それなりに運転音もうるさいのでは? そう気になる方も多いかと思います。この冷凍庫のスペック上の運転音は45dB

45dBが一般的にどれぐらいかというと、室内で日常会話している程度。道路騒音で例えると「聞こえるがほとんど気にならないレベル」と言われています。


実際の体感ではどうでしょうか? 冷凍庫の真横に居たら「ブーーー……」という鈍い音がして、流石に気になります。

しかし、窓一つ挟めば本を集中して読めるほどの微音。

小林
置き場所をキチンと選べば、気になることはほとんどないでしょう。

気になる電気代は?

家電を選ぶ上で気になるのは電気代。ランニングコストは軽視できません。−50℃時の年間消費電力量は、メーカー表記で50Hzで1150kWh/年、60Hzで1050kWh/年といったところ。

1kWh/27円として換算すると、それぞれ年間50Hz/約31,050円、60Hz/28,350円。これをどう捉えるかは、正直なところ人それぞれでしょう。

小林
−50℃で保存することを考えれば、電気代はそれなりに覚悟をしていた方が良さそうです。



このあたりは「釣れた魚の鮮度を保ち、ベストな状態で保存できるならやむなし」「備蓄用品としては必要」と、割り切ってしまうのも手でしょう。

小林
釣り人でもある僕個人の見解としては、釣った魚が高い鮮度で保存できることを考えれば、悪くない維持費だと感じます。


 

\ ハイアール『JF-TMNC150A』の詳細をみる /

 




-50℃冷凍の真価(食味)はいかに?

slider image
slider image
slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"false","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"false"}

−50℃の低温冷凍が、鮮度落ちの原因となる“メト化”を防ぐことは頭では理解できますが、では、実際に食味にどれほどの違いを感じられるものなのでしょうか?

小林
今回はシイラ、カツオ、ツバス、カマスの4魚種で検証してみます。

slider image
slider image
slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"false","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"false"}

シイラやカツオは切り身にして−50℃の冷凍保存と、−18℃の家庭用冷凍庫でそれぞれ14日間保存してみました。

シイラの刺身を実食


約二週間冷凍したのち、素早く流水解凍したシイラの身。まずはこちらをいただきましょう。

写真左が−50℃、右が−18℃で冷凍していた身。誰の目で見ても、明らかに色が違うのがわかりますね。左は血合も鮮やかなのに対し、右は退色してしまっています。

小林
−50℃の冷凍保存が、いかに鮮度を保つのに効果的であるか。一目瞭然の結果です。



では、味にはどれぐらい影響があるものなのでしょうか。それを確かめるには刺身が一番!

シイラは皮に毒があると言われているため、捌く時には注意が必要ですが、“モチモチ”とした食感はシイラならでは。一度食べたら病みつきになる美味しさなのです。


−50℃の方は、釣りたてのようなモチモチとした食感をキープしており、味も食感も非常に優れています。一方−18℃の方はというと、モチモチした食感が失われ、おまけに水っぽい

小林
味自体は決して悪くはありませんが、食感や水気から食味が落ちていることを明確に感じさせます。

カツオを刺身で実食


続いてカツオも流水解凍。こちらは色の変化がシイラよりも顕著に表れる結果となりました。

左の−50℃の方が色が鮮やかなのに対し、右の−18℃の方はくすんでいますね。これはまさに前半で触れた、メト化が起こっているためでしょう。


刺身にしてみると、−50℃の刺身はきちんと角が立ち、身が締まっています。−18℃の方は褐色している上に、身もダラ~とだらしなくなってしまい、非常に捌きにくかったです。

小林
明らかに−50℃冷凍の方が、美味しそうにみえるのもポイント。



言うまでもありませんが、−50℃冷凍の刺身は歯ごたえがよく非常に美味しかったです。一方−18℃の方はというと、歯ごたえが劣り、水っぽい

冷凍保存2週間ほどでは、直接的に味に変化があるというよりも、メト化が進むことによって見た目や食感が悪くなり、不味く感じるといった印象を受けました。

小林
これが長期保存となると、その差が顕著に現れてくることでしょう。当然乾燥も免れません。

ツバスやカマスは内臓ごと冷凍

ツバスやカマスは、試しに内臓ごと冷凍してみました。というのも魚を釣ったは良いけど、下処理する時間がないってことも、しばしばあったりするからです。

そんな時はダメとわかっていながら、内臓ごと冷凍していました。

小林
−50℃で冷凍できることが、どのほど鮮度に影響するのか……それを確かめておきたかったのです。


流水で解凍した後にチェック。内臓部分は多少の褐色があるものの、写真で確認できるほどの大きな色の変化は見られませんでした。

しかし、エラ部分にわかりやすい違いが見られました。左の−50℃の方は“新鮮な赤”をキープしていますが、−18℃の方は鮮やかさが低下しています。

小林
なにより鮮度が落ちている証拠と言えましょう。


そしてこちらは、先日釣ったカマス。ヘトヘトになって夜に家に戻り、下処理する時間がなかったため、そのまま−50℃で冷凍しました。


流石に水っぽいだろうと、恐る恐る解凍してみると……なんと驚くほどフレッシュ

カマスも鮮度落ちが早い部類の魚ですが、まるで釣ったばかりのようにハリがあり、新鮮な状態をキープして保存されていたのかが見てとれます。


解凍したカマスは塩焼きにて。時間が経てば経つほど身がだらしなくなる傾向があるカマスですが、まるでさっき水揚げしたかのような鮮度

小林
もちろん味もバツグンでした。

肉のストックもお任せ。猟師の方にもおすすめ


釣りキチな僕ですが、普段は山の猟師としても活動をしています。鹿や猪を捕り解体をおこない、食材として調達することもあります。

小林
そんなとき、大型の超低温冷凍庫があると非常に助かるのです。



というのも、一頭から捕れる肉の量は、猪であれば何十キロにも及びます。これを長期的に美味しく保存しようと思うと、一般的な冷蔵庫の冷凍室では、やはりスペースと性能的にも難しいもの。

かといって急速冷凍対応の大型冷凍庫を持ったとしても、乾燥も焼けも避けられない

小林
肉の鮮度は保っても2ヶ月ほどと考えると、獲れるけど保存に困るシチュエーションが多々ありました。



もちろん無駄にはしないため、ご近所さんにおすそ分けをするのですが、新鮮な状態で配っていく必要があります。


150Lも入る超低温冷凍庫であれば、肉の長期保存も可能です。何十キロと肉が捕れる猟師にとっては、これほど助かるアイテムはありません。

また猟師によっては、ジビエ肉を加工場施設で解体して、お店に卸す人もいるでしょう。

小林
長期間に渡り鮮度を保てて、大量に保存できる超低温冷凍庫は、プロユース(業務用)としても十分通用するのです。

魚を釣って食べることを最大限に楽しむために


魚を美味しくいただくための性能は申し分ないのですが、一台のコストを考えると、流石に釣りをしない方にまで「一家に一台!」とは言えません。

ですが、「魚を釣って食べること」を楽しみとしている釣り人には、自信を持っておすすめできるアイテムです。

また、魚に限らずお肉の大量保存にも向いているなど、冷凍庫としてのスペックは最高峰と言ってよいでしょう。

小林
今までとは別次元の冷凍保存を、ぜひご家庭にも。今まで以上に食材を美味しくいただいてみてはいかがでしょうか?


 


 

\ ハイアール『JF-TMNC150A』の詳細をみる /

 

 
撮影・文:DAISUKE KOBAYASHI
Sponsored by:ハイアールジャパンセールス株式会社
 

 

DAISUKE KOBAYASHI

愛知県出身徳島県在住。映像クリエイター、フォトグラファーとして地方の限界集落で活動中。山の猟師でもあり、デジタルとアナログの両極端な生活を楽しんでいます。TSURI HACKではクリエイターならでは視点で皆様に情報をお届けします!