22イグジストの開発者に19の質問。カタログに載っていない進化とこだわりとは


アイキャッチ画像提供:グローブライド株式会社

22イグジストをもっと知りたい。

22イグジスト
前作の登場から4年の時を経て登場した、22イグジスト。

エアドライブデザインやアフターサービスプログラム、10万円を超えた定価が話題となっていますが、きっとカタログには載っていない進化やこだわりも多いはず。

22イグジストをもっと詳しく知りたい。そんな思いで、22イグジストの開発者に質問を投げかけてみました。

開発者の紹介

戸出玄樹戸出玄樹

大学卒業後、ダイワ精工(株)(現:グローブライド(株))へ入社。営業・ルアーを経て、現職のリール企画に。

21ルビアス エアリティ、21カルディア、20ルビアスなどの小型スピニングリール全般を手掛ける。

リールの企画を行う一方で、釣り番組等のメディア出演も多い“釣って作れるグローブライド社員”。京都府出身。

戸出さんに19の質問

戸出さんとイグジストの出会いは?

戸出玄樹
はじめて買った&使ったイグジストは初代の05モデルですね。でも正直な話をすると、イグジストがデビューした時は全然関心がなかったんですよね(笑)

当時大学生だった自分が使っていたのは、イグジストの前作に当たる02トーナメント エアリティ。

エアリティは当時のどのリールよりも圧倒的に軽量で、回転も軽く、“一世を風靡する”と言って過言はないほどの人気がありました。

そんなエアリティを私自身も非常に気に入っていて、愛着もあったせいか、「イグジストなんていらないでしょ」って。

ちなみに、21ルビアス エアリティとして、エアリティの名前を復活させたのは私です。それぐらい思い入れのある名前なんですね。

そんな私がイグジストを使うきっかけになったのが、ダイワ精工(株)への入社。初めて使った時のことは今でも覚えています。

エアリティよりも軽くなったうえに、スカスカだった巻き心地にカッチリ感も加わっていて、「なんで今まで使っていなかったんだ」って後悔しました。

軽量コンセプトのスピニングリールが好きなので、そこから歴代イグジストはすべて使っています。

イグジストの名前の由来は?

22イグジストのロゴ
まず「EXIST」には言葉通り、“存在する”という意味があり、それに加えて「EX」と「IST」にそれぞれ意味を持たせています。

「EX」には“極めた”という意味が、「IST」には“人”という意味が込められています。

つまり、その時点で『ダイワが持つ究極を注ぎ込んだ』のがEXISTであり、釣りを『極めし人』のために存在しているのがEXIST。そういったリールでありたいと、我々の思いが込められています。

存在の意味についてはカタログでも語られていた一方で、これらはほとんど発信されておらず、ダイワの“作り手のマインド”としての側面が強かったかもしれませんね。

また、初のフルメタルスピニングリール「トーナメントEX」の系譜を汲んでいるという意味も含まれています。

22イグジストの開発はいつ頃からスタートしましたか?

イグジストの開発
すみません。これに関しては社外秘の部分が多いのであまり詳しく答えられませんが……

開発は常に継続して行われていて、とくにテクノロジー開発などはかなり長期的なスパンで行います。

18モデルの開発プロジェクトが終了して、22モデルのプロジェクトが立ち上がって……みたいなイメージがあるかもしれませんが、それは少し違うかもしれませんね。

もう既に次の次のイグジストに採用予定のテクノロジーを開発している……かもしれませんよ(笑)

今作でもっともこだわった点はどこですか?

22イグジスト
どの釣種・どの地域においても、釣り場のハイプレッシャー化などの影響から、近年は魚を釣り難くなっている傾向があります。

その中で「どうやって釣果を伸ばすか」という話をフィールドテスター等とすると、“意のままにルアーを操れること”という結論に至ります。

つまりは、リールにも意のままにルアーを操ることが求められるわけです。端的に表現すると、操作性ですね。

その操作性をいかに良くするかを多角的に検証し、その答えの集合体を「エアドライブデザイン」という新しい設計思想として落とし込みました。

少し小難しく聞こえたかもしれませんが、シンプルに“釣り人の釣るための動作”にこだわり、追求したのが22イグジストです。

デザインにモチーフやテーマはあるのですか?

22イグジストのデザイン
「洗練」や「風格」というキーワードを大切にし、あえて大きな加飾(装飾を加えること)は抑えました。

飾って目立たせて存在感を主張するのは簡単です。例えば、強い色味を使ったり、カーボン柄を入れたり、装飾パーツを付けたり。

しかし、それがイグジストらしいのか? イグジストの本質を表したデザインなのか? と考えたら、違うなと。

先ほどもお話しした通り、イグジストは実釣性能にこだわったリールです。それゆえに、“意味のある形”にしたかった。

例えば、ビスの露出等を極力減らして表面の凹凸を抑えたデザインは、「糸が引っ掛かってトラブるのを防ぐ」という意味のある形なんですね。

あとはイグジストらしさについても考えました。“らしさ”を考えて行き着いたのが、初代モデルの洗練された姿です。イグジストと聞いて、初代モデルを想像する人も未だに多いのではないでしょうか。

デザインそのものを参考にしたわけではありませんが、車に例えると、フェラーリのローマのようなイメージです。

スーパーカーながら派手に飾っているわけではなく、街中や自然にもすんなりと溶け込むデザイン。その一方で、目にした人には「すごいエンジンを積んでいるんだろうな」とか「めちゃくちゃ速いんだろうな」と、その本質を伝える凄みがある。

22イグジストはそんなイメージのデザインに仕上げました。



とくに開発する中で一番大変だった点は?

22イグジストのローター
1点挙げるとするなら、エアドライブデザインの中核をなすローターです。ローターの低慣性化ですね。

低慣性なローターにするには、ローターの軽量化が必要。軽量化するだけなら簡単で、強度を犠牲にすればいくらでも軽くなります。でも、そんなことは許されないですよね(笑)

今回のローターは低慣性化のために軽くなっているのですが、18モデルと同等の強度を維持しています。「強度を維持したまま軽量化」というのは、どこか当たり前に感じてしまう響きなのですが、作り手としては非常に難しいんです。

カタログ等には載っていませんが、じつは、ローターの付け根部分は肉を盛っています。要するに、ピンポイントで見ると旧モデルより重たくなっている部分もあるのです。なぜかというと、強度が必要な部分だから。

強度を維持したまま軽量化するには、負荷が掛かる部分を強化し、掛からない部分の肉抜きを徹底しなければなりません。

そのために、実釣時の負荷の掛かり方、負荷に対する変位量、破断に至る過程などをコンピューターで徹底的に解析しています。

それに加えて、ローターが回転体であることがさらに難しい理由です。ローターは回転体なので、左右の重量バランスが取れていないと回転がブレてしまいます。

こういった要素を考えながら、気の遠くなるようなトライ&エラーを繰り返し、辿り着いたのが今作のローターです。

ローターの低慣性化にこだわる理由は?

22イグジストのローター
ローターの低慣性化にこだわる理由は、操作性と感度です。

慣性モーメントが働きにくいローターは、いわゆる“巻きたい時に巻けて、止めたい時に止められる”という、アングラーの意思に対してリニアな操作感を得られます。つまり、意のままにルアーを操れるということですね。

それに加えて、ローターが軽量化されることで重心位置が下がり、持ち重り感が少なくなることも操作性に繋がります。

また、「タダ巻きには重いローターが良い」というイメージがあるかもしれませんが、私たちは「タダ巻きにも低慣性ローターが良い」と考えています。なぜなら、巻き感度を重視しているからです。

海中の潮目やアンダー1gのスプーンのウォブリングなど、小さな変化を察知するには圧倒的に低慣性ローターが有利です。巻くだけなら重いローターでも可能ですが、“情報量の多さ”にこだわると低慣性ローターになります。

ただし、低慣性ローターは良いことばかりではなく、その性質ゆえに回転ノイズすらも情報として伝えてしまう難点があるのです。

もちろんイグジストに回転ノイズは許容できないため、ローター以外の部分で解消しているのですが、これが難しくて低慣性ローターには“開発者泣かせ”な一面もあります。

旧モデルと比べて「巻きの質感が高まった」という声も多いですが、どのような点を改良しましたか?

22イグジストのギア
まず挙げられるのが、ギアです。ドライブギアに特殊表面処理を行い、従来よりもギアの硬度を上げています。これは18モデルには導入されていなかったので、わかりやすい進化のひとつですね。

しかし、巻き感・巻き心地への影響力という点では、組み付け精度を高めたことの方が大きいと思います。

とくに徹底して詰めたのが、ハンドル軸方向のクリアランスです。お手持ちのリールで試してもらうとわかると思いますが、ハンドルの付け根を持って上下させると、カタカタする“遊び”がどのリールにもあるはずです。

このクリアランスを今作では徹底的に詰めています。22イグジストと他のリールを見比べてもらえれば、カタカタする幅が非常に少ないことがわかると思います。

これも言葉にするとすごく簡単そうに聞こえるのですが、じつはとても難しいんです。クリアランスを完全になくすと回転が重くなってしまうので、そのわずか手前の状態にする必要があります。そのため、1台ずつすべて個別に調整しています。

当然他のリールに比べて圧倒的に組み付けが難しいので、作業が許されるのは認定された一部の職人だけ。これから数万台と生産されるわけですから、量産品としての限界に挑んだと思っています。

ベールの形状を見直した理由は?

22イグジストのベール
まず1点目は軽量化です。ベールはローターユニットの一部なので、軽くすることで回転性能も良くなります。

これまでのダイワのスピニングリールは、極太のベールが印象的だったと思います。たしかにそれゆえに非常に強かったわけです。

なので22イグジストでは、実釣において十分な強度を維持した上で、軽量化を優先しました。

正直にお伝えすると、ベールの強度自体は18モデルからやや下がっています。「強度を犠牲にした」と聞くと不安になる方もいるかもしれませんが、踏まない限りは曲がりません。それぐらい十分過ぎる強度は残しています。

軽さと強さを両立できる背景には、ダイワがこだわっている“中空ベール構造”があります。中空と聞くとソリッドよりも弱そうに感じるかもしれませんが、じつは中空にすることで軽量性と剛性を両立したベールに仕上げられるのです。

22イグジストのローター
2点目は糸滑りです。ベールに傾斜をつけることで糸がベールの上を滑り、ラインローラーに導きやすく改善しました。

ベール部分をよく見てもらうと、ラインローラーに対してベールホルダーが下側に位置していて、ベールホルダーからラインローラーに向かって上がっていく形状になっていることがわかると思います。

これによって滑りにくいPEラインでも、ラインローラーへと導けるというわけです。ベールの途中で糸が止まって、そのままスプールへと巻かれることが少なくなり、ライントラブルがさらに軽減されます。

また、今作ではベール本体に加えてアームレバー部分にも改良を加えました。これによってアームレバーの耐久性が飛躍的に向上したので、ハードユースが前提のお客様にも安心してお使いいただけると思います。

ツイストバスター3は2と比べてどこが進化しましたか?どのような恩恵がありますか?

ツイストバスター3
ツイストバスター3というのは、ツイストバスター2に細い溝を設けたものです。なので、糸ヨレの取り方などはまったく変わりません。

機能的な違いをお話しすると、ツイストバスター2は糸がラインローラーの中で動く幅が広かったのに対し、ツイストバスター3はこの幅が狭くなっています。

そんなツイストバスター3の実釣におけるメリットですが、正直、体感されるのはごく一部の方だと思います。

ツイストバスター2には“糸がバタつく”ことがあって3に進化させたのですが、そのバタつきは常時あるものではなく、特定のタックルバランスに限って発生するものでした。

そのタックルというのが、胴から大き曲がる軟調竿です。弊社だと、タイラバロッドのスリルゲームなどですね。

このような竿を思いっきり曲げると、元ガイドの位置がリールよりもかなり下になり、この時に糸を巻き取るとパチパチと弦を弾くような音が鳴ることがありました。

パチパチ音は実釣に支障もなく、リールの不具合というわけでもないのですが、フィールドから声が上がっているのは事実なので対策を施しました。

対糸ヨレへの性能は2と同じなので、進化を実感することは少ないと思いますが、「それほど細かなところまで考えて作っているんだ」と思っていただけると作り手としてはありがたいですね。

ATDをタイプLにした理由とは?どのような時にその特性が活きますか?

ATDタイプLの特性
本題に入る前に、ドラグの基礎知識についてお話しさせてください。

例えば……ドラグを1kgに設定したとすると、ラインに1kgの負荷がかかった時点でドラグが滑り、ラインには1kg以上の負荷が掛からない。

このように思われがちなのですが、実際にはそうじゃないんですね。

瞬発的に大きな力で引っ張られた際は設定値から跳ね上がり、ラインに1kg以上の負荷が掛かります。要するに、引っ張られる量に対して、ドラグで糸を送る量が足りないという状態で、粘る特性のドラグほどこの傾向が強くなります。

そして、粘りを残してATDの基本特性を残しながら、設定値からの“跳ね上げ”を抑えて作動レスポンスを向上させたのがATDタイプLです。

同じ設定値であっても瞬発的な負荷で糸が切れることが少なくなり、その一方で、負荷が落ち着いた状態では糸が出にくいのでファイト時間が短くなります。

つまり、「より細い糸を使えるようになった」とも言えますし、「より強いドラグ設定ができるようになった」とも言えるんですね。

当初はアジングや管釣り、野尻湖・桧原湖のスモールマウスバスなどで恩恵が大きいと読んでいましたが、テストしてみるとSLJやライトショアジギングで大型青物を獲りやすいという声も多かったです。

ATDタイプLの開発に当たっては数えきれない魚を掛け、ラインの強度を限界近くまで引き出せるドラグに仕上げたので、いろんなターゲットや釣り方でその恩恵を感じていただけると思います。

スプールは薄肉ブランキングなし。ブランキングした方が軽そうに思えますが……?

22イグジストのスプール
正直にお話しすると、重量だけにこだわるとブランキングをした方が極僅かに軽くはなります。

ただ、薄肉スプールにブランキングを施すと、どうしてもチープな質感になってしまうのです。スプールはスピニングリールの“顔”ですから、当然外観にもこだわらなければいけません。

22イグジストでは“最高の質感”を表現するために、クリーンなブランキングレスのスプールに鏡面加工を施す手法をとりました。

この鏡面加工は技術的に非常に難しくてコストも掛かるため、22イグジストと20ソルティガのカスタムスプール(SLPより発売)にしか採用されていません。



ボディの仕様変更はありませんか?

18イグジストと22イグジスト
じつは、22イグジストのボディは18モデルよりも重くなっています。

18イグジストのボディを見てもらうと、ボディの中心部に肉抜きした穴が設けられていますが、22モデルはこの肉抜きをやめました。

その結果、ボディ単体では重量増になりましたが、18モデルよりもボディ剛性(ねじれに対する変形量の小ささ)が向上しています。

また、ローターとスプールに対してボディが相対的に重くなったので、重心位置の後方化に繋がることもメリットです。

小型番手もフルマグシールドにした理由は?


18イグジストでは、マグシールドボールベアリングをあえて外し、軽さにこだわったフィネスカスタム(FC)をラインナップさせていました。

しかし、「フラッグシップモデルに求められるものは?」と考えた結果、防水性能も含めて“すべて”だと。

また、18モデルは小型番手がすべてFC仕様だったので、ユーザー様からも「ハイエンドなのになぜ防水が最高レベルじゃないのか?」といった声をいただいていたのも事実です。

その結果、汎用小型スピニングリールとしては唯一の完全防水ボディに仕上がっているので、どのリールよりも長く快適にお使いいただけると思います。

PC LT3000以上のXHモデルには高強度なピニオンを採用。その理由は?

22イグジスト LT5000-CXH
前提として、ギアの耐久性というのはドライブギアとピニオンの相性が非常に大切です。つまり、ドライブギア相応のピニオンもセットで求められます。

ギア比に注目すると、ギア比6.2と5.2では掛かる負荷の大きさが異なります。どのスピニングリールも構造上、大型番手のハイギアモデルはギアへの負担が非常に大きくなるのです。

そのため、22イグジストのPC LT3000番以上のXHモデルには、耐久性を向上させるためにソルティガと同素材のピニオンを導入しています。

また、その結果として非常に硬いギア同士が噛み合うことで、少し音が響きやすく感じるかもしれませんが、耐久性のために強くて硬いギアの搭載を選びました。

19セルテートとどちらが強いですか?

19セルテートと22イグジスト
強さと聞いて出てくるのが、「剛性」と「耐久性」というワードですよね。この二つの言葉は混同されることが多いのですが、じつは意味が違うんです。

それに耐久性に限っても、常用域での負荷を掛けた際の耐久性と、破断するほどの負荷が掛かる限界域での耐久性では異なります。

そのため明確な回答をしにくいのですが、前提条件を出しながらお話しいたします。

まず、実釣で想定される環境下での耐久性に勝るのは、22イグジストです。その理由は、防水耐久性の違い。

22イグジストのボディは完全防水ですが、19セルテートは完全防水ではありません。一般的な使用環境において、不具合の大きな要因となるのが浸水です。つまり、ボディ素材の違い等よりも、防水性能の方が耐久性への影響が大きいということですね。

次に、限界域での剛性や耐久性について。例えば、2500番でドラグを1kgに設定しているような状態です。これはリールが巻けるか巻けないかのギリギリライン(いわゆる三角巻き状態)で、実釣においてこのような設定はほぼないと思います。

こんな限界域で「どちらが巻けるのか?」と聞かれたら、アルミボディのセルテートです。また、このような環境下での耐久性もセルテートが勝るでしょう。

短い言葉にすると、「普通に使う分にはイグジストの方が耐久性は上」ということになります。

実釣テストでは4000番で20kgオーバーのオオニベ、3000番でブリを楽々キャッチしているので、SLJやライトショアジギング、フラットフィッシュなどにも使ってもらいたいですね。

高精度なリールゆえに、品質を保つのが難しいのでは?

22イグジストの組み立て
とても難しいですね。そのため、22イグジストは過去に前例がない体制で徹底した品質管理を行っています。

まず、組み付け精度のところでもお話しした、イグジスト専任の熟練スタッフによる組み上げです。

専任スタッフは極少数なので、他のリールと比べると生産効率がとても悪いのですが、高級スポーツカーや機械式時計のように高精度に組み上げることを最優先しました。

22イグジストの検査
また、専任スタッフが組み上げた上で、“イグジスト特別認定検査員”によるダブルチェック体制をとっています。

認定を受けた一部の検査員が、クリアランスや作動音から外観に至るまでを厳正に検査し、合格したものだけが出荷されます。同梱されている出荷検査合格証に押された検査員の判は、その証です。

どうしてもテクノロジーなどを中心とした情報発信になってしまうのですが……

テクノロジー研究をする人、それらを用いて企画・開発をする人、開発されたリールを最高の状態でユーザー様にお届けする人。そんな“人”によって過去最高のイグジストとなったのが、22イグジストです。

なぜアフターサービスを強化しようと思ったのですか?

22イグジストのアフターサービスプログラム
イグジストを購入いただくお客様の中に、「ただ釣りができればいい」と考えている方は少ないと思っています。

「もっと釣りたい」「釣りをしている時間を上質にしたい」「イグジストが好き」そんな強い思いやこだわりのある方が多いはずです。

イグジストの作り手として、そんなお客様にはより長く、より良い状態で1台のリールを使い続けてほしいと考え、今回のアフターサービスプログラムをご提案しています。

アフターサービスプログラムに加入していただくと、専任の“マイスター”がカウンセリング・メンテナンスを行うので、今まで以上に安心してイグジストをお使いいただけるはずです。

歴代イグジストから名機を選ぶとしたら?

05イグジスト
初代に当たる05モデルですね。イグジストというリールの誕生は、ダイワのスピニングリール史上の大きな1ページだと思います。

それまでのフラッグシップに当たるトーナメント エアリティは、とにかく軽さを追求したリールでした。

しかし、イグジストの登場によって、“軽さと強さの追求”がフラッグシップのあるべき姿だと定義されたわけです。

今日まで続き、これからも続くであろうイグジストのアイデンティティが、初代モデルにおいて既に明確に示されていました。

市場には、軽いけどちょっと弱いリール、強いけどちょっと重いリールはありますが、軽さと強さを極限まで追求しているのはイグジストだけだと自負しています。

05イグジストと22イグジスト
ちなみに、対外的には一切発信していなかったと思いますが、歴代イグジストのボディのセンターには稜線が1本走っており、これがデザインアイコンです。イグジストをお持ちの方はぜひ見てみてくださいね。

編集後記

歴代イグジスト
今回、戸出さんのお話の中で一貫していたのが、イグジストが魚を釣るためのリールであること。フィールドから逆算して作ったリールであること。

釣りの主役はリールではなく、魚とアングラー。あくまでリールはアングラーをサポートする存在であり、アングラーをより魚に近づけるリールを作りたい。

そんな作り手のマインドを強く感じる取材でした。

実釣ファーストで作られたリールがゆえに、釣具店の店頭だけでイグジストの“すべて”を体感するのは難しいかもしれませんが、釣りを極めたい方はぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか。
画像提供:グローブライド株式会社
sponsored by:グローブライド株式会社

ダイワ 22 イグジスト LT2000S-P

ギア比:4.9
自重:155g
最大ドラグ力:5kg
巻取り長さ:64cm
ナイロン糸巻量(lb-m):3-150
PE糸巻量(号-m):0.4-200

ダイワ 22 イグジスト LT2000S-H

ギア比:5.8
自重:155g
最大ドラグ力:5kg
巻取り長さ:76cm
ナイロン糸巻量(lb-m):3-150
PE糸巻量(号-m):0.4-200

ダイワ 22 イグジスト LT2500S

ギア比:5.1
自重:160g
最大ドラグ力:5kg
巻取り長さ:72cm
ナイロン糸巻量(lb-m):4-150
PE糸巻量(号-m):0.6-200

ダイワ 22 イグジスト LT2500S-H

ギア比:5.8
自重:160g
最大ドラグ力:5kg
巻取り長さ:82cm
ナイロン糸巻量(lb-m):4-150
PE糸巻量(号-m):0.6-200

ダイワ 22 イグジスト LT2500S-XH

ギア比:6.2
自重:160g
最大ドラグ力:5kg
巻取り長さ:87cm
ナイロン糸巻量(lb-m):4-150
PE糸巻量(号-m):0.6-200

ダイワ 22 イグジスト LT2500S-DH

ギア比:5.1
自重:170g
最大ドラグ力:5kg
巻取り長さ:72cm
ナイロン糸巻量(lb-m):4-150
PE糸巻量(号-m):0.6-200

ダイワ 22 イグジスト PC LT2500

ギア比:5.2
自重:175g
最大ドラグ力:10kg
巻取り長さ:73cm
ナイロン糸巻量(lb-m):6-150
PE糸巻量(号-m):0.8-200

ダイワ 22 イグジスト LT3000S

ギア比:5.2
自重:180g
最大ドラグ力:10kg
巻取り長さ:77cm
ナイロン糸巻量(lb-m):6-150
PE糸巻量(号-m):0.8-200

ダイワ 22 イグジスト PC LT3000

ギア比:5.2
自重:190g
最大ドラグ力:10kg
巻取り長さ:77cm
ナイロン糸巻量(lb-m):8-150
PE糸巻量(号-m):1-200

ダイワ 22 イグジスト PC LT3000-XH

ギア比:6.2
自重:190g
最大ドラグ力:10kg
巻取り長さ:93cm
ナイロン糸巻量(lb-m):8-150
PE糸巻量(号-m):1-200

ダイワ 22 イグジスト LT4000

ギア比:5.2
自重:205g
最大ドラグ力:10kg
巻取り長さ:82cm
ナイロン糸巻量(lb-m):12-150
PE糸巻量(号-m):1.5-200

ダイワ 22 イグジスト LT4000-XH

ギア比:6.2
自重:205g
最大ドラグ力:10kg
巻取り長さ:99cm
ナイロン糸巻量(lb-m):12-150
PE糸巻量(号-m):1.5-200

ダイワ 22 イグジスト LT5000-C

ギア比:5.2
自重:220g
最大ドラグ力:10kg
巻取り長さ:87cm
ナイロン糸巻量(lb-m):20-150
PE糸巻量(号-m):2-300

ダイワ 22 イグジスト LT5000-CXH

ギア比:6.2
自重:220g
最大ドラグ力:10kg
巻取り長さ:105cm
ナイロン糸巻量(lb-m):20-150
PE糸巻量(号-m):2-300

関連記事


紹介されたアイテム

TSURI HACK編集部

釣り歴20年のTSURI HACK運営&記事編集担当。年間1000を超える記事を配信するため、海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広い釣り用品に触れています。公式SNSでも最新情報から編集部のインプレッションまで絶賛配信中!