『究極の血抜き』ってほんとに効果ある? 素人がガチでやってみたら目からウロコの結果に


撮影:TSURI HACK編集部

釣り界隈で最近話題の…

「究極の血抜き」の提唱者・津本氏 提供:津本式.com
 

最近、釣り界隈で耳にする「究極の血抜き」。

長谷川水産の津本氏が考案した、美味しく魚を食べるための仕立て技術で、食味や保存時の持ちが大きく変わるんだとか。

そんな職人の手仕事を、誰でも再現できるツールがハピソンから登場したらしい。

道具ひとつで魚の味が良くなるなら試さない手はないでしょう!

編集部K
ということで、素人が究極の血抜きに挑戦してその効果を検証します!

釣って血抜きして食べる人

編集部Kの近影編集部K
TSURI HACK加入直後、脂の乗った釣りたての魚のおいしさに目覚め、ソルトの釣りに開眼。

それまでバスオンリーのキャッチ&リリース派だったのに、釣ったら美味しくいただく派へサラッと転向した根っからの食いしん坊。

食べ過ぎが祟ってか、自分の腹部にも脂が乗ってきたのが悩ましい妙齢編集部員。

今回使ってみる「津本式」3種の神器

津本式マルチハサミ、血抜きポンプ、密封パック機
今回の検証では、ハピソンから新たに登場した津本式ツールを使用します。

津本式 計測マルチハサミ

津本式 計測マルチハサミ
ハサミを基本形にしたマルチツール。

刃は分解してナイフとして使うこともできるうえ、グリップには締めカギを内蔵し計測アプリ用のマークも。

計測して脳締めから血抜き、腹出しまで1本でこなせる便利ツール。

津本式 血抜きポンプ

津本式血抜きポンプ
充電式電動ポンプ、血抜きノズル、タンクを一体で持ち運べるポータブルポンプセット。

2種類の津本式ノズルが付属し、水圧を使った血抜きと神経締めという職人の技術が、船上や家のキッチンで再現できる優れもの。

津本式 密封パック機

津本式密封パック機
食品を入れたパックを脱気・密封できるマシン。

内容物のサイズに合わせて脱気の加減を自在に調整できたり、本体内部に水分が入り込まない機構がついていたりと、まさに鮮魚仕様。

見た目こそ良くある真空パック機ですが、津本式ならではの魚に特化した工夫が凝らされています。

編集部K
職人のこだわり満載の道具ってワクワクするぜ!

まずは魚釣らないとね!

サワラキャスティングのルアー
とにもかくにも、まずは魚を釣らない事には話が始まりません。

2月に入って相模湾でサワラが釣れている情報を聞きつけ、速攻で船を予約!

サワラは血の気も多く鮮度落ちが早い魚だけに、津本式ツールの実力を試すのにはうってつけです。

サワラを狙ってのジギング
相模湾のサワラはキャスティングとジギングで狙うのが定番。

釣行したタイミングではジギングでの釣果が目立っていたので、旬のサワラめがけて全力でジグをしゃくります!

サワラの釣果
提供:優神丸
開始からしばらくは沈黙が続いたものの、時合いが来るとこの通り!

一時は全員のロッドが一斉に曲がってタモが追いつかないほど。(笑)

無事魚をゲットできたので、津本式ツールを使って美味しく食べるための処理をしていきます!

編集部K
マジで釣れてよかった……!

計測マルチハサミで「脳じめ」してみる

ハピソン 計測マルチハサミ
最初に計測マルチハサミを使って、脳締めと血抜き穴を開けます。

このハサミはグリップに手カギが内蔵され、刃の片側も血抜き穴を開ける際にエラに入れやすい形状。

道具を持ち替える事なく、釣れた魚を効率よく処理することができます。

計測マルチハサミでサワラを脳締め
実際にやってみると、サクッと脳締め&血抜きの穴あけが完了。

こういった複数の機能が備わったツールの場合、専用工具には使い勝手の面で劣るのが常ですが、計測マルチハサミは使い勝手良好。

よく考えられた機構で怪我の心配も少なく、これ1本タックルボックスに入れておけばOKな手軽さです。

編集部K
忖度なしで使いやすい締め具ですなぁ

からの、津本式血抜きポンプで「究極の血抜き」

サワラと津本式血抜きポンプ
脳締めした魚を、今度は血抜きポンプで血抜き処理していきます。

血抜きポンプのノズル
ポンプ本体のスイッチを押して電源を入れ、ノズルのボタンを押すと勢いよくタンク内の水が射出されます。

血抜きの際には、付属のノズルは付けずにそのままの状態で使います。

血抜きポンプでの血抜き方法
ハサミで開けた血抜き穴からノズル先端を入れ、エラの上部にある背骨(腎臓にあたる部位)に当てて水を流し込みます。

コツは断続的に射出ボタンを押すことで、より強い水圧で血抜きが可能

このとき、力を入れすぎてノズル先端が身に入らないように注意しましょう。

水を流し込むのは短時間でOK。実感として、3〜4kg程度の青物でも上記のノズル操作を30秒もやれば十分な印象でした。

血抜き処理したサワラ
ポンプによる血抜きが終わった魚は、15分ほど立てて余分な水分を排出させるのがメーカーからは推奨されています。

が、今回試した船上では実施が難しいのと、当日中に捌いてしまう予定だったので省略して潮氷が入ったクーラーで冷やし込みました。

また比較のために、1本は津本式血抜きポンプで究極の血抜き、残り3本は脳締め後エラ切りし、海水にしばらく浸けておく従来の方法で血抜きしてあります。

編集部K
捌くのが楽しみ!

血抜きポンプはこんな使い方もできるよ

血抜きポンプの2.0mmノズル
津本式血抜きポンプには、尻尾側からの血抜きや神経締めをするためのノズルが付属しています。

津本式ノズル 1.5ミリと2.0ミリ
ノズルは射出部の口径が1.5mmと2.0mmの2種類。

1.5mmは1kg以下の小〜中型の魚に、2.0mmは4kg程度までの中〜大型の魚に最適とのこと。

魚の神経穴と動脈の位置
せっかくなので血抜きポンプを使った神経締めと、尾部からの血抜きも帰宅後に試してみました。

尻尾を包丁で骨の途中までカットし、折るようにして背骨の上下にある神経の穴と動脈を露出させます。

ポンプを使った神経締め
神経締めは背骨上部の神経繊維が通る穴にノズル先端を入れて、水圧をかけていきます。

この時もノズルのボタンは押し続けず断続的に水を射出し、可能な限り高い水圧がかかる状態で作業します。

神経締めした時の水の出かた
神経穴に水圧がしっかりかかると、このように脳締めした穴から排出されてきます。

今回は上手くいきませんでしたが、魚のサイズや状態によっては神経の軸索がまるっと排出できるそう。

ポンプを使った血抜き
尻尾側からの血抜きは、背骨の下側の穴にノズル先端を入れて水圧をかけます。

エラの血抜き穴からノズルを入れる前にこの作業をしておくと、身に残る血の量をさらに減らす事ができるようです。




いざ! サワラを捌いて検証してみる

釣りたてのサワラ
今回釣ってきたサワラは大きいもので6kg前後、小さなものでも3〜4kg。

綺麗に捌いて美味しくいただきます。命に感謝……

普通の血抜きをしたサワラ
まずはエラ切り後に海水に浸ける、従来の血抜き方法で処理した個体を捌いてみましょう。

頭と内臓を取った後のまな板には写真のような感じで血が残りました。

とはいえ青物だしこれくらいは許容範囲。

血もしっかり抜けているじゃん、とこの時は思っていました。

究極の血抜きをしたサワラ
が、究極の血抜きを船上で施した個体を捌いてみてビックリ!  血がほとんど流れ出してきません。

処理を始めてから魚体もまな板も洗っておらず、まごう事なき頭と内臓を取った直後の写真です。

ここまで内臓の血が抜けきっていると、身に回る血も減ってくるでしょう。

編集部K
流す手間が減って捌く作業も楽になるね!

密封パック機でダメ押し

津本式密封パック機
魚の下処理が終わったので、今度は密封パック機を使ってみます。

じつは今回試す3つのツールの中で、どのくらいの効果があるのか一番気になっていたのがこれです。

密封パック機の使い方
使い方はとっても簡単。コンセントに電源コードを刺し、ふたを開けば準備完了。

まずは魚を入れるパックを作るので、付属のロールパックを赤いカートリッジ内に差し込みます。

この時、ツルツルした面が上になるようにセットしましょう。

密封パック機のボタン
ふたの両端をカチッと鳴るまで押してロックし、「シール」ボタンを押します。

カートリッジの前にあるヒーターが加熱され、パックが圧着されます。

真空パックロールをカット
圧着が終わったら、ふたでロールが固定された状態のままハサミで必要な長さにカット!

圧着したパック
圧着後はこんな感じ。しっかりとくっついています。

サワラの棒身
ロール状のパックなので、中に入れる魚や身のサイズに合わせて自在にパックの大きさも決められます。

せっかくなので、3kgサイズのサワラを棒身(頭と内臓を取り去った状態)のまま密封するのにトライ!

サワラの棒身をパックに入れる
今回は密封状態にして冷蔵で寝かせておくので、お腹の中に丸めたキッチンペーパーを詰め、外側もペーパーを巻いてパックします。

ちなみに冷凍する場合は、ペーパー無しで密封するのがおすすめ。

パックに入れたサワラを脱気脱気ボタンの弱を押すとみるみるパック内の空気が抜けていきます。

割と大きめのパックでしたが、写真くらいの状態になるのに時間にして15秒くらいでしょうか。

ある程度空気が抜け、魚にパックが密着してきたら頃合いを見計らってシールボタンを押して圧着して完成!

せっかくならとことん脱気したくなるところですが、抜きすぎると身が崩れるのでほどほどにしておくのが良さそうです。

編集部K
丁度いい脱気加減は何度かやれば掴めそう!





密封パックの効果が凄かった

サワラのサク
密封パック機は魚が劣化する原因となる酸素を遮断し、良い状態で保存する事が可能になるそう。

その実力がどれほどのものか、サク取りしたサワラの身を半分に分けて検証します!

比較するのは、一般的な魚の保存方法であるキッチンペーパーとラップで包む方法です。

ラップで包んだサワラと密封パックしたサワラ
密封パック、ペーパー+ラップともにこの状態で冷蔵庫の氷温室で保冷します。

サワラという身崩れしやすく、臭みも出やすい魚なので保存は2日間、釣ってから3日経った状態で結果をみていきます。

検証開始から2日経過

2日経過したサワラの身
保存開始から2日後、それぞれの包装を開けてみました。

この時点で両方とも臭みなどはなく、ぱっと見は大きな違いがなさそうに見えます。

ラップに包んだ身と密封パックで包んだ身の比較
が、血合いの部分を並べてみるとかなり色の違いが……

下の密封パックサワラはまだ血合の赤さを残していますが、ラップサワラの血合は茶色く酸化しています。

編集部K
密封パックはしっかり酸素を遮断しています。


皮引きしたサワラの身
皮を引いてみるとさらに差がはっきりと出ています。

ラップで包んだ身は明かに酸化が進んでいて、身も若干柔らかく皮引きがしにくい状態です。

密封パックしたサワラの身
密封パックの方は、釣った日ないし翌日くらいの状態がまだキープされ、血合も赤々としています。

身もある程度の硬さが残った状態で、皮引きも楽にできました。

サワラの刺身
刺身に切り付けて、味の差を検証します!

どっちが美味しいか、この時点でわかる人にはわかっちゃうくらいの差があります……

ラップで保存したサワラの刺身
まずはキッチンペーパー+ラップで包んだ身から。

角も丸くやや身割れしており、保存中にサワラ自身の消化酵素で柔らかくなってしまったのがわかります。

研ぎたての柳刃包丁でも綺麗に切るのに難儀しました。

食べる編集部K
腐敗はしてないし不味くもありませんが、鮮度の良いサワラの味を知っているとちょっとこれは……という感じ。

食べてみてもグズグズと柔らかく、若干脂が酸化した時の嫌な後味も。

生食できる限界の状態という印象です。

密封パック保存したサワラの刺身
次に密封パックした身

断面にハリがあって角もパリッと綺麗に立ち、身の赤みからもいい状態がキープされているのがわかります。

みるからに美味そう!

驚く編集部Kあー、全然違う! 抜群に美味い!

釣った翌日の魚だよって出されても、全然わからないレベルの鮮度の良さです。

適度な歯応えはしっかり残っていて、脂が酸化した時の嫌な感じも一切ありません。

密封パックしたサワラの腹身
同時に密封パックで保存していた腹身も食べてみます。

脂の量が多い分、劣化が進みやすい部位ですが、2日間冷蔵庫に入っていたとは思えない見た目

昇天する編集部Kはい130点! オカワリ!!

やっぱり釣ってから3日も経っているとは思えない美味しさ。

ちなみに、棒身状態で密封パックしたサワラを、3日間保冷ののち編集部イシカワにお裾分けしたのですが、こちらも鮮度劣化は感じられなかったそう。

イシカワ
臭みも身割れもゼロ。刺身はもちろん焼きが絶品でした!


青物の中でもとくに鮮度落ちが早いサワラを、3日経っても釣りたてレベルの味で楽しめるのです。

とくに、歩留まりがいいばっかりに食べ切る前に鮮度が落ちてきがちな中〜大型青物の保存には、密封パックがその威力を発揮すると感じました。

また、いわゆる熟成(冷蔵のまま数日寝かせる処理)も、密封パック機を使えば劣化を極限まで抑えた状態で、身の味を引き出すのが可能になるでしょう。

編集部K
とにかく魚を食べる機会が多いなら、間違いなく便利なマシンです。

全キャッチ&イート派にオススメしたい

サワラの刺身から滲みて出るあぶら
見てくださいよこの脂の浮きっぷり……
ロッドやリールの性能が年々進化するように、釣った魚を美味しく食べる技術や道具もどんどん進化しているんだなぁ……

と、津本式ツールで仕立てた美味しいサワラを食べながら、しみじみと感じる結果となりました。

道具への課金というと竿やリールがその筆頭ですが、釣って食べる派なら津本式ツールへの課金は間違いなく損なしでしょう!

編集部K
私はもちろん課金しまーす!


 

ITEM
ハピソン 津本式血抜きポンプ
【使用電池】リチウムイオン電池(10.8V 2,600mAh)
【使用温度範囲】5~40℃
【外形寸法】
本体:約75x210x45mm
ノズルホース:長さ 約1000mm
吸込みホース:長さ 約800mm
専用ボトル:約100x100x200mm
【ボトル容量】約2ℓ
【本体重さ】約550g
【電池寿命】5サイクル
(1サイクル30 - 40cmの魚4匹の処理を想定)
【充電時間】約7時間
【防水性】IPX5


ITEM
ハピソン 計測マルチハサミ
【外形寸法】約185×60×22mm
【質量】 約190g
【付属品】カバー、予備ばね


ITEM
ハピソン 津本式密封パック器
【大きさ】約380×130×95mm
【質量】約2.3kg
【付属品】抗菌ロール袋(1.5m)


ITEM
ハピソン 津本式 抗菌ロール袋
【サイズ】約幅280mm×長さ6.0m
【素材】ナイロン、ポリエチレン
【耐熱耐冷温度】-30℃〜100℃


 
撮影・文:TSURI HACK編集部 K
Sponsored by 山田電器工業株式会社
 

紹介されたアイテム

ハピソン 津本式血抜きポンプ
ハピソン 計測マルチハサミ
ハピソン 津本式密封パック器
ハピソン 津本式 抗菌ロール袋
TSURI HACK編集部

釣り歴20年のTSURI HACK運営&記事編集担当。年間1000を超える記事を配信するため、海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広い釣り用品に触れています。公式SNSでも最新情報から編集部のインプレッションまで絶賛配信中!