マルコス「考えるよりも先に、まず一歩を踏み出して」世界の怪魚を釣りまわる女の哲学


“マルコス”の素顔に迫る


2022年、釣竿公正マーク(CFRJマーク)のイメージキャラクターに就任された、世界を釣り回る女こと“マルコス”さん。

2019年には、アマゾン川にて開催された国際釣りトーナメントで日本代表選手として選抜され、初代アマゾンクイーンアワード受賞。

自身の運営するYouTubeチャンネル登録数は55万人を超えるなど、うなぎ上りの人気を見せています。

そんな彼女の素顔に迫るべく、インタビューにお答えいただきました。

 

・・・・・

・・・・

・・・

・・

 


 

この際だから、やってみよう

 

釣りと出会ってから、まだ4年足らずなんですが、それまでは会社員をしていました。

ですが、いろいろなプレッシャーからノイローゼ気味なってしまい、その後、退職。

半年ほど何もしない“ニート生活”を送っていました。その中で、ふと「釣りしてみようかな」と思い立ったんです。

出典:@marucos91
 

――どこから、【釣り】というキーワードが降りてきたのでしょうか?

 

基本的に生き物が好きなんです。いま、メダカの飼育にハマっているんですが、もともと淡水の魚を飼うのが好きでした。

魚を飼育する中で、次第に「野生の魚を見てみたい」という気持ちが芽生え、その延長線上に“釣り”があった……と、いったイメージです。

釣りは、今まで一度もした事がなかったんですが、どこかで興味はあったんだと思います。

幸い時間はたっぷりありましたし(笑)、「この際だから、やってみよう」って。

 

出典:@marucos91
 

――女性がひとりで始めるにはハードルの高い趣味にも感じますが、抵抗はなく?

 

昔からアウトドアをバリバリします!  といった感じではなかったんですが、とくに抵抗は感じませんでしたね。

本当に何もわからない状態でしたが、ひとりで釣具屋さんに行って、初心者セットを買って……

気がついたら、近所の野池に通う毎日でした(笑)

 


 

魚に呼び起こされた“本能”

 

――その後、全国バス釣り旅(YouTubeの人気企画)をスタートされましたが、そのきっかけは?

 

はじめて魚(ブラックバス)を釣った時に、もの凄い衝撃が走ったんです。

「何!?この野生!?」みたいな(笑)

うまく言い表せないんですが、今までの人生の中では“感じた事のない衝撃”を受けて、釣りに魅了されていきました。

 

出典:@marucos91
 

そこから毎日、近所の野池に通っていたんですが、「もっと大きい魚を釣ってみたい」「違うフィールドを見てみたい」という気持ちが、ふつふつと沸き起こり、全国バス釣り旅をはじめました。

その時は、「YouTuberになりたい」というよりかは、自身の釣りの成長記録を残しておきたい、自己満足的な要素が大きかったですかね。

 

出典:@marucos91
 

――何かに熱中しやすい体質なのでしょうか?

 

学生時代は帰宅部で、今までも何かに熱中した経験というのが、殆どありませんでした。

自分自身、「自分は何にもハマら無いタイプの人間なのかな」と勝手に思っていたんですけど、なぜか釣りにはハマっちゃいましたね。

“釣り”って“狩り”にも似ている所があると思うんです。人間の潜在的な本能、それこそ狩猟本能みたいなものが、刺激されやすいモノなのかなと。

あの魚(初めての1匹)に触れた瞬間、今まで私の中でひっそりと眠っていた狩猟本能が、呼び起こされてしまったのかもしれません(笑)

 


 

考えるよりも先に

 

――初の海外遠征時、クラウドファンディングで資金を調達されました。すごい行動力です。

 

釣りをしていく中で、世界には“スゴイ魚がいっぱいいる”という事を知り、その魚を「釣ってみたい!」という気持ちがどんどん膨らんでいきました。

当時、お金のなかった状況の中で見つけたのが、クラウドファンディングという選択肢でした。

 

ヘラチョウザメ(アメリカ・オクラホマ州) 出典:@marucos91
 

――なかなか前例を見ない、チャレンジングな事だっと思います。

 

バス釣り旅の時もそうだったんですが、思い立ったらすぐ行動に移したい性格なんです。

それが可能か不可能か、考えるよりも先に、まず一歩を踏み出してみようって。

どうにか遠征費を工面しようと、釣り番組に売り込んだりもしましたね。

いきなりメールで「怪魚を釣りにいくから、密着してくれませんか?」って。その時は、断られてしまいましたけど(笑)

 

 





 


 

怪魚釣りは“物語”

 

――怪魚釣りの魅力とは何でしょうか?

 

もちろん、怪魚釣り以外の釣りにも、感動する部分はたくさんあります。怪魚釣りは、釣りの魅力にプラスして「壮大な物語」が付いてくるといったイメージですかね。

例えば、初遠征(マレーシアのトーマン)の時。釣りに関して素人だった私は、トーマンという魚を調べる事からはじめました。

 

出典:@marucos91
 

インスタグラムのハッシュタグで“トーマン”で検索。現地のフィッシングガイド“らしき方”を何人か見つけて、「Please teach me!(教えてー)」って、DMを送りました(笑)

英語が得意ではないので、やりとりするのも一苦労。その後、一人のガイドの方と電話が繋がり“なんとなく感覚”でアポが取れて、現地へ飛びました。

 


 

――なんとなく感覚でアポが取れて?(笑)

 

なんとなくです(笑)確かに、何も知らない異国での旅。言葉の問題など、いろいろ不安はありましたが「トーマンを釣りたい!」の一心で体が動いていましたね(笑)

現地ガイドの方は、とても熱心に接してくださいました。釣りの前日も、夜遅くまで準備に付き合ってくれたり、いろいろなポイントに連れて行ってくれたり、釣れるまでスパルタで釣りを教えてくれたり。

言葉は通じていないんですが、私の釣りたいという気持ちが伝わっている。釣り人として心が通じ合っている。そんな不思議な感覚を覚えました。

 

マルコスさんの初怪魚であるトーマン(マレーシア)出典:@marucos91
 

そして、トーマンを釣り上げたあの瞬間……

今まで経てきた事が、まるで走馬灯でも見るかのように、頭の中を駆け巡って行ったんです。

トーマンの事を知ったあの日から、旅立ちまでの準備期間、クラファンで支援して頂いた皆さん、現地で支えてくれたガイドさん。

私の怪魚釣りは、旅に出る前からはじまっていて、みんなと一緒に作った物語だったんだなって。

 

ホワイトスタージョン(カナダ)出典:@marucos91
 

怪魚釣りには、ただ魚を釣る事だけじゃない何か……“言葉では表せれない感動や達成感”が詰まっているんです。

釣りの旅を終えた帰りの飛行機では、必ずその時々の物語が脳裏に蘇ってきて、毎度ながらに感動して、泣いてしまいます(笑)

 


 

釣りで磨かれた生き抜く力

 

――釣りを通して変わった事はありますか?

 

“生き抜く力”が磨かれたと言うと、少し大袈裟かもしれませんが、釣りを通してすごく逞しくなったなと、自分でも思います。

 

キングサーモン 出典:@marucos91
 

自分ひとりの力で魚を釣り上げる。それ自体も大変なんですが、海外遠征をして、さらに怪魚を釣り上げる…….となると、越えなくてはいけないハードルはさらに多く、高くなります。

ですが、釣るためには、未経験の事も、自分ではできないような事も、せざるを得ない。

怪魚を釣っていく中で「私ってもしかして、なんでもできるのかも?」と自信がつきましたね(笑)

 

出典:@marucos91
 

――逆に弱くなった部分は?

 

女子力は低下しましたかね(笑)じつは私、虫も嫌いだったし、泳げないし、水も怖い〜って感じだったんです。

でも、一度釣りの旅に一度出てしまうと、夏場でもお風呂に5〜6日入らない事もあります。今はハエが寄ってきてもなんとも思わなくなっちゃいました(笑)

 

 





 


 

日常のすぐ側のワクワクを伝えたい

 

――大人気のYouTubeチャンネル。これからどんな事を伝えていきたいですか?

 

今はコロナ禍で、海外遠征が難しい現状ですが、じつは日本にもワクワクできる釣りが、意外と身近な所にあるんです。

例えば、近所の小川とか用水路みたいな小さな場所にも、オオウナギ、ナマズ、鯉といった大物が潜んでいる事も。

 
※漁協(内水面漁業協同組合)によって管理されている河川で釣りをする場合、遊漁証が必要になります。釣りをする場合、遊漁の対象区であるかを事前に確認しましょう。
 

出典:@marucos91
 

遊漁船に乗るような釣りも、もちろん楽しいですが、日常のすぐ側にもワクワクできる事があるんだよ。……そんな事を伝えていきたいですね。

また、釣りの魅力を伝えたいと言うのも勿論ありますが、釣りをしない方でも一緒に楽しめるような動画を心がけています。

 

――今後、挑戦したい事はありますか?

 

やっぱり、マグロが釣りたいですね。昨年トライしたんですが、その時は釣れなくて、またチャレンジしたいと思っています。

それと、魚をもっと上手に捌けるようになりたいですね。

今、マグロ解体師の資格を取る為の勉強をしています。自分で釣りあげたマグロを自ら捌いて、みんなに振る舞えたら嬉しいですね!

 


 

釣竿公正マークについて

 

――釣竿公正マーク(CFRJマーク)のイメージキャラクターに就任されました。

  釣竿公正マークとは、どんなものなのでしょうか?

 

色々な釣りを通じて、信頼できる道具を使うって大事だなって、改めて感じるようになりました。

釣竿公正マーク(CFRJマーク)とは、いわば信頼の証

全国釣竿公正取引協議会という団体が管理し、釣竿の長さ、重さ、原産国、釣竿の安全な使用方法に関する注意事項などを、一定の基準に沿って表示していることを証明しています。

 

2021会員対象調査(全国釣竿公正取引協議会)
※実際の検査の様子(写真は2021年12月実施時のもの)
 

このようにロッドの素材の表示(カーボン繊維やガラス繊維がどのくらい入っているのか)、長さや重さ、どこの国で作っているかなど。調査員の目で1本1本表示されている項目を調べています。

※釣竿公正マークが貼付されている釣竿を販売しているメーカー(会員企業一覧)

きっとみなさんも、釣竿を買うときには、竿の長さや重さ、はたまたその竿がどこ(原産国)で作られているのか……そんな情報を気にされるんじゃないでしょうか。

 


 

このマークは釣竿のパッケージ、タグなどに表示されている、それらの情報が「一定の基準に沿って正しく表示されているよ」という目印。

※一定の基準(釣竿の表示に関する公正競争規約

 

マルコス
皆さんも、ぜひこのマークを目印に釣竿を選んでいただければと思います!


 

まとめ

  1. ・釣竿公正マークは信頼の証。釣竿の長さ、重さ、原産国、釣竿の安全な使用方法に関する注意事項などを、一定の基準に沿って表示していることを証明しています。
  2. ・釣竿公正マーク付きの釣竿は、全国釣竿公正取引協議会がルールに基づき審査をした釣竿。ユーザーは安心して釣竿を購入できます。
マルコス(Marucos)

世界の怪魚を釣りまわる女。2019年、アマゾン川にて開催された国際釣りトーナメントに日本代表選手として選抜され、初代アマゾンクイーンアワード受賞。

2022年には釣竿公正マーク(CFRJマーク)のイメージキャラクターに就任。

自身の運営するYouTubeチャンネルの登録数は55万人超。バラエティ番組などでも多方面で活躍中。

▶︎You Tube(マルコス 釣り名人への道)

▶︎Twitter

▶︎Instagram

 

素敵なプレゼントのお知らせ


 

※本キャンペーンは終了いたしました。たくさんの応募ありがとうございます。当選者の発表は、賞品の発送をもって代えさせていただきます。

 

ここで、素敵なプレゼントのお知らせ。

釣竿公正マーク(CFRJマーク)のイメージキャラクター、“マルコスさんのサイン入り”公正マーク付き水筒を抽選で5名様、サイン入りポスターを10名様にプレゼント!

応募方法

全国釣竿公正取引協議会@cfrj_nfrftc)のツイッターアカウントをフォロー!

②ご自身のアカウントで、下記の投稿をリツイートして応募完了🙆‍♂️


※応募締め切り:2022年4月22日(金)

※当選者の発表は全国釣竿公正取引協議会(@cfrj_nfrftc)のツイッターアカウントから、ダイレクトメッセージにてお知らせ致します。

関連記事


TSURI HACK編集部

釣り歴20年のTSURI HACK運営&記事編集担当。年間1000を超える記事を配信するため、海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広い釣り用品に触れています。公式SNSでも最新情報から編集部のインプレッションまで絶賛配信中!