“広く浅く”攻めるならコレ!「ショアラインシャイナーZ バーティスR 125F-SSR」が登場!

2022/03/22 更新

ダイワのショアラインシャイナーZ バーティスR125Fに、待望のスーパーシャローランナーモデルが追加

前作よりも飛距離アベレージが伸び、さらに広く浅く探れる待望のモデル。とくにベイトをシャローに追い詰めて捕食するやる気あるシーバスにもってこいのルアーですね。

そんなショアラインシャイナーZバーティスのニューモデルを詳しくご紹介します!

制作者

新製品ニュース

釣具メーカーの新製品情報をいち早くお届けします!

新製品ニュースのプロフィール

...続きを読む


アイキャッチ画像出典:DAIWA

バーティスR 125Fに“スーパーシャローランナーモデル”が追加!

ショアラインシャイナーZ バーティスR 125F-SSR
出典:DAIWA
12cmクラスのミノーで最高峰の飛距離を誇る、ショアラインシャイナーZ バーティスR 125F。今回、そのSSR(スーパーシャローランナー)モデルが追加されました。

浅いレンジを広範囲に探りたい時、最適なミノーに仕上がっていますよ。

バーティスR 125F-SSRのスペック・ラインナップ

バーティスR 125F-SSR
出典:DAIWA
カラーは、全10色。125mmで20gあり、タックルを選ばずに使えることも魅力ですね。
品名サイズ (mm)自重 (g)色数標準装備フックスプリットリング本体価格(円)
R125F-SSR12520.310#5#32,100
 

バーティスR 125F-SSRのカラーラインナップ

  1. ●アデルチャートヘッドイワシ
  2. ●アデルバーニングイワシ
  3. ●アデル不夜城
  4. ●ケイムラギンギライワシ
  5. ●ケイムラ生シラス
  6. ●チャートバックパール
  7. ●マットチャートイワシ
  8. ●レーザーマイワシ
  9. ●3Dイナッ子
  10. ●3Dコノシロ
 

平均飛距離は70m以上、最大深度は50cm

ショアラインシャイナーZ バーティスR 125F-SSR
出典:DAIWA
バーティスR 125F-SSRは、平均飛距離が72.1m。旧モデルに比べて7m近くも飛距離がアップしています。

最大深度は50cmなので、干潟や河川の岸際などの水深の浅い場所や、シーバスの活性が高く、浮き気味のときに効果を発揮。

オールシーズン対応できるスローロールアクション

アクションのセッティングは、おとなしめのスローロール。流れの中で泳ぎすぎず、弱ったベイトフィッシュが演出できます。

飛距離を生み出す、エアロボディ+大型ウェイト

バーティスR 125F-SSRは、空気抵抗を低減する「エアロボディ採用」かつ「大型タングステンウェイト」が搭載されています。
また失速を減らすために、重心移動のスプリングを半分に調整。これによって、飛距離が大幅にアップしています。

立ち上がりが良く、安定感を高める、「マグロック Ver.s +R」を搭載

ショアラインシャイナーZ バーティスR 125F-SSRの構造
出典:DAIWA
キャスト時に後方へ移動したウェイトが、着水時に前方へ移動するとともに、マグネットで引きつけてロックするため、立ち上がりの良さが特徴。

しっかりと固定されるので、潮流が強い場所やファストリトリーブでも安定してアクションします。

バーティスR 125F-SSRの使い方

バーティスR 125F-SSR
出典:DAIWA
“広く浅く”が強みのバーティスR125F-SSR。水面下30〜50cmを広範囲に探っていきましょう。

スローリトリーブはもちろん、ポーズを入れたりドリフトさせたりと、多彩な攻め方ができます。

また、バチパターンにも対応可能で、シーズン問わず活躍が期待できますよ。

レンジコントロールが苦手な人にこそ使ってほしいSSRミノー!

バーティスR 125F-SSR
出典:DAIWA
飛距離を出せば出すほど難しいレンジコントロール。バーティスR 125F-SSRがあれば、水面下の攻略が容易になりそうですね。

フローティングミノーの良さを生かして、シーバスだけでなくさまざまなフィッシュイーターを攻略しましょう!

関連記事


\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD